那古野神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
那古野神社
拝殿
所在地 愛知県名古屋市中区丸の内二丁目3-17
位置 北緯35度10分38.7秒
東経136度53分59.13秒
座標: 北緯35度10分38.7秒 東経136度53分59.13秒
主祭神 須佐之男神、櫛稲田姫
社格 旧県社
創建 911年延喜11年)
例祭 天王祭
地図
那古野神社の位置(愛知県内)
那古野神社
那古野神社
那古野神社の位置(名古屋市内)
那古野神社
那古野神社
テンプレートを表示

那古野神社(なごやじんじゃ)は、愛知県名古屋市中区丸の内二丁目にある神社。旧社格県社

由緒[編集]

創建は醍醐天皇の御代、延喜11年(911年)と伝わる[1]。津島牛頭天王社(つしまごずてんのうしゃ、現在の津島神社)を総本社とする天王社のひとつで、当初は亀尾天王社と呼ばれた[1]天文元年(1532年)の合戦で社殿を焼失したが[2]、天文8年(1540年織田信秀により再建されている[2]文禄4年(1595年)、豊臣秀吉が社領348石を寄進する[3]元和6年(1620年)、徳川義直が改めて348石を寄進し社殿を修造する[3]。創建時より若宮八幡社と隣接していたが、慶長15年(1610年)の名古屋城築城の際に、当神社のみ三の丸の郭内に取り込まれ、若宮八幡社は城外に遷座した[1]。これより、三之丸天王社とも呼ばれ、城の総鎮守、城下町の氏神とされた。またこの時、新たに三之丸東照宮(現・名古屋東照宮)と隣接している。

明治維新時に須佐之男神社と改称し、1876年明治9年)名古屋鎮台が城内に置かれたのを機に、東照宮とともに旧藩校明倫堂跡地である現在地に遷座[1]1899年(明治32年)に那古野神社と改称した。1900年(明治33年)には能舞台兼用の神楽殿が建てられて月次能が催されるなどしたという[4]。神社は1945年昭和20年)3月19日の名古屋大空襲で本殿などを焼失[5]、戦後再建された。なお、前述の神楽殿は戦災を免れたが1992年平成4年)に火災で焼失している[4]

例祭[編集]

江戸時代では、例祭である天王祭は東照宮祭、若宮祭とならんで名古屋三大祭とされ、特に若宮祭とは同日であった(現在は別の日)ことから祇園祭と総称された。車楽(だんじり)2両と見舞車10数両が曳き出され賑やかなものであったが空襲で車楽などの大半が失われ[2]、現在では車楽1両が境内に飾られるほか、若宮八幡社への神輿渡御が行われる[6]

また、5月16日の若宮祭では、かつて隣接していた若宮八幡社の山車1両と神輿が、当神社との間を往復する。

祭神[編集]

主な年中行事[編集]

  • 朮火祭(正月1日)
  • 例祭(天王祭)(7月15日、16日)

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 江戸時代の名古屋城下「亀尾天王社(那古野神社)」”. Network 2010 (2011年12月3日). 2014年1月14日閲覧。
  2. ^ a b c 那古野神社について”. 旅に行き隊! (2013年12月5日). 2014年1月14日閲覧。
  3. ^ a b 現地案内板より
  4. ^ a b 林、2007年、pp.94
  5. ^ インターネット戦争資料展 愛知県における空襲の概況・名古屋市 (5/8)”. 愛知県 (2012年3月5日). 2014年1月14日閲覧。
  6. ^ 那古野神社天王祭”. 愛知県観光ガイド. 2014年1月14日閲覧。

参考文献[編集]


外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、那古野神社に関するカテゴリがあります。