名古屋まつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
名古屋まつり
Nagoya Matsuri
山車揃
山車揃
イベントの種類 祭り
開催時期 毎年10月上旬
初回開催 1955年
会場 名古屋市内各地
主催 名古屋まつり協進会(名古屋市、愛知県、名古屋商工会議所)[1]
駐車場 なし
公式サイト
江戸時代に名古屋祭と称していた東照宮祭(『尾張名所図会. 前編 巻1 愛智郡』より「御祭禮全図 其六」)

名古屋まつり(なごやまつり)は、名古屋市愛知県名古屋商工会議所が主催し、毎年10月上旬(一部の年に例外あり)の土・日曜日に愛知県名古屋市内で開催される祭り。例年、200万人以上の人出でにぎわう[2]

概要[編集]

1955年昭和30年)に「名古屋商工まつり」として第1回が開催された。当時としては全国では珍しい商業祭であった。当初から名古屋市電を利用した花電車が運行され、1973年(昭和48年)の全線廃止まで続いた。また、1966年(昭和41年)の第12回には花バスが初めて登場し、2005年平成17年)まで運行されていた。1988年(昭和天皇病状悪化による自粛)と2020・21年(何れもコロナ禍)は開催中止。

祭り最大の見せ場である郷土英傑行列では、それぞれ愛知県出身者の織田信長豊臣秀吉徳川家康らに扮した名士らが名古屋駅から名古屋城までパレードを行う。三英傑は第19回から一般公募され[3]、このうち信長については馬に跨る事ができる者が条件となっている。三英傑のスポンサーは名古屋の百貨店が行っており、三英傑に随伴する三姫(濃姫ねね〈以前は淀殿[4]〉・千姫)も百貨店(丸栄廃業後の2018年(平成30年)以降は三越ジェイアール名古屋タカシマヤ松坂屋[5])の女子店員から選出される事になっている。名鉄百貨店は少年鼓笛隊を提供[5]。三英傑を経験した者の集まりである「英傑会」も組織されている。

なお、戦前まで行われていた徳川家康を祀る名古屋東照宮の例祭(東照宮祭)も一般に「名古屋祭」と呼ばれており、現在の名古屋まつりで行われる山車揃はその流れを汲んだものである[6]

SKE48がデビューした2009年(平成21年)頃からは、これらに加えて名古屋をはじめとした多数のローカルアイドルがライブを行っている。

ギャラリー[編集]

その他[編集]

祭り最終日の日曜日は、名古屋城など名古屋市が管理している有料施設が無料開放される[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]