曾我兄弟の仇討ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
富士野における仇討ちの場面(曽我物語図会)

曾我兄弟の仇討ち(そがきょうだいのあだうち)は、建久4年5月28日1193年6月28日)、源頼朝が行った富士の巻狩りの際に曾我祐成曾我時致の兄弟が父親の仇である工藤祐経富士野にて討った事件。赤穂浪士の討ち入り伊賀越えの仇討ちに並ぶ、日本三大仇討ちの1つである。

概要[編集]

曾我兄弟 歌川国芳
曾我五郎時致 歌川国芳画

曽我兄弟の仇討ちは、駿河国富士野(現在の静岡県富士宮市 [1][2][3]、『吾妻鏡』は更に子細に富士野神野と記す)で発生した。兄の曽我十郎祐成(一万)が22歳、弟の曽我五郎時致(箱(筥)王)が20歳の時のことであった(数え年)[4]

真名本『曽我物語』によると、仇討ちの発端は安元2年(1176年)10月に兄弟の父である河津祐泰伊豆国奥野の狩庭で工藤祐経の郎従に暗殺されたことによる[5]。祐泰が31歳、一万が5歳、箱王が3歳の時のことであった[6]。祐経は「心を懸けて一矢射てむや(真名本『巻第一』)」と伊東荘[7]を中心とする所領相論[8]の相手であり妻(万劫)を離縁させた人物でもある伊東祐親の暗殺を郎従に命じていたが[9]、実際は矢は祐親ではなく祐泰に命中し非業の死を遂げた[10][注釈 1][注釈 2]。その敵にあたる祐経を曽我兄弟が討った事件である(兄弟の母が曽我祐信と再婚したため兄弟は曽我姓を名乗る)。

同事件は様々な分野に影響を与えた。「一に富士、二に鷹の羽の打ち違い、三に名を成す伊賀の仇討」といった言葉にあるように[12]、現在日本三大仇討ちに数えられ、武士社会においては仇討ちの模範とされた[13]。また『曽我物語』や江戸時代の教科書『富士野往来』といった史料、芸能では「曽我物」を成立させた。

近代には教科書にも採用され、尋常小学校の教科書に曽我物語の要約、高等小学校の教科書や高等女学校の国語読本に能「小袖曽我」(後述)が掲載されるなどしている[14]。一方GHQによる検閲で仇討ち物は忌避されたため[15]、一般への認知に影響を与えたと指摘される[16][17]

吾妻鏡の記述[編集]

曾我兄弟の仇討ちは、富士の巻狩の際に富士野神野にて発生した。『吾妻鏡』によると、源頼朝は建久4年(1193年)5月15日に富士野の御旅館に入り、同16日には富士野で狩りを催している。

事件は同28日に起きた。『吾妻鑑』28日条には「曽我十郎祐成・同五郎時致、富士野の神野の御旅館に推參致し工藤左衛門尉祐経を殺戮す」とあり、曽我兄弟は富士野の神野の御旅館におしかけて工藤祐経を討った。このとき酒の相手をしていた王藤内も討たれた[18]

傍に居た手越宿と黄瀬川宿の遊女は悲鳴を上げ、この一大事に現場は大混乱となり、宿侍が走り出す。曾我兄弟と頼朝の御家人の間で戦闘が始まり、平子有長愛甲季隆吉川友兼加藤光員海野幸氏岡辺弥三郎岡部清益堀藤太臼杵八郎といった武将らは傷を負った。また宇田五郎も兄弟に討たれ、十郎(兄)は新田四郎忠常と対峙した際に討たれた[19]

弟の時致は将軍を目掛けて走り、頼朝はこれを迎え討とうと刀を取ったが、能直がこれを押し留めた。この間に時致は五郎丸に取り押さえられ、大見小平次が預かることで事態が落ち着くこととなった。その後、義盛景時が検死を行った[20]

仇討ちの翌日である29日に頼朝は五郎(弟)の尋問を行い、有力御家人らがそれに同席し、その他多くの者も群参した。尋問を終えた頼朝は五郎の勇姿から宥免を提案するが、祐経の子である犬房丸の訴えにより同日梟首された[21]

30日には同事件が北条政子に飛脚で知らされ、また兄弟が母へ送った手紙が召し出され、頼朝が目を通している。頼朝は手紙の内容に感涙し、手紙類の保存を命じた。6月1日には祐成の妾のを始めとする多くの人物に対して聴取が行われ、虎は放免されている[注釈 3][注釈 4]。6月7日に頼朝は鎌倉に向けて出発し、富士野を後にした。このとき頼朝は曽我荘の年貢を免除することを決定し、また曽我兄弟の菩提を弔うよう命じた。

曽我物語の記述[編集]

以下、真名本『曽我物語』のうち曽我兄弟が仇討ち舞台の地である富士野へ向かい、同地で本懐を遂げた後に葬送される箇所を記す。

梶原景時

富士野に到着するまで[編集]

源頼朝は信濃国三原野・下野国那須野での狩りを行った後、梶原景時を呼び以下のように言及した[25][26]

東国には狩庭多しといへども、富士野に過ぎたる名所はなし。その野を狩らむ(巻六)

頼朝は駿河国富士野で巻狩を行うことを宣言、景時に伝えた。景時はこれを広く通達した。富士野での巻狩を聞き及んだ五郎は、以下のように述べた。

富士野の御狩と承る(中略)敵を我らが手に懸けずは、我らが身をも我らが命をも敵のため捨ててこそ、悪霊・死霊とも成て御霊の宮とも崇められめ(巻六)

富士野での巻狩を聞き及んだ五郎はこれを好機と捉え喜び、これまで仇討ちを達成できなかったのは隙を伺っていたためであり[27]、今度は頼朝の前であっても恐れず陣内の侍にも怯むこと無く断行するべきであると述べる[28]。そして自らの御霊化を宣言した。このように富士野の地に至る前より兄弟は死を覚悟していた[29]。ここから兄弟は富士野で祐経を討つために行動していくこととなる。

富士野(伊出の屋形)到着後[編集]

仁田忠常
次の日は伊出の屋形に着かせ給ふ。(巻七)
既に御狩庭始まりければ、各々互ひに目を懸けて、敵の助経に告げ知らす(中略)次の日よりは三日の巻狩とぞ聞こえる(巻第八)

頼朝一行と曽我兄弟は伊出の屋形に到着した。この間も兄弟は祐経の動向に目を光らせ続けていた。3日連続の巻狩が始まると、二十番の狩り[注釈 6]が行われた。一番は相模国の愛敬三郎と本間次郎であった[31]

巻狩の第三箇日に当りける日は、終日に躵へども少しの隙こそなかりけれ。(中略)上の峯より大鹿の大王二頭曽我の人々の前に出で来れり。(中略)かかる処に、上の峯より猪の大王下りけり。いづくにて何人にや射られけん、矢二つ負ひながら、瞋り瞋て鎌倉殿の御前に懸りける。(中略)是をその日の見物として、鎌倉殿は御屋形へ入り給へば、曾我の人々も同じく屋形へ入りにけり(巻八)

兄弟は祐経を狙い続けるがその隙が無い。すると二頭の大鹿が兄弟の前に出てきたが、兄弟は故意にこれを射外した。今度は源頼朝の前に猪が走り懸けて来たが、新田四郎忠経が仕留めた[32]。これをその日の見物として頼朝は御屋形へ入り、兄弟も屋形に入っていった。仇討ちの直前、兄弟は伊出の屋形で母に宛て手紙を書く。その末尾には

建久4年癸丑5月28日の夜半には、駿河の国富士山の麓伊出の屋形において、慈父報恩のため命を失ひ畢るなり(巻九)

とある[33][注釈 7]。十郎は小袖を母へ送り、五郎は母からの勘当[注釈 8]を許されたことを感謝し、また兄弟共に母の後代を祈っている[35]。そして5月28日の夜半、仇討ちは決行された[36]

仇討ちの決行[編集]

五郎と五郎丸

屋形に入った兄弟は、寝ていた工藤祐経と往藤内[37]の姿を確認する。十郎は太刀で祐経の肩を刺した上で

や、殿、宮藤左衛門尉(註:工藤祐経)、これ程の大事の敵を持ちながら、汚くも寝入りるものかな。起きよや、や、殿(巻九)

と起こす。起きた所を十郎は重ねて斬り、五郎もそれに加わり討ち果たす。往藤内は太刀の音に驚いて起き上がり兄弟を諭すも、十郎は「沙汰に及ばず」と述べ同じく討ち果たした。

そして、伊出の屋形では騒ぎを聞き付けた次の10人の人物と斬り合いとなった(十番切)[38]。その人物は大楽弥平馬允・愛敬三郎・岡部五郎・原三郎・御所黒矢五・海野小太郎行氏・加藤太郎・橘河小次郎・宇田五郎・臼杵八郎である。

まず大楽弥平馬允は十郎に斬られたため逃げ、愛敬三郎は五郎に右肩を斬られ退いた。岡部五郎は一打も出来ないまま十郎に指を斬られたため退く。次に原三郎が五郎に肋骨二本を斬りつけられ退く。やがて御所黒矢五が走り向かって行ったが十郎が追いかけて来たため逃げたところ、後頸を斬られ足早に逃げた。

海野小太郎行氏は十郎と打ち合いとなり、ここに加藤太郎が加わった。十郎が二人を相手する展開の中で五郎が加勢し、五郎に胸を斬られた加藤は退いた。直後に海野は五郎に背中を斬られ退き、橘河小次郎は五郎に臂を斬られ退いた。宇田五郎は十郎と打ち合いとなり、右肘を斬られ退く。臼杵八郎は五郎と打ち合いとなった末に首を刎ねられた[39]

暫く時をおいて用樹三郎が押し寄せてきたが、五郎に右肩を斬られ退く。次に一河別当次郎宗光が押し寄せたが五郎に腿を斬られ退いた(用樹三郎や一河別当次郎宗光らは十番切に含まれず[40]番外という扱いがなされる[41])。そして新田四郎との打ち合いとなる。

新田四郎が小鬢を刎て次の刀に右の小臂を切てけり(中略)屍をば駿河の国富士野の裾、伊出の屋形に曝しつつ、名をば後代に留むべしと、面も替らず打合けり(中略)その後は程もなく気も留りぬ(巻九)

十郎は新田四郎と壮絶な斬り合いとなり、その様子は「互ひに打物の上手共」と評される。新田は十郎に髪と臂を斬られるが怯むことがなく「名をば後代に留むべし」と意気込み顔も変えず打ち合いを続けた[29][42]。しかし既に多くの敵と対峙していた十郎は疲労が甚だしく、やがて四つん這いになったところで片腹と右臂を原三郎に斬られた。そこで新田に致命傷を負わされ息絶える[43]。十郎は最後の言葉として五郎に「君の御前近くうち上つて具に見参に入り参らせよ」と伝えた[44]

御屋形の御前なる大幕を打挙げて樋と入る。五郎も連いて入らむとする処に、五郎丸と云ふ童のありけるが、大力なり(中略)五郎丸叶はじやと思ひけむ、「敵をばかくこそ懐け、得々」と呼りければ、五郎これを聞て腰の刀を捜れども運の尽きぬる上はいづれの戦にや落としたりけむ、腰にはなかりけり。力及ばずして組み合ふ処に…(巻九)

堀藤次は五郎を打とうとするが、五郎が飛びかかると頼朝の屋形へ逃げた。五郎は頼朝の屋形への侵入を果たしたが、入り口で頼朝のお気に入りの大力な五郎丸に捕まってしまう。頼朝は五郎を御厩の小平次に預け、五郎は柱に縛り付けられた[45]

捕縛後[編集]

虎御前(江戸風俗東錦絵』のうち「祐成出立の図」)

その後、五郎は村千鳥の直垂に赤銅作りの太刀を童に持たせて参上し[46]、頼朝による尋問を受ける。

哀れ(あっぱれ)男子の手本や。これ程の男子は末代にもあるべしとも覚えず(中略)鎌倉殿、御目に御涙を浮べせ給ふをさらぬ体にて押し揮せ給ひて…(巻九)

その堂々とした振る舞いを見た頼朝は「哀れ(あっぱれ)男子の手本や。これ程の男子は末代にもあるべしとも覚えず」と称賛する[47][48]。梶原景時の忠告もあり厳しい処置に変更は無かったものの[49][50]、最後には五郎の言葉を聞いて頼朝は感涙している[51]

葬送・供養[編集]

人々傍より奪ひ取る様に賞して、子共が殖え置て常に愛しける千種華苑の山に送りつつ、諸行無常の暮の煙に類へてんげり。(中略)ここに宇佐美禅師とて、駿河の国平沢の山寺にぞありける、本は久能法師なり。(中略)急ぎ富士野に尋ね入り、二人の死屍を葬送しつつ、骨をば頸に懸けて、6月3日には曽我の里へ入る(巻十)

兄弟の首は頼朝の命により尾河三郎によって曽我の里へ持ち帰られ、里の千種華苑の山で火葬された[52]。また首以外の部分については、駿河国の宇佐美禅師が富士野にて葬送を執り行った。葬送後に宇佐美禅師は曽我の里に赴き、兄弟の骨は曽我の里へと届けられた。

鎌倉殿は富士野を出で御在して…(中略)鎌倉殿打低樋かせ給ひつつ、「母の悲しみこそあるらめ。自今以後曾我の荘の年貢弁済においては、二人の者共が供養のために母に取らするなり(中略)公役御免の御教書を賜りて、曾我の里とぞ返りける(巻十)

頼朝は富士野を出ると曽我太郎助信を呼び、曾我荘の年貢を今後免除することを伝えた上でそれを曽我兄弟の供養のため用いるよう命じた[53][54][55]。事件後に虎は仇討ちの現場であり十郎最期の地である富士野の伊出の屋形を弔問し、その後再度伊出の屋形に訪問するため出立している(巻十)[56][29][57][注釈 9]

吾妻鏡と曽我物語の差異[編集]

源頼朝と曽我兄弟[編集]

源頼朝の兄弟に対する扱いの差異は多くで指摘される。『吾妻鏡』の場合、頼朝が兄弟に敵意を示す記述は少なく、捕縛された五郎に対する宥免の提案や兄弟の死後菩提を弔うよう命じるなど、寛大な処置が全面に出されている[59]。一方、『曽我物語』の場合頼朝が兄弟に対し敵意を持つ描写が続き、仇討ち前の段階で既に厳しい処置を命じている[60]。しかし仇討ち後に五郎を尋問する中で頼朝に大きな心境の変化が生じ、一転して五郎を称賛している[61][62]梶原景時の忠告もあり厳しい処置に変更は無かったものの、最後には五郎の言葉を聞いて頼朝は感涙している[63][64]

なお、仇討ちの発端となる工藤祐経による河津祐泰殺害に頼朝自身が関与していたとする説もある(後述)。

仇討ちを試みる場面[編集]

仇討ち場面の記述は、両者共通点もあれば明らかな差異も多い。『吾妻鏡』も『曽我物語』も曽我兄弟の仇討ちの舞台を富士野としている点は共通しているが、『吾妻鏡』では井出の屋形が出現しない[65]。また梶原景時・海野幸氏宇都宮朝綱の名誉譚やいわゆる「伏木曽我」の場面[注釈 10]は『曽我物語』独自のものである[66][67]。また五郎に尋問する描写で『吾妻鏡』は御家人の名を列挙するが真名本には見られず[68]、現場に居た遊女に対する尋問も『吾妻鏡』独自である[69]

十番切[編集]

「十番切」は工藤祐経を討った後に兄弟が十人の人物(実際は番外がある)と打ち合いをしたことが由来である言葉であり[70]、『吾妻鏡』と『曽我物語』諸本とでは共通する人物と異にする人物が入り混じっている[71](『吾妻鏡』の十番切の人物は「富士の巻狩#参加者」を参照)。『曽我物語』で見た場合、真名本は仮名本と異なり十番切の順番を数えないという特徴がある[72]

事件に関する解釈[編集]

北条時政黒幕説[編集]

歴史学者の三浦周行大正期に北条時政黒幕説を唱え、それ以来学界に大きな影響を与えてきた[73][74][75]。『吾妻鏡』や『曽我物語』では工藤祐経を討った後に時致は源頼朝をも襲っており、これが時政の暗躍によるものとする解釈である[76]。時政は事前に駿河国に入国し準備を行っており[注釈 11][77]、頼朝が富士野に到着した際もあらかじめ参上しており[注釈 12]、この説に説得力をもたらした。

またそれ以前より時政と兄弟は縁があり、兄の祐成が弟である筥王(曾我時致)を連れ時政の屋形を訪れ、時政を烏帽子親として元服している[78]。従来より面識のあった時政が兄弟を頼朝襲撃へと誘導したとする見方が現在でも多い[79]

一方で、頼朝と時政は頼家の擁立で利害が一致しており、時政に頼朝を襲うほどの動機はないし、事件後も頼朝と時政の間に懸隔は見られない。頼家の晴れの舞台で時政が殺人を仕組むとは考え難く、また祐成を討ったのは時政の側近の仁田忠常であり、祐成は時政を狙った可能性が高く、兄弟は時政の統制を逸脱した行動をとっているとして、時政黒幕説を疑問視する見方もある[80]

伊東父子襲撃における源頼朝関与説[編集]

また、歴史学者の保立道久は伊東祐親は工藤祐経に襲撃される直前に自分の外孫にあたる頼朝の長男・千鶴丸(千鶴御前)を殺害しており、工藤祐経による伊東祐親父子襲撃そのものに息子を殺された頼朝による報復の要素があり、曾我兄弟も工藤祐経による伊東父子襲撃の背後に頼朝がいたことを知っていたとしている[81]。この説では、曾我兄弟は初めから頼朝を父を殺害した仇として認識していたことになる。

事件後[編集]

富士の巻狩りの後粛清が相次いでおり[82]、巻狩りが契機となった可能性が指摘されている[83]。例えば巻狩りには源頼朝の異母弟である源範頼が参加しておらず、後の流罪に関係するといった見方もされている[84][注釈 13]。この事件の際に常陸国の者が頼朝を守らずに逃げ出した問題や[85]、事件から程なく常陸国の多気義幹が叛旗を翻したこと[86]などが『吾妻鏡』に記されており、同国の武士とつながりが深かった範頼に対する頼朝の疑心を深めたとする説もある[87]

曽我物[編集]

能「調伏曽我」(『能絵鑑』)

芸能「」や「幸若舞曲」に、同事件を題材とした「曽我物」と呼ばれる一群が認められる。幸若舞曲と能とで同様の曲名もあるが内容は異にしており、例えば能「小袖曽我」の場合は小袖をめぐる演出は見られないといった違いがある[88][89][90]。 

[編集]

能の曽我物は特に真名本との関係性が指摘される[91]。能の曽我物のうち室町時代には成立していたとされる作品に

  1. 虎送
  2. 元服曽我
  3. 調伏曽我
  4. 伏木曽我
  5. 夜討曽我
  6. 禅師曽我
  7. 小袖曽我

があり、近世まで含めると20作品以上の存在が指摘される[92]。能の上演で早例とされるのは、尋尊『寺務方諸廻請』に「曽我虎」とある、応永34年(1427年)の「虎送」であるとされる[93]。またこれを「虎送」ではなく「伏木曽我」に比定する見解もある[94]。次いで『看聞日記』永享4年(1432年)3月14日条に「曽我五郎元服」とある能「元服曾我」も早例である[95]。また曽我物語等に拠らない独自の志向も認められる。例えば吾妻鏡・曽我物語・幸若舞曲の場合、五郎は北条時政が烏帽子親となり元服しているが、能「元服曽我」の場合は箱根権現から曽我の里へ帰る道中にて、箱根権現別当により元服が行われる構成である[96][97]

以下では各作品について解説する。「元服曽我」は作者付『能本作者註文』・『自家伝抄』共に宮増作としている[98]。「小袖曽我」は仮名本より真名本との近似性が指摘され[99][100]、他の能の曽我物も真名本と近い関係にあるとする指摘がある[101]。「伏木曽我」[注釈 14]は虎が仇討ちの地である「井手(井出)の里」を訪問し兄弟の御霊に出会う構成である。「伏木」という言葉自体は、真名本・仮名本の狩場の描写にて登場する[94]。「禅師曽我」は『自家伝抄』によると世阿弥作であるという。曽我兄弟の母が末子の禅師に手紙を送る描写があるが、曽我物語には確認されず独自性が認められる[102]。「調伏曽我」は作者付『能本作者註文』・『自家伝抄』共に宮増作としている[103][104]

幸若舞曲[編集]

幸若舞曲の曽我物は特に仮名本との関係性が指摘される[105][106]。一方曽我物語に拠る記述だけではなく舞曲独自の志向も認められる[107][108]

幸若舞曲のうち同事件に関わる曲名に

  1. 一満箱王(切兼曽我)[注釈 15]
  2. 元服曽我
  3. 和田酒盛(和田宴)
  4. 小袖曽我(小袖乞)
  5. 剣讃嘆
  6. 夜討曽我
  7. 十番切

がある[111]。現存する本文は「越前幸若系」と「大頭系」に大別され[112][113]、幸若舞曲の台本を読み物化した版本は大頭系に含まれる[114]。版本はまず古活字版が成立し[115]、江戸時代初期には挿絵を含む揃物として刊行された(「舞の本」)[116]

以下では各作品について解説する。 「和田酒盛」の上演の初見は『言継卿記』天文15年(1546年)3月9日条であり、その後も繰り返し上演されている[117]。日記には同日「夜討曽我」も上演されたことが記される。現存する諸本の多さから人気曲であることを伺わせ、本作の影響から浄瑠璃歌舞伎等で派生作品が発生した[118][119]。和田酒盛は曽我兄弟と和田義盛との盃論、五郎と朝比奈義秀の草摺引き(力比べ)等が主題で、題材は仮名本曽我物語に拠っている。五郎が兄十郎の難境を救う構成である[120]。この草摺引きは特に人気の場面であったようで、古くは長谷川久蔵が天文20年(1551年)に清水寺に奉納したと伝わる大絵馬の他、近世には菱川師宣大森善清橘守国といった絵師の作品の題材となり、多くの作例が確認されている。これらの作品は、上記の久蔵奉納の大絵馬の影響を受けたものだとする指摘がある[121]

「小袖曽我」については、能と異なり幸若舞曲の場合は実際に小袖が登場する。また浄瑠璃の「小袖そが」は舞曲から派生している[122]。「剣讃嘆」では文字通り剣(刀)に焦点が当てられ、兄弟は富士野・相沢原へ至る過程の箱根権現にて別当よりそれぞれ刀(兄は黒鞘巻の刀・弟は兵庫作の太刀)を授かる[123]。別当は刀の伝来を述べる。この二振は時の帝の命により長刀が二分されたものであり、それぞれ「枕かみ」「寸なし」と名付けられ、後に寸なしは「友切」と名を改められた。その後二振は源満仲の手に渡り友切は「髭切」と、枕かみは「膝切」と名を改められ、源頼光の手に渡った。さらに髭切は「鬼切」と、膝切は「蜘蛛切」と名を改められ、源氏の嫡流の伝来を経て最終的に源義経により奉納されたとする。一方、仮名本では仇討ちに用いた刀は木曽義仲から相伝される「三宝剣」の1つ「微塵」と「赤胴作りの太刀」(奥州丸)となっている[124]

「十番切」の上演の初見は『言継卿記』天文14年(1545年)6月4日条であり[125]、十番切の存在を示す史料の初見は「東勝寺鼠物語」(天文6年頃成立)である[126][127]

近世以後[編集]

近世になると古浄瑠璃浄瑠璃歌舞伎といった分野で曽我物が生まれた[128]。天和3年(1683年)には近松門左衛門が浄瑠璃「世継曽我」を創作し人気を博した。これは曽我兄弟が没した後の世界が主な舞台であり、「世継」にあたる十郎の遺児に焦点が当てられている[129]。近松は他にも多くの曾我物を創作した。しかしこれらが自由に制限なく上演できたわけではなく、例えば歌舞伎『曙曽我夜討』が江戸中村座で上演されたが、江戸幕府により3日で上演が禁止されるなどしている[130]

絵図化[編集]

15世紀には富士の巻狩ないし仇討ち場面の絵画化がなされていたとされ、一休宗純『自戒集』に絵解きの題材として曽我兄弟が登場する[131][132][133]

現存するものでは『月次風俗図屏風』第7扇「富士巻狩」が古例であり[134]、絵画化例の全体を見た場合、右隻を「富士の巻狩」、左隻を「仇討ち(夜討ち)」とした一双形式の曽我物語図屏風が多く現存する[135][136]。このうち左隻は幸若舞曲「夜討曽我」「十番切」を題材にしているという指摘があり[137]、幸若舞曲との深い関わりが指摘される[138]。例えば左隻には「幕紋づくし」[注釈 16]が描かれこれは幸若舞曲「夜討曽我」と共通しているが、曽我物語には確認されないものである[139][140]

また17世紀末以降は、右隻の富士の巻狩のみを主題として一双を構成する例が多いという指摘がある[141]

墓・社・霊地[編集]

曽我八幡宮(静岡県富士宮市上井出)

同事件は時代に拘らず影響をもたらし続け、日本全国に曽我兄弟に関する墓所・祠が点在している[142][143][144][145]。曽我兄弟は信仰の対象となり、富士野の地周辺では曽我八幡宮が点在する他、曽我塔[146]等が確認されている。また全国に同事件を基とした祭事が確認される[注釈 17][注釈 18]

また、虎御前のもの(虎が石)も全国に点在する[151]。「虎が石」が存在する背景に、説話集や謡曲に見られる「虎退治譚」が関係するという指摘がある[152]

一方曽我兄弟から見て仇にあたる工藤祐経の墓所・祠類は少なく、富士野が位置する静岡県富士宮市に存在する例が指摘されるのみである[153]

関連用語[編集]

同事件が基となり成立したとされる季語に「虎が雨」がある。曾我の雨・虎が雨・虎が涙とも呼称され、陰暦5月28日頃に降る雨を指す[154]。虎の悲しみの涙や、仇討ちが起こった5月の天候と結び付けられて発生した言葉とされる。

また「虎」自体に降雨を引き起こすイメージが存在し、虎と雨が結びついて「虎が雨」という言葉が成立したとする見解もある[155]。「曽我の雨」については吾妻鏡と真名本で相当する部分が確認される[156]

関連作品[編集]

映画
  • 曾我兄弟狩場の曙』(1908年)
  • 『曾我十番斬』(1916年)
  • 『永禄曾我譚』(1917年、小林)
  • 『小袖曽我』(1920年)
  • 『夜討曽我』(1923年、帝キネ)
  • 『曽我』(1927年)
  • 『日活行進曲 曽我兄弟』(1929年)
  • 『夜討曽我』(1929年、マキノ)
  • 『仇討日本晴 孝の巻 曾我兄弟』(1931年、帝キネ)
  • 『富士の曙 少年曾我』(1940年)
  • 曽我兄弟 富士の夜襲』(1956年、東映、監督:佐々木康
テレビドラマ
小説
  • 高橋直樹『天皇の刺客』(2006年、文庫題:『曾我兄弟の密命―天皇の刺客』)文藝春秋
漫画
歌謡曲
ミュージカル

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 暗殺に関わった郎従の大見小藤太・八幡三郎を伊東祐親はすぐさま討ち果たしている
  2. ^ 祐親は石橋山の合戦後、平氏軍に加わる準備をしていたところを捕縛される[11]
  3. ^ 事件後の動向は以下の通りである(吾妻鏡)。6月1日に曾我祐成の弟にあたる僧(律師)が尋問され、また曾我祐信は宥免された。6月3日には仇討ち時に逐電した常陸国の者たちの所領が没収された。7月2日には律師が自害している。
  4. ^ その後虎は6月18日に箱根で祐成の供養を営み、祐成が最後に与えた葦毛の馬を捧げて出家を遂げ信濃善光寺に赴いた。その時19歳であったと記されている(『吾妻鏡』)
  5. ^ 静岡県富士宮市に所在
  6. ^ 20回に及ぶ武士による狩りの披露。合手組(左右で二人ずつ)の20番であるため、計40人となる[30]
  7. ^ 十郎の言葉。五郎も同様の文言を記している
  8. ^ 五郎は勝手に下山し元服したことで勘当されていた[34]
  9. ^ 2度目の訪問では伊出の屋形に至らず曾我の里へ戻っている[58]
  10. ^ 兄弟が狩庭に潜み祐経を狙う箇所のこと
  11. ^ 『吾妻鏡』建久四年(1193年)5月2日条「北条殿駿河国に下向したまふ。これ狩倉を覧んがために、かの国に赴かしめたまふべし」
  12. ^ 『吾妻鏡』建久四年(1193年)5月15日条「北条殿はあらかじめその所に参候せられ、駄餉を獻ぜしめたまふ」
  13. ^ 保暦間記』によると、事件の直後、鎌倉ではしばらくの間頼朝の消息を確認できなかった。頼朝の安否を心配する妻政子に対して、巻狩に参加せず鎌倉に残っていた源範頼が「範頼が控えておりますので(ご安心ください)」と見舞いの言葉を送った。この言質が謀反の疑いと取られ、範頼は8月17日に伊豆修禅寺に幽閉されている。
  14. ^ 曽我物語において、兄弟が狩場にて工藤祐経を狙うも伏木(または躑躅根)に足をかけ落馬する場面のこと
  15. ^ 「切兼曽我」と「一満箱王」は同一である[109][110]
  16. ^ 富士野の各御家人の屋形に張られた幕紋群のこと
  17. ^ 建久4年(1193年)5月28日に曽我五郎・十郎の兄弟が富士の裾野で工藤祐経を討った際に傘を燃やして松明とした故事から、毎年5月28日に、小田原市に所在する城前寺付近の家々から古い傘を集めて本堂の裏側にある曽我兄弟の墓前に積み上げて火を放ち、衆僧が列を作って読経をしながらその火を巡って行道・供養する「傘焼き祭り」が行なわれていたが[147]、2011年に寺側からの申し出により祭りでの開催は中止となり、同年より城前寺檀信徒を中心に、城前寺保育園年長組が十郎、五郎、虎御前、稚児として衆僧と共に参列し傘焼き供養会を継続している[148]。尚、保存会では下曽我駅前や公園など市内各所で関連行事を続行している[149]
  18. ^ 鹿児島市では毎年7月に郷中教育の一環として、曾我兄弟の仇討ちの故事に倣い、和傘を燃やす「曽我どんの傘焼き」を開催している[150]

出典[編集]

  1. ^ 本郷和人・五味文彦編、『現代語訳 吾妻鏡6』180頁、吉川弘文館、2009
  2. ^ 海老沼真治「「富士北麓若彦路」再考--『吾妻鏡』関係地名の検討を中心として」56頁『山梨県立博物館研究紀要』5、2011年
  3. ^ 木村茂光「頼朝政権と甲斐源氏」19頁、『武田氏研究』第58号、2018年
  4. ^ 坂井(2014) p.209
  5. ^ 福田(2002) p.525
  6. ^ 坂井(2014) p.209
  7. ^ 坂井(2014) pp.179-180
  8. ^ 坂井(2014) pp.171-176
  9. ^ 坂井(2014) p.175
  10. ^ 坂井(2014) p.176
  11. ^ 坂井(2014) p.194
  12. ^ 文化庁月報平成25年9月号(No.540)
  13. ^ 今野慶信「曽我十郎/・五郎」/ 小野一之・鈴木彰・谷口榮・樋口州男編 『人物伝小辞典 古代・中世編』 東京堂出版 2004年 186ページ
  14. ^ 佐藤和道「小袖曽我 〈小袖曽我〉考 : 曽我兄弟の舞と母親の視点」31-34頁、『観世』第86号、2019年
  15. ^ 谷暎子「占領下の出版物検閲と児童文学--全文削除を命じられた作品をめぐって」、『北星学園大学文学部北星論集』第42号、2004年
  16. ^ 坂井(2014) p.1
  17. ^ 二本松(2009) pp.15-16
  18. ^ 梶原(2002) p.422
  19. ^ 梶原(2002) p.423
  20. ^ 梶原(2002) p.423
  21. ^ 梶原(2002) p.423-424
  22. ^ 曽我兄弟の霊地(富士宮市HP)
  23. ^ 工藤祐経の墓(富士宮市HP)
  24. ^ 王藤内の墓(富士宮市HP)
  25. ^ 会田(2004) pp.134-135
  26. ^ 水谷亘、「真名本『曾我物語』の狩場についての一考察」、『同志社国文学(36)』、1992
  27. ^ 坂井(2014) pp.38-39
  28. ^ 福田(2002) p.539
  29. ^ a b c 小林美和、「真名本『曽我物語』覚書-<御霊>と<罪業>をめぐって-」、『帝塚山短期大学紀要』(32)1-10、1995
  30. ^ 東洋文庫(1988) pp.163-164
  31. ^ 会田(2008) pp.86-87
  32. ^ 坂井(2014) pp.40-41
  33. ^ 国文学(2003) pp.233-234
  34. ^ 坂井(2014) pp.319-321
  35. ^ 国文学(2003) pp.234-236
  36. ^ 会田(2008) pp.92-93
  37. ^ 坂井(2014) p.216
  38. ^ 坂井(2014) p.61
  39. ^ 坂井(2014) p.295
  40. ^ 東洋文庫(1988) p.227
  41. ^ 村上(2006) p.97
  42. ^ 会田(2004) pp.28-29
  43. ^ 会田(2004) pp.28-29・150
  44. ^ 梶原(2002) p.315
  45. ^ 梶原(2002) p.316-317
  46. ^ 福田(2002) p.534
  47. ^ 福田(2002) p.532
  48. ^ 村上(1984) pp.1221-1222
  49. ^ 坂井(2014) p.44
  50. ^ 会田(2004) pp.24-25
  51. ^ 福田(2002) p.534
  52. ^ 新村衣里子「曽我と虎御前 ─人物移動と場の特性を手がかりに─」『成蹊國文 第49号』、2016
  53. ^ 福田(2002) p.536
  54. ^ 会田(2008) p.103
  55. ^ 坂井(2014) pp.131-132
  56. ^ 二本松(2009) p.197
  57. ^ 会田実、「曽我物語における意味の収束と拡散—真名本から仮名本へ—」4頁、『日本文学』No.697、2011
  58. ^ 会田(2004) p.173
  59. ^ 村上(1984) pp.1210-1213
  60. ^ 福田(2002) p.530
  61. ^ 村上(1984) pp.1221-1222
  62. ^ 福田(2002) p.532
  63. ^ 福田(2002) p.534
  64. ^ 会田(2004) pp.24-25
  65. ^ 二本松(2009) p.205
  66. ^ 坂井(2014) pp.120-122
  67. ^ 福田(1988) p.322
  68. ^ 坂井(2014) p.124
  69. ^ 坂井(2014) p.126
  70. ^ 坂井(2014) p.295
  71. ^ 幸若舞(1996) pp.364-365
  72. ^ 村上(2006) pp.93-98
  73. ^ 三浦周行「曾我兄弟と北条時政」『歴史と人物』、1915
  74. ^ 石井進「曾我物語の世界」『中世武士団』、講談社
  75. ^ 坂井(2014) pp.11-12
  76. ^ 石井進「曾我物語の歴史的背景」『静岡県史研究第7号』、1995
  77. ^ 坂井(2014) p.120
  78. ^ 『吾妻鏡』建久元年(1190年)9月7日条
  79. ^ 坂井(2014) pp.140-160
  80. ^ 元木泰雄『源頼朝』中公新書、2019年。pp.256
  81. ^ 保立道久「院政期東国と流人・源頼朝の位置」『中世の国土高権と天皇・武家』校倉書房、2015年 ISBN 978-4-7517-4640-0
  82. ^ 木村茂光『頼朝と街道 鎌倉政権の東国支配』176-177頁、吉川弘文館、2016
  83. ^ 国文学(2003) pp.206-207
  84. ^ 坂井(2014) pp.156-164
  85. ^ 坂井(2014) pp.154-155
  86. ^ 坂井(2014) pp.151-153
  87. ^ 菱沼一憲「総論 章立てと先行研究・人物史」(所収:菱沼 編『シリーズ・中世関東武士の研究 第一四巻 源範頼』(戎光祥出版、2015年) ISBN 978-4-86403-151-6
  88. ^ 幸若舞(2004) p.232
  89. ^ 佐藤(2006) p.40
  90. ^ 軍記(1997) p.127
  91. ^ 坂井(2014) pp.318-318
  92. ^ 佐藤(2006) p.35
  93. ^ 佐藤(2006*) p.1
  94. ^ a b 伊海孝充「能〈伏木曽我〉考--『曽我物語』との関係と応永年間の曽我物」、『日本文学誌要』第79号、2009年
  95. ^ 坂井(2014) p.323
  96. ^ 佐藤(2006) p.38
  97. ^ 軍記(1997) p.125
  98. ^ 佐藤(2006*) p.2
  99. ^ 佐藤(2006) p.40
  100. ^ 軍記(1997) p.126
  101. ^ 坂井(2014) p.318・326
  102. ^ 軍記(1997) p.129
  103. ^ 佐藤(2006*) p.2
  104. ^ 軍記(1997) p.130
  105. ^ 幸若舞(1986) p.30
  106. ^ 村上(1990) p.381
  107. ^ 幸若舞(1981) pp.64-77
  108. ^ 幸若舞(1986) pp.30-69
  109. ^ 幸若舞(1994) pp.6-12
  110. ^ 幸若舞(2004) p.223
  111. ^ 幸若舞(1994) pp.4-10
  112. ^ 幸若舞(2004) p.103
  113. ^ 幸若舞(1981) pp.6-7
  114. ^ 麻原(1996) p.28
  115. ^ 幸若舞(2004) p.114
  116. ^ 幸若舞(1998) p.19・23
  117. ^ 幸若舞(1981) p.99
  118. ^ 幸若舞(2004) p.229
  119. ^ 宮腰(2013) p.98
  120. ^ 三澤裕子「幸若舞曲の構造と人物」、『中世文学』34巻、1989
  121. ^ 宮腰(2013) pp.100-101
  122. ^ 幸若舞(2004) pp.231-232
  123. ^ 幸若舞(1996) p.296
  124. ^ 幸若舞(2004) pp.232-233
  125. ^ 村上(2006) p.19
  126. ^ 幸若舞(2004) p.239
  127. ^ 井戸(2017) p.212
  128. ^ 宮腰(2013) p.98
  129. ^ 諏訪春雄「近世戯曲の「世界」」、『学習院女子短期大学国語国文学会国語国文学論集』第8号、1979年
  130. ^ 綱澤満昭「「忠臣蔵」雑考」18頁、『近畿大学日本文化研究所紀要』3号、2020
  131. ^ 黒田彰「聖藩文庫蔵曾我物語巻十二零本について(二)ー頼 朝、畠山父子の死ー」26頁、『國文學』第64号、1988年
  132. ^ 井戸(2017) p.222
  133. ^ 村上(1990) p.371
  134. ^ 井戸(2017) p.204
  135. ^ 井戸(2017) pp.202-204
  136. ^ 江村知子「研究資料 土佐光吉筆「曽我物語図屏風」について」、『美術研究』394号、2008
  137. ^ 井澤(1988) p.649
  138. ^ 井戸(2017) pp.216-228
  139. ^ 麻原(1996) pp.36-38
  140. ^ 井澤(1988) p.656
  141. ^ 小口康仁「「曾我物語図屏風」の展開―富士巻狩・夜討図から富士巻狩図へ―」『國華 第1496号 第125編 第11冊』、2020
  142. ^ 本間,久英「民俗学的文献中の石に関する資料」『国立歴史民俗博物館研究報告』9号、1986
  143. ^ 波田一夫「第1部 太田荘域における石造遺物の実態」161-167頁『東京学芸大学紀要第4部門 数学・自然科学』47、1995
  144. ^ 橋本裕之「装飾古墳の民俗学」368頁『国立歴史民俗博物館研究報告』80号、1999
  145. ^ 天岸正男「伝河津三郎及曽我兄弟石造五輪塔 - 紀伊高野山金石遺記5-」『史迹と美術』36-1 pp.32-35 史迹美術同攷会、1966年
  146. ^ 高野信治、「病傷治癒信仰のなかの武士 : 〈治癒神〉という見方」、『九州文化史研究所紀要』62号、2019
  147. ^ かさ焼き祭り小田原市デジタルアーカイブ
  148. ^ 「曽我の傘焼まつり」中止、保存会も解散へ/小田原神奈川新聞、2011.03.31
  149. ^ 曽我の傘焼まつり(5月下旬)小田原市、2014年08月20日
  150. ^ 曽我どんの傘焼き鹿児島三大行事保存会
  151. ^ 柳田国男、「曽我兄弟の墳墓」『定本柳田国男集第5巻』、1981
  152. ^ 新村衣里子「「トラ・寅・虎」の多様性 : 『曽我物語』の虎御前に関する一考察」129-131頁、『成蹊国文』48号、2015
  153. ^ 遠藤秀男、『日本の首塚』129-133頁、1973
  154. ^ 坂井(2014) p.71
  155. ^ 新村衣里子「『曽我物語』の虎御前と雨 : 「虎が雨」の生成に関する一考察」、『成蹊國文』50号、2017
  156. ^ 坂井(2014) pp.72-73

参考文献[編集]

  • 笹川祥生ほか『真名本曽我物語2』平凡社〈東洋文庫 485〉、1988年。ISBN 978-4-582-80486-7
  • 村上學『曽我物語の基礎的研究』風間書房、1984年。ISBN 978-4-75990-602-8
  • 小山弘志編「日本文学新史〈中世〉」、至文堂、1990年、 ISBN 978-4-78430-060-0
  • 梶原正昭編「曽我・義経記の世界」、汲古書院、1997年、 ISBN 978-4-76293-390-5
  • 福田晃『曽我物語の成立』三弥井書店〈三弥井研究叢書〉、2002年。ISBN 978-4-83823-119-5
  • 村上美登志編『曽我物語の作品宇宙』至文堂〈「国文学解釈と鑑賞」別冊〉、2003年。
  • 会田実『『曽我物語』その表象と再生』笠間書院、2004年。
  • 村上美登志『中世文学の諸相とその時代Ⅱ』和泉書院、2006年。ISBN 978-4-7576-0347-9
  • 二本松康宏『曽我物語の基層と風土』三弥井書店、2009年。ISBN 978-4-83823-170-6
  • 坂井孝一『曽我物語の史的研究』吉川弘文館、2014年。ISBN 978-4-6420-2921-6
  • 吾郷寅之進「幸若舞曲研究第2巻」、三弥井書店、1981年、 ISBN 978-4-83823-056-3
  • 吾郷寅之進、福田晃編「幸若舞曲研究第4巻」、三弥井書店、1986年、 ISBN 978-4-83823-017-4
  • 福田晃、真鍋昌弘編「幸若舞曲研究第8巻」、三弥井書店、1994年、 ISBN 978-4-83823-037-2
  • 福田晃、真鍋昌弘編「幸若舞曲研究第9巻」、三弥井書店、1996年、 ISBN 978-4-83823-041-9
  • 福田晃、真鍋昌弘編「幸若舞曲研究第10巻」、三弥井書店、1998年、 ISBN 978-4-83823-054-9
  • 福田晃編「幸若舞曲研究別巻」、三弥井書店、2004年、 ISBN 978-4-83823-129-4
  • 井澤英理子「曽我物語図の系譜における芸能との関連性」『鹿島美術財団年報別冊』第15号、1988年、 647-663頁。
  • 麻原美子「舞の本の世界」『中世文学』第41号、1996年、 26-39頁。
  • 佐藤和道「舞を舞う曽我兄弟」『国文学年次別論文集中世2』2006年、 129-134頁。
  • 佐藤和道「能〈調伏曽我〉考」『演劇研究』第30号、2006年、 1-11頁。
  • 宮腰直人「和田酒盛譚考 ―『曽我物語』・舞の本・古浄瑠璃正本の挿絵をめぐって―」『国文学研究資料館紀要 文学研究篇』第39号、2013年、 95 - 118頁。
  • 井戸美里『戦国期風俗図の文化史 吉川・毛利氏と「月次風俗図屏風」』吉川弘文館、2017年。ISBN 978-4-64201-658-2
  • 会田実「曽我物語にみる源頼朝の王権確立をめぐる象徴表現について」『公家と武家 Ⅳ 官僚制と封建制の比較文明史的考察』2008年、 85-106頁。
  • 梶原正昭『日本古典文学全集53・曾我物語』小学館、2002年。ISBN 978-4096580530
  • 坂井孝一『曾我物語の史実と虚構』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー、2000年) ISBN 4-642-05507-X
  • 坂井孝一『曾我物語 物語の舞台を歩く』(山川出版社、2005年) ISBN 4-634-22460-7

関連項目[編集]

外部リンク[編集]