三相女神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
「三相一体」の女神のしるし。月の三相(上弦の月、満月、下弦の月)にして、少女・母親・老婆が特徴的な徽章である。
三相一体の女神・ヘカテーの3つの姿。

三相女神(さんそうめがみ)は、太古の昔から世界を創造した地母神の三相と呼ばれている概念。三柱女神三相一体の女神トリプル・ゴッデス: Triple Goddess)とも。

由来[編集]

紀元前7千年紀アナトリアの村では女神の三相を表す、「うら若き少女(妙齢の処女)」、「成熟した母親」、「老婆」の3つの姿が描かれた太女神を崇拝した[1]、「三相一体の女神には3人の最も高貴なものたち」として知られている[2]。それは満ちる月・満月・三日月(欠ける月)というの三相でもあり、死と再生を繰り返す永遠の循環をも意味している。多面性を持った複雑な多種の相を持つ女神や魔女などは、刻々と姿を変える月に重ねられたのである。

概念[編集]

三相一体の地母神の主な概念は、「創造主」・「育成主」・「破壊主」が本来の意味であり、生産、死亡、豊饒、智、海、植物、森、雨、血、生命の循環等を司った。ギリシア神話などでは、「過去→現在→未来」、「生→死→再生」、「創造→維持→破壊」と「生誕→成長→衰亡」を司どる女神ともされて、「運命を支配する姉妹」、「高貴なる者」、「同様に高貴なる者」、「三番目の者」と呼ばれている。女神の三相は地上においては3種の魔女に擬人化されており、即ち「ヨーギニー(妙齢の処女)」、「マートリ(成熟した母親)」、「ダーキニー(老婆)」である。彼女たちで、この時には「自然の女神たち」と呼ばれた。

脚注[編集]

  1. ^ Merlin Stone『When God Was a Woman』より。
  2. ^ Waddell, L. Austine『Tibetan Buddhism』より。

関連項目[編集]