名古屋東照宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼
1.戦災前の名古屋東照宮(国宝)
2.戦災前に制作された権現造模型の画像提供をお願いします。2018年2月
名古屋東照宮
Nagoya Toshogu2.jpg
本殿
所在地 愛知県名古屋市中区丸の内二丁目3番37号
位置 北緯35度10分39.2秒
東経136度53分57.5秒
座標: 北緯35度10分39.2秒 東経136度53分57.5秒
主祭神 徳川家康
社格 県社
創建 元和5年9月17日(1619年)
例祭 4月16日・17日
テンプレートを表示
唐門

名古屋東照宮(なごやとうしょうぐう)は、愛知県名古屋市中区丸の内二丁目にある神社

歴史[編集]

尾張藩初代藩主徳川義直が、父徳川家康の三回忌である1618年(元和4年)に大祭を行い、翌1619年(元和5年)、名古屋城内三の丸に取り込んだ亀尾天王社(現在の那古野神社)の隣地に東照宮勧請し、成瀬正成竹腰正信を奉行にし、南天坊天海を導師とし9月17日家康の神像を祀ったのが創祀。三之丸東照宮とも呼ばれた。創建当時の境内は3600坪もあったといい、本殿の社殿には権現造楼門唐門、渡殿、祭文殿等があり、東照宮として最も豪華であったといわれ、社殿などには極彩色がほどこされた華麗なものであったと言う。

1875年(明治8年) 名古屋鎮台が城内に置かれたのを機に、天王社とともに旧藩校明倫堂跡地である現在地に仮遷座した。1876年(明治9年)本遷座。社格は1872年(明治5年)5月の時点では村社だったが、1875年(明治8年)8月に県社に昇格した。また当時、名古屋東照宮は国宝に指定されていた。

1875年(明治8年)、後に第二代名古屋市長となる志水忠平が東照宮に徳川義直の合祀を請い、許可を得て同年6月20日、奉斎式を行った。

1898年(明治31年)、初代名古屋市長だった中村修が東照宮に徳川慶勝の合祀を請い、許可を得て奉斎。

1924年(大正13年)10月28日、義直・慶勝の御霊を旧藩士が新たに創建した尾陽神社に遷して奉斎。

1945年(昭和20年)5月14日の空襲により、義直以来の本殿、主要建造物を焼失したが、1954年(昭和29年) 建中寺より義直の正室春姫(高原院)の御霊屋を移築して社殿とした。この御霊屋は1651年(慶安4年)に万松寺境内に建てられ、1914年(大正3年) に建中寺へ移築されたものであった。1960年(昭和35年)に愛知県の有形文化財に、また1992年(平成4年)には名古屋市の都市景観重要建築物に指定されている[1]

祭神[編集]

  • 徳川家康

例祭[編集]

湯取車(2012年6月)

江戸時代を通じて、例祭である東照宮祭は天王社天王祭若宮八幡社の若宮祭とならんで名古屋三大祭とされた。中でも東照宮祭は天保年間(1830年 - 1844年)までに名古屋最大の祭となり、太平洋戦争前までは「名古屋祭」と言えばこの東照宮祭を指していたという。

東照宮祭にはからくり人形が乗った山車が出るのが通例であった。これは、創建した1619年(元和5年)に大八車西行の人形を乗せて出したのが始まりとされ、1707年(宝永4年)までに9台の山車が作られるにいたった。2012年現在では東区筒井町の「湯取車」がただ1台現存する。

例祭日は、毎年4月16日と17日である。

交通[編集]

三之丸東照宮の模型[編集]

東京大学工学部建築学科所蔵に「旧備品台帳」の説明に「権現造」とだけ記載されている東照宮の社殿の約1/20スケールの精密に作られた模型が存在しており、戦災で焼失した三之丸(名古屋)東照宮の社殿模型で、社殿焼失前の1937年(昭和12年)頃に調査と製作された模型だと、太田博太郎大河直躬ら建築史家の調査で指摘されており、戦災以前の名古屋東照宮の手がかりを知る貴重な模型だとされている[2][3] 。この権現造の模型を製作したのは名古屋出身の伊藤流の工匠加納茂一で加納が東京大学に寄贈した数ある神社模型の一つである。なお、戦災以前の名古屋東照宮の実測図はなく、修理工事報告書や文化庁保存図面も存在していない。この名古屋東照宮の権現造模型では戦前に撮影された10枚ある名古屋東照宮の写真と比べて一部相違点が見られる部分があるが、ほぼ姿形が一致しており、かなり忠実に設計されて製作いる[4]。模型では、現在の移築して社殿としている四方寄棟造の御霊屋のとは姿形が違い、久能山東照宮日吉東照宮の様な権現造で、千木・鰹木が2本付いた瓦屋根は檜皮色で、白壁や朱色の柱と扉などに極彩色がほどこされており、模型内部も精密に一部の造作が造られていて、扉を開くと内部も覗く事が出来る様に作られているなど、かなり精密に作られていた。『小さな建築―模型のトポロジー』INAX BOOKLET Vol.7 No.2(1987年)などで、この戦災以前の名古屋東照宮の模型が紹介された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]