松木東江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松木 東江(まつき とうこう、天保7年(1836年)‐明治24年(1891年7月1日)は、江戸時代後期から明治時代にかけての浮世絵師版元

来歴[編集]

小林清親の門人かといわれる。姓は松木、通称は平吉。東江と号す。両国吉川町2番地に住んでいた。浮世絵の版元、大黒屋平吉の4代目で、清親を世に送り出したことで知られている。版元としては松寿堂とも号し、略して大平ともいわれており、明治7年(1874年)から明治15年(1882年)まで東京地本彫画営業組合の組合長を務め、明治10年(1877年)には楊洲周延の「征韓論之図」などを売り出した他、歌川国郷歌川貞秀歌川国輝3代広重歌川国明など歌川派の絵師による開化絵を多数出版している。自らは明治20年(1887年)頃、開化絵などの錦絵の作品を残している。享年56。墓所は江東区白河の雄松院。

作品[編集]

  • 「新発明 壱人ニシテ拾人ニ通ス糸取機械ノ図」大錦 明治20年 

関連項目[編集]

参考図書[編集]