高原院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高原院(こうげんいん、慶長8年(1603年) - 寛永14年4月23日1637年6月15日))は、尾張藩初代藩主徳川義直正室。名は春姫(はるひめ)。父は紀州藩初代藩主浅野幸長、母は正室の池田恒興の娘。

慶長8年(1603年)、和歌山城で誕生する。慶長14年(1609年)に徳川義直と縁談をし、元和元年(1615年)に結婚する。寛永10年(1633年)に義直の2子と江戸に移るまで、名古屋城の本丸御殿に居住した[1]。2人の間に子供が生まれないまま、寛永14年(1637年)に35歳で死去し、萬松寺に葬られた。戒名は高原院大岳宗椿大禅尼。春姫には子供がなかったが、謹厳実直な義直は側室を置こうとはしなかった。しかし尾張徳川家の存続という責務も果たさねばならず、土井利勝は公命により側室を置くことをすすめた。(『金府紀較』)

後に義直の跡は側室の子である徳川光友が継いでいる。

春姫の嫁入りが名古屋の豪華な結婚式のルーツとされており、毎年4月に市民団体「本丸ネットワーク(前・名古屋城文化フォーラム、旧・本丸御殿フォーラム)」が名古屋城の本丸御殿再建を目指すため「春姫道中」として嫁入りを再現したイベントが名古屋城等で行われている。[2]

脚注[編集]

  1. ^ その後大名の妻子は江戸に住むことになり、また名古屋城本丸御殿は将軍の御成り御殿となった。しかし将軍家光の来名後は実質の「空き御殿」となった。すなわち春姫は名古屋に居住した唯一の尾張家正室であり、義直と春姫の夫婦は本丸御殿に居住した唯一の藩主夫婦である。
  2. ^ 春姫道中が本丸御殿再建のイベントとなったのは、彼女が本丸御殿に居住した唯一の女性だからである

関連項目[編集]