三英傑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三英傑(さんえいけつ)、もしくは郷土三英傑戦国三英傑[1]は、現在の愛知県(当時は尾張国三河国)出身で名古屋にゆかりがあり、戦国時代において天下を統一へ導いた3人の戦国大名について、主に中部地方や愛知県で顕彰する呼称。口語では戦国の三傑が用いられる。名古屋まつりでは毎年、この3人にちなんで郷土英傑行列が行われている。

成立[編集]

江戸時代までは尾張と三河を一体とみる考え方は無く、また江戸時代に「神君」だった家康と他の二者を一緒くたに語るのは困難であり、成立は明治時代まで下る[2]。ただし、嘉永5年(1852年小田切春江著『尾張英傑画伝』では、三英傑に加え源頼朝足利尊氏を「草創五君」とし、信長・秀吉及びその麾下の武将たちを含めて「日本の英雄」の多くが尾張から出たと記し、三英傑のイメージの一部を提供したのが読み取れる。三英傑を取り上げた最初の書物は、明治12年(1879年)成立の水谷民彦『三傑年譜』全30巻とみられる。ただし、水谷はあくまで尊王の観点から3人を取り上げており、『三傑年譜』も写本でしか伝わっていないことから影響力も少なかったとみられる。次いで注目すべきは、在京愛知県出身者によって編集された雑誌『愛知学芸雑誌』創刊号に、地理学者志賀重昂がよせた論考である。志賀はここで愛知の地理的一体性を強調し、その地理的環境が幾多の英雄を生み出したが、その代表的存在が三英傑であり、彼らを顧みることで県民の奮起を促している。一方言論だけでなく、清須・中村・岡崎における史蹟公園の整備というかたちで県民の教化が進められている。昭和11年(1936年)には名古屋の財界人・文化人たちが「三傑会」を結成し、東京と大阪に経済的・文化的に対抗する意味が込められた。翌年の名古屋汎太平洋平和博覧会の会場に設けられた「歴史館」では、入口には三英傑の等身大木造が置かれ、建勲神社豊国神社東照宮が分祠され、ジオラマによって三英傑の活躍が再現された。更に博覧会に合わせて「三傑節」が作られ、日本ポリドール社からレコードも販売された。

こうして戦前までに、信長・秀吉・家康を並列的に「郷土の英傑」として讃える見方は定着する。昭和30年(1955年)には名古屋まつりに「郷土英雄行列」が登場し、現在も続いている(後述)。

三英傑[編集]

映画・ドラマで三英傑を全て演じた俳優[編集]

2017年現在で5人いる。以下に三英傑を全て演じた年代順に並べた。複数作品で演じてる場合は最初の一作のみを記す。太字は主演作である。

以下は三英傑を二役まで演じた俳優の一覧(太字はこれから全て演じる可能性のある存命人物)。

芦田伸介嵐寛寿郎伊勢谷友介市川右太衛門市川莚十郎市川左團次 (3代目)大河内傳次郎岡田英次尾上松之助織田政雄香川良介風間杜夫勝新太郎観世栄夫北村和夫北大路欣也木村拓哉佐藤允佐藤慶椎名桔平実川延松進藤英太郎高橋英樹中村嘉葎雄中村勘三郎 (17代目)仲村トオル西村晃林隆三東野英治郎藤木直人藤田まこと、宗春太郎[7]森繁久彌役所広司三船敏郎山﨑努山城新伍山村聰西田敏行

名古屋まつり[編集]

愛知県名古屋市が毎秋行う名古屋まつりでは、三英傑を主役とする祭りが盛大に行われる。三英傑はほぼ毎年公募され、その内織田信長役の志望者は乗馬ができることが要求される。名古屋まつりで三英傑を演じた者のOB会があり、英傑会と名乗っている。


注釈・出典[編集]

  1. ^ 株式会社レッカ社 『「日本三大」なるほど雑学事典』 PHP研究所〈PHP文庫〉、2009年12月、168-171頁。ISBN 978-4569673677
  2. ^ 木村(2014)。本項目は木村の論考による。
  3. ^ 同年公開の映画『殉教血史 日本二十六聖人』でも秀吉役を演じており、公開月の早い方を最初の一作目とした。
  4. ^ 二部構成の作品であり、第一部の青年期のみを演じ壮年期以降は役を交代している。壮年期以降を含めて信長役を演じたものは、1982年のフジテレビ新春ドラマスペシャル『戦国の女たち』となる。
  5. ^ 現在は「中村芝翫」を襲名しているが、三英傑を全て演じた当時は「中村橋之介」名義の時代につき、こちらの名前で記す。
  6. ^ 第1話のみのゲスト出演。
  7. ^ 香川良介の息子にあたる子役俳優であり、出演作での役名は「吉法師」「松平竹千代」と、演じた二役はいずれも幼少期時代の役である。

参考文献[編集]

  • 木村慎平 「『郷土の三英傑』の成立」「三英傑と名古屋」展実行委員会編集・発行 『平成26年度名古屋市博物館特別展 三英傑と名古屋』 2014年10月24日、pp.139-143

関連項目[編集]

外部リンク[編集]