井上安治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井上 安治(いのうえ やすじ、元治元年(1864年) - 明治22年(1889年9月14日)は、明治時代前期の浮世絵師版画家。名前はやすはると読むとする説もある。本名は安次郎。作品によっては安次、安二、安二郎、安はると署名し、探景とも号した。

小林清親の一番弟子とされ、短命であったが光線画に優品を残した。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

井上清七の長男として浅草並木町(今の雷門二丁目)で生まる。父は川越鍛冶町(現・幸町)にあった高麗屋という錦織問屋(太物仲買商)に生まれたが、江戸に出て浅草駒形町にあった丸屋呉服店に勤め、のちに一番番頭となっている。兄弟は姉と弟がおり、13歳の時父が亡くなってからは母の手ひとつで育てられたようだ。

幼児より病弱で絵を好み、少年の頃、一時は月岡芳年に弟子入りしていたけれども、明治11年(1878年)から12年(1879年)の冬頃、15歳の時に今度は小林清親に弟子入りする。安治にとって弟弟子にあたる土屋光逸の述懐によると、ある雪の日、清親が向島に出かけ、綾瀬川の土手の上から隅田川沿岸の雪景色をスケッチをしていると、安治はそれを二時間余りも見守り続け、その余りの熱心さに清親が話しかけたのが入門の切っ掛けになったという[1]。また、清親の5子哥津は、安治は清親の画を見て、そのもっている心を慕って自ら弟子になったが、清親の門人というより友人であったと回想している。安治は清親についてよく写生に出かけ、後の「探景」の号はそうしたことから取られたとも言われる。

17歳でデビュー[編集]

明治13年(1880年)頃、浅草並木町六番地に移っており、同年の6月、版元福田熊治郎から「浅草橋夕景」を、版元松木平吉より「新吉原夜桜之景」「代官町之景」の3点の風景画を発表して版画家としてデビューする。作品欄外には清親の名が添えられており、清親が安治の才能を認め、後見人として少年絵師の前途を祝す意図があるものと考えられる。翌年「蛎殻町川辺の図」「富士見渡シ之景」「浅草橋雨中の景」「枕橋の図」「霊岸島高橋の景」(全て横大錦)などを、明治15年(1882年)に「銀座商店の夜景」といった作品を発表、清親が明治14年(1881年)以降光線画を描かなくなると、事実上これを引き継いでいる。この光線画シリーズ「東京名所絵」(正式な名はない。「東京真画名所図解」とも)は安治の代表作となり、亡くなる年まで描き続けている。安治の風景画は詩情に富み、しばしば師の清親にもせまるものがあった。また、同じ明治14年から最晩年にわたって葉書版の「東京名所絵」シリーズを刊行しており、清親の原図によるもの、その一部を変更したもの及び安治独自のものを合わせておよそ154枚に達している。

その後、明治17年(1884年)版元松木から受けた井上探景と画号を改め、光線画の他に、開化絵風俗画相撲絵戯作挿絵等も手掛けるようになる。明治18年(1885年)から翌年にかけては、清親や芳年などの人気絵師と伍して「教導立志基[2]」のような教訓絵を多く描いた。同20年代に入ると版元が増え三枚組の仕事が多くなり、皇室関係や憲法発布を題材とした時事報道の時局絵を発表する。しかし、これらは安治の絵の特色である詩情が後退して、他の明治錦絵に近いものになり、絵自体もひ弱な印象を受け、光線画に比べると評価されていない。

夭折[編集]

明治22年(1889年)、生家を継ぐため実家の親戚印藤ますとの結婚が決まっていながら、脚気衝心で26歳の若さで死去した。法名は釈慈仁信士。墓所は、最初浅草の顕美院(所在地不明)にあったが、甥の代になって父の出身地川越に移され、現在は川越市末広町の行伝寺。残した作品数は「東京名所絵」を除くと、大錦判53種73点。清親はその早すぎる死を悼み、「つえ折れて ちからなき身や 萩の枝」という手向けの句を霊前に供えた。のちに清親の娘哥津は直接安治に会ったことはないが、父が安治を描いた肖像スケッチを見て「面影は、青白い、髪の毛の房々と、初年ふうに分けたのがよく似合ふ美しい若者だった」と追想している。

安治の人となりについては、余り記録に残っていない。鶯亭金升は自著『明治のおもかげ』収録の「六本指」で、「風景は天才で真面目に好く描いたが、他の絵は粗忽で笑われる事があった。人物の指を六本描いたり、正月の試筆に去年の干支を描いたりした。或年浅草で湯に入っていたら火事だと言われ、慌てて石鹸を顔一面に塗ったまま衣服を着て帰宅して笑われた事もあり、時々滑稽を演じた」と、その人柄を回想しつつ安治の早すぎる死を惜しんでいる[3]。なお、杉浦日向子の漫画「YASUJI東京」は、安治の絵をモチーフとした作品である。

代表作[編集]

「磐梯山噴火の図」井上探景作 明治22年(1888年
磐梯山の噴火当時は、まだ現地では撮った写真をそのまま新聞紙面に印刷することが難しかったため、報道の手段としても錦絵が用いられていた。[4]
  • 「東京名所絵(東京真画名所図解)」
  • はがきサイズ全134点。「上野競馬」と「川口鉄橋」の2点だけは二枚続き。大判の作品も16点確認されており、こちらを東京名所絵と呼び、はがきサイズの方は東京真画名所図解と区別して呼ぶ場合もある[5]版元は福田熊次郎(具足屋)。小林清親が明治14年に光線画を突然中止した後を受け制作された。この引き継ぎは成功し、8年間継続して量産されている。明治になって日本各地から上京した人々が、文明開化した東京の姿を故郷に伝える格好のお土産品で、明治初期の東京を隈なく描いており資料的価値も高い。
  • 全作品中、半数近い59点は清親の作品をほぼ倣い、更にもう3点は清親の強い影響下にある。一方で、サイズが元の大きさの4分の1程度、葉書ほどの小版錦絵になったのを受け、安治は人物や背景を省略、簡潔な描写に改め、画面の小ささを感じさせない内容のある作品に仕上げた。江戸時代の名残を感じさせる懐古的な清親と違い、安治は自分が視た光景から直接、風景美をとらえようとする写実的態度に徹し、明晰で透明感のある色調や空間表現を用いることで、明治初期から中期の作品でありながら、江戸から生まれ変わった東京を描くのに成功している。
  • 「教導立志基」
  • 小林清親らと組んで、明治18年(1885年)、版元の小林鉄次郎、松木平吉から版行した教育画。
  • 「東京名所百景 御城二重橋ノ景」 明治14、15年 兵庫県立美術館所蔵
  • 「東京名所百景 築地海軍省」 明治14、15年 兵庫県立美術館所蔵
  • 「東京名所百景 竹橋内」 明治14、15年 井上安二の落款 兵庫県立美術館所蔵
  • 「浅草橋夕景」 横大錦 明治13年 町田市立国際版画美術館所蔵
  • 「蛎殻町川岸の図」 横大錦 明治14年 神奈川県立歴史博物館所蔵
  • 「銀座商店夜景」 横大錦 明治15年 神奈川県立歴史博物館所蔵
  • 「京橋勧業場之景」 横大錦 明治15年
  • 「新富町新富座景」 大錦3枚続 明治17年
  • 「東京劇場千歳座之景」 大錦3枚続 明治17年
  • 「京橋松田の景」 横大錦 明治17年 神奈川県立歴史博物館所蔵
  • 「東京上野高崎街真景」 大錦3枚続 明治17年 群馬県立歴史博物館所蔵
  • 「雪月花」 大錦3枚続 浅草の雪 吉原の月 上野の花の3枚組
  • 「東京小網町鎧橋通吾妻亭」 大錦3枚続 明治21年 
  • 「東京名所従吾妻橋水雷火遠望之図」 大錦3枚続 明治21年 神奈川県立歴史博物館所蔵

脚注[編集]

  1. ^ 大曲駒村「小林清親」『浮世絵志』第27清親号、芸艸堂、1931年。
  2. ^ 読みは「きょうどうりっしのもとい」。全53図。安治は明治18年12月25日付の御届のある「静御前」「村上義光」を皮切りに、明治22年(1889年)4月出版の「曽我兄弟」「毛利松壽丸」に至る12図を担当している(岩切信一郎 「『教導立志基』について -明治中期の浮世絵界の動向を探る-」 山口桂三郎編『浮世絵の現在』 勉誠出版、1999年、ISBN 978-4-5850-3063-8)。
  3. ^ 鶯亭金升 『明治のおもかげ』 岩波文庫、2000年、84頁。ISBN 978-4-00-311621-0
  4. ^ 福島県立図書館デジタルライブラリー : 福島県立図書館所蔵 磐梯山噴火120年関係資料目録
  5. ^ 『千葉市美術館所蔵浮世絵作品選』 千葉市美術館編集・発行、2001年、166頁。

参考文献[編集]

画集
  • 吉田漱 「夭折の絵師井上安治」、『井上安治 東京眞畫名所圖解』 平凡社1968年
  • 木下龍也編 『色刷り明治東京名所絵 井上安治画』 角川書店1981年
  • 台東区立台東図書館編集 『井上安治描く明治の上野・浅草』 台東区教育委員会、1992年
展覧会図録
単行本
概説書
辞典類

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

以下のサイトで安治の作品を見ることが出来る。