井上泰治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上 泰治(いのうえ やすじ、1954年1月26日 - 2020年12月23日)は、日本の映画監督シナリオライター福岡県福岡市出身。京都市に自宅を構えていた。

経歴[編集]

1978年に立命館大学法学部卒業。

宝塚映画でアルバイトをはじめ、その後フリーの助監督として、東映京都撮影所でテレビ映画を演出していた斎藤光正山内鉄也に師事する。

1991年「長七郎江戸日記」にてデビューし、監督として「水戸黄門」「大岡越前」など多くの時代劇を中心に活躍。

また、自ら主宰した『関西時代劇ワークショップ』、『時代劇塾』や京都造形芸術大学などで指導。

時代劇初心者に時代劇の楽しみを伝える活動や、時代劇俳優の演技所作などを指導するなど、後進の指導にも尽力した。

2020年12月23日、京都市内の病院で肺がんの為に死去[1]。66歳没。

監督作品[編集]

TV[編集]

映画[編集]

シナリオ作品[編集]

  • TV『水戸黄門』
  • TV『大岡越前』他

出典・参考文献[編集]

  • 『日本映画人名事典 監督篇』キネマ旬報社、1997年11月、106頁。ISBN 4873762081 

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]