歌川国明 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

二代目 歌川国明(にだいめ うたがわ くにあき、天保6年〈1835年〉10月 - 明治21年〈1888年7月29日)とは、江戸時代末期から明治時代にかけての浮世絵師。蜂須賀国明とも称される。

来歴[編集]

三代目歌川豊国の門人で初代歌川国明の弟。姓は平沢、名は斧二郎。後に蜂須賀氏の養子となる。一鳳斎、鳳斎と号す。始めは本所千歳町に住んでいたが、後に横網町2丁目に住んだ。弘化4年(1847年)から三代目豊国の門に入る。嘉永ころから没年まで役者絵相撲絵風俗画を作画しており、万延文久年間製作の横浜絵は初代国明の作品と区別がつき難い。明治期になると蜂須賀国明と称して大判3枚続の「西郷隆盛家族離別の図」などの西南戦争関係の錦絵、また「軽気球之図」や「千住大橋吾妻橋洪水落橋図」などの特色のある作を残している。相撲絵も多く手がける。享年54。

作品[編集]

  • 「勧進大相撲土俵入図」 大判3枚続 明治9年(1876年)
  • 「錦町華族学校学習院開業式図」 大判3枚続 明治10年(1877年)
  • 「西郷隆盛家族離別之図」 大判3枚続 明治10年
  • 「軽気球之図」 大判3枚続 明治10年
  • 「伝聞民之喜」 大判3枚続 明治10年
  • 「御喰初千代之寿」 大判3枚続 明治11年(1878年)
  • 「松栄千代田の神徳」 大判3枚続 芝居絵 明治11年
  • 「芝公園地丸山御遊覧之図」 大判3枚続 明治13年(1880年)
  • 「新吉原娼妓黴毒病院検査之図」 大判3枚続 明治16年(1883年)
  • 「梅ケ谷藤太郎」 大判3枚続 明治17年(1884年)
  • 「千住大橋吾妻橋洪水落橋之図」 大判3枚続 明治18年(18885年)
  • 「華族会館角觝之図」 大判3枚続 明治20年(1887年) 4代目松木平吉
  • 「東京名橋之内 新築吾妻橋」 大判 明治21年(1888年)
  • 「しん板お座敷道具つくし」 大判

参考文献[編集]

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、歌川国明 (2代目)に関するカテゴリがあります。