ミニコンポ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ミニコンポ和製英語mini compo)とは小型のコンポーネントステレオといったような意味だが、主として日本で発展したオーディオ機器の一形態である。

概要[編集]

もともとは1970年代に、コンポーネントステレオ[1]のバリエーションとして登場した一回り小さい製品群を指して呼んだのが「ミニコンポ」であったが、メーカ毎に異なる・あるいは協同の商品戦略や、時代の変遷によりその指すものは大きく変化を続けている。現状、一般的に据置型でスピーカーが分離できるオーディオ・システム一般をだいたい指している。

「ミニコンポ」は元々は、いわゆる「コンポーネントステレオ」のフルサイズと言える、19インチラックに架装するPA機材のサイズと同程度の幅17インチ[2]から、横幅で80%程度に縮小したサイズの製品群であった。他にも「ミニ・ステレオ」等の呼称があり、各社の発売が集中したミニコンポ元年ともいえる1978年当時、ミニコンポという名称を使用していたのはパイオニアのMiniシリーズ[3]とアイワのマイペースシリーズ[4]で、A4サイズを採用したTechnicsはコンサイスコンポ、当時最小のB5サイズで発売した東芝Aurexではマイクロコンポという名称を用いるなど特に決まっていなかったが、分かりやすさから次第にミニコンポという名称が普及して行った。必然性は無いのであるが、業界の流行として、この頃[5]のミニコンポには最初から各コンポーネントがシリーズ化され、セット販売を前提とした、いわゆるシステムコンポ[6]も多い。

音楽パッケージの形態がLPレコードからコンパクトディスク(CD)やミニディスク(MD)に移行し、スイッチング電源や高出力アンプがモジュールIC化される等の進歩と、より広く一般への普及を狙ったメーカの戦略により小型化はさらに進行し、幅が約半分のサイズの「ミニミニコンポ」、更に小さい「マイクロコンポ」などという呼称もあらわれた。「マイクロコンポ」は、由来からは「コンポ」の語にあたらない、単にスピーカーのみが分離している形態[7]を指しても使われた。現在ではそれらの全てを含め、フルサイズ以外の(フルサイズより小さい)、据置型でスピーカーが分離できるオーディオシステム一般をだいたい指して「ミニコンポ」と呼ばれている。

オーディを機器を指して単に「コンポ」と呼ぶのは、ほぼ和製英語的用法で、英語では「Stereo component system」や「シェルフ・ステレオ」(Shelf stereo)、「ミニシステム」、「マイクロシステム」等といった表現が、これらに相当する機器に対して使われている。

特徴[編集]

歴史[編集]

ステレオの普及は1960年代から始まるが、1970〜1980年代に流行したコンポーネントステレオに代表される、大型のシステムが大半だった。これらよりも小型のステレオとして、レシーバーとレコードプレーヤーをひとつの筐体に収め、それにスピーカーを付属したモジュラーステレオが1960年代後半から登場する。後にカセットデッキが搭載されたモデルも登場し、1970年代後半までステレオのエントリーモデルの主流となっていた。

1978年から1979年にかけて、フルサイズコンポ並みの音質や出力などの性能を維持しながら、各ユニットの幅や高さ奥行きを大幅に小型化したコンポーネントステレオが、ソニーテクニクスダイヤトーンAurex東芝)、アイワから相次いで発売されている。最先端のスイッチング電源を採用した小型でありながら大出力を実現したメインアンプや、当時の高級チューナーで採用されつつあったPLLシンセサイザー方式のチューナーをラインナップに据え、筐体にはアルミダイキャストやアルミ引き抜き材を前面パネル以外にも多用するなど、小型でも重量があり高級感あふれるフルサイズコンポの凝縮版といった外観がモデルの特徴となっていた。各社それぞれに主張する小型化へのサイズは異なりA4サイズやB5サイズなどバラバラであり、ミニコンポの各社共通のサイズ統一規格化はされなかった。これらが源流となり、初代からコストダウンするかたちで1980年代前半からミニコンポが続々登場するようになる。

1980年代後半になるとCDプレーヤーの搭載が標準となり、若者の目を引く派手なグラフィックイコライザーの搭載や、一部の高級機ではレーザーディスクプレーヤーの搭載、テレビと連携したサラウンド音声にも対応するなど、多機能化が進んだ。この当時は従来からのコンポの流れを受け継ぎ、各ユニットが別体になったモデルが大半だった。この頃にはプラスチックなどでコストダウンしやすい黒色がボディーカラーの主流になって行った。ビデオデッキをこれらに接続して高音質で聞く、といった販促活動も見られたのがこの時期である。一部のユーザーはファミコンなどをミニコンポに接続して高音質でゲームを楽しむものさえいた。

1990年代に入ると、アイワが各ユニットの接続が不要なオールインワン型のミニコンポを発売し、低価格モデルを中心に主流となる。同時期にMDが台頭すると、カセットデッキに代わりMDデッキを搭載した機種が登場している。低価格モデルの価格競争が激しくなる一方で、ケンウッドオンキヨーデノンティアックパイオニア(現・オンキヨー&パイオニア)などからは、小型サイズの高級オーディオといった趣きを持つ、従来のミニコンポとは一線を画した原点回帰ともいえる高級・プレミアムモデルが発売される。これらは「ハイコンポ」または「プレミアムミニコンポ」とも呼ばれ、他のミニコンポを持つメーカーも追随した。

2000年代になりiPodに代表されるデジタルオーディオプレーヤーが普及すると、コンポに内蔵されたハードディスクドライブフラッシュメモリへ音楽を取り込み、デジタルオーディオプレーヤーへの転送や充電も可能なモデルが登場した。

2010年代に入ると、AirPlay対応のネットワークオーディオプレーヤー機能を内蔵したり、インターネットラジオの再生に対応したものなどが登場している。その一方で、カセットデッキ及びMDデッキを搭載したミニコンポは、2016年現在では既に全てのメーカーで販売が終了した。カセットデッキ搭載のコンポに関しては上記の用途とは異なるが保存用途向けのUSBやCD-RW対応レコードプレイヤー一体コンポには搭載されている。またシステムコンポではなく単品コンポ的なスペックとごくちいさな筐体サイズ[8]という新しいコンセプトの製品が、東和電機[9]からNANOCOMPOという名前で登場した。

近況[編集]

2016年現在の時点では、iphone等のスマートフォンで音楽を楽しむスタイルが普及しており、Lightningコネクタケーブルを用いてコンポのUSB端子に挿して充電と音楽再生ができる機種が主流でBluetooth受信機搭載で離れた場所からワイヤレスによる再生も求められている。一方、パソコンでの音楽管理を行わないスタイルの人の為にCDラジオ等をUSBフラッシュメモリSDメモリーカードに録音できる機種も未だ人気で生産は継続されている。

日本の業界のみの現象であるが、2014年以降毎年ハイレゾリューションオーディオ元年等とキャンペーンを打ち、「ハイレゾ対応」と称するFLACApple LosslessAIFFなどや、DSDフォーマット(DSF、DSDIFF、WSD)の再生が可能なコンポまたはミニコンポ等が宣伝され、家電製品店ですら小さな特集が組まれている。高音質FLACでリリースするLinn Recordsのようなレーベルもなくはないので、この動きは今後継続が予想される。

ONKYOやSANSUIのようにFMはあってもAMチューナーが最初から省かれているタイプも目立ってきた。これはワイドFMであれば民放のAM局やところによってはNHK第1までFMで聴取することができるため、AMチューナーの必要性が希薄になったためとみられる。国内のミニコンポメーカーはすべてワイドFMに対応を完了した。

生産を継続する主なメーカー別ミニコンポの歴代シリーズ(ブランド)名[編集]

★マークのつくシリーズは現在発売中のシリーズ。☆のつくシリーズはハイコンポまたはプレミアムミニコンポ扱いのミニコンポ。

オンキヨー(オンキヨー&パイオニア ONKYOブランド含む)[編集]

  • Radian(ラディアン)- 1970年代初頭に単品ピュアオーディオ用スピーカーシステムのブランドとして存在した時期があった
  • ESSAY(エッセイ)
  • INTEC(インテック)★☆ - 登場当初は本体幅275mmのINTEC 275シリーズで販売開始、その後、本体幅185mmのINTEC 185シリーズ、および本体幅205mmのINTEC 205シリーズ、本体幅155mmのINTEC 155シリーズへ展開。2013年9月を以って同シリーズは一時休止となっていたが2016年11月にネットワークオーディオ対応システムとして復活した
  • FR(エフアール)★☆ - 登場当初はフルサイズ級(本体幅430mm前後)のMDデッキを標準搭載したCDレシーバーシステムとして販売されていたが後にハーフサイズ級(本体幅215mm)に凝縮され現在の形となり、その後2013年以降に開発・発売されたモデルよりMDデッキの搭載が廃止され、代わりにSDメモリーカードUSBメモリを用いた録音/再生機能に標準対応となる。一時期、本体幅155mmのFR 155シリーズも混在していた
  • CR(シーアール)★☆ - 上記のFRシリーズの上位シリーズに当たるCDレシーバーシステム。愛称は「MusicBarista」(ミュージックバリスタ)。当初は先述のINTEC 185シリーズとして販売されていたがフルサイズ級のCDレシーバーシステムとして路線変更・ブランド独立を経て、ハーフサイズ級(本体幅215mm)のCDレシーバーシステムに再び路線変更され現在の形となった。ちなみに2016年12月現在のラインアップの場合、上位機種(CR-N765)はネットワークオーディオに対応し、一方の普及機種(CR-555)はネットワークオーディオに非対応となる
  • BR(ビーアール)☆ - 80GBHDDを搭載したネットワーク対応CD/HDD一体型ミニコンポ。後述するソニーのネットワーク対応CD/HDD一体型ミニコンポの「NETJUKE」同様、内蔵HDDに音楽CDの音楽データのリッピングが可能なほか、FM/AMチューナーやライン入力に接続されたソースの音声などをキャプチャー(録音)する事や有線ネットワーク(LAN)経由でPC共有フォルダ内にあるMP3ファイルの取り込み、更にPCを一切介さずネットワーク音楽配信サイト「AnyMusic」(2013年1月17日を以ってサービス終了)を利用してシングルやアルバムのダウンロード購入やオンラインCDショップでのCD予約・購入する事も可能だった。製品としては短命に終わったものの、その思想は上記のCR-N7#5シリーズに引き継がれる事となる
  • X-UD/X-U(エックス ユーディー/エックス ユー)★ - 主にiPhone、およびiPodユーザー向けに特化したカジュアル系ミニコンポ

ケンウッド(現・JVCケンウッド KENWOODブランド)[編集]

  • ROXY(ロキシー)
  • ESPACE(エスペース)
  • ALLORA(アローラ) - 末期にはNEW ALLORAと表記していた
  • FORVISM(フォービズム) - LDプレーヤー搭載
  • K's(ケイズ)☆
  • WOODSTOCK(ウッドストック) - CDラジカセとシリーズ名を共用
  • Avino(アヴィーノ)☆
  • AFiNA(アフィーナ) - 販売はソーテック(現・オンキヨー&パイオニア
  • Kseries(ケーシリーズ)★☆ - 先述のK'sに代わる事実上の後継ブランド。最上位機種はネットワークオーディオに対応(ただしCDプレーヤーは非搭載)
  • ProDino(プロディノ)

山水電気(サンスイ)[編集]

  • CLUB SANSUI(クラブサンスイ)☆
  • E-COMPO(イー コンポ)
  • CDステレオシステム SMS-800BT, SMC-570BT, SMC-150BT (Hi-Fiオーディオ扱い)★

ソニー[編集]

  • AIRPORT(エアポート)
  • PRESICE(プリサイス) - 実質ソニーの初代ミニコンポ。発売当時、広告ではマイクロコンポーネントと自称していた。プリメインアンプに当時最先端のスイッチング電源を採用し、チューナーにPLLシンセサイザー方式を搭載して幅215mm、高さ80mm、にまで小型化した点が特徴となっていた
  • NewYork(ニューヨーク) - 日本初のプリメインアンプ・FM/AMチューナー・カセットデッキ一体型レシーバーシステムの祖として知られる
  • FALCON(ファルコン) - 発売はPRESICEに先行するが、サイズが奥行きこそ140mmだが、幅が430mmフルサイズコンポ並みに大きかった。パワーアンプを両スピーカーに内蔵させることでユニットの小型化を実現した
  • Liberty(リバティー) - 『CD V1』[10]は1983年発売、ミニコンポの思想を定着させた。
  • STANZ(スタンツ)
  • MEDIA(メディア)
  • pixy(ピクシー)
  • COMPO S(コンポエス)☆
  • Qbric(キューブリック)
  • pepz(ペップズ)
  • Listen(リスン)
  • SoundGate(サウンドゲート)
  • BitPlay(ビットプレイ) - オペレーティングシステム(OS)にWindows 2000 Professionalを、CPUに動作クロック周波数800MHzのIntel Celeronをそれぞれ搭載したAVコンポ。パソコンとしても使用可能
  • NETJUKE(ネットジューク)
  • MAP-S1★☆ - ネットワークオーディオ対応CDレシーバーシステム
  • HAP-S1★☆ - CDプレーヤーの代わりにハードディスクを搭載したミュージックサーバー兼用ネットワークオーディオレシーバー
  • CMT-SBTシリーズ★

ティアック[編集]

  • EARNEST(アーネスト)☆
  • Reference(リファレンス)☆
  • HR-X101☆★ - 192kHz/24bitのハイレゾ音源に対応したプレミアムCDマイクロコンポ

デノン(旧・日本コロムビア DENON/COLUMBIAブランド)[編集]

  • カレラ
  • Lapisia(ラピシア)☆
  • ef(エフ)☆
  • PRESTA(プレスタ)☆
  • CONCEPT(コンセプト)
  • 音聴箱(おとぎばこ)
  • Fシリーズ★☆
  • Mシリーズ★☆
  • Nシリーズ★☆

東芝[編集]

  • Aurex(オーレックス)・マイクロコンポ /当時最小のB5サイズをセールスポイントにした。(2016年に復活したハイレゾ対応コンポは、その形状からマイクロとはとても呼べない。)★☆

日本ビクター(現・JVCケンウッド JVCブランド)[編集]

  • CREATION(クリエイション) - 発売当初はフルサイズ級システムで展開されていた
  • ROBOT COMPO(ロボットコンポ) - 発売当初はクリエイションシリーズの一つであった
  • COMPO34(コンポ サーティフォー)
  • MEZZO(メッツオ) - BSチューナー、コードレス留守番電話搭載機種あり
  • Arte(アルテ)☆
  • HMV(エイチエムブイ)☆
  • O Compo(オーコンポ)
  • Lip×Lap(リップ×ラップ)
  • aosis(アオシス)
  • ETERNO(エテルノ)
  • Memory COMPO(メモリーコンポ)
  • WOOD CONE(ウッドコーン)★☆ - 最上位機種はネットワークオーディオに対応(ただしCDプレーヤーは非搭載)

日本マランツ(現・マランツコンシューマーマーケティング)[編集]

  • ZEROCON(ゼロコン)
  • Half-Size(ハーフサイズ)
  • MUSIC LINK(ミュージックリンク)★☆ - 一連のハイコンポ、およびミニコンポとしては最も高額なシリーズ
  • SLIM(スリム)
  • SLIM ARIA(スリムアーリア)
  • ARCH(アーチ)
  • DESIGN(デザイン)
  • CINEMARIUM(シネマリウム) - AVコンポ
  • M-CR611★☆ - ネットワークオーディオ対応CDレシーバーシステム

パイオニア(現・オンキヨー&パイオニア Pioneerブランド)[編集]

  • Mini Component(ミニ・コンポーネント) - 幅380mm×高さ83mmと無理な小型化を追求しなかった
  • Private(プライベート) - ブランド末期にはクラスで唯一、レーザーディスクプレーヤーを搭載したことがある。2017年現在は携帯型デジタルオーディオプレーヤーのブランドとして展開中[11]
    • Private PRO(プライベート プロ)☆ - 今日のプレミアムミニコンポ(ハイコンポ)のとなったシリーズ。そのためか中堅クラスの価格帯の単品ピュアコンポに迫るクオリティーを持っていた
  • WAVE - Privateベースの上位機
  • SELFIE(セルフィー)
  • COLLECTION(コレクション)☆ - パイオニア初の本格的なプレミアムミニコンポ
  • FX(エフエックス) - 各ユニット間、光ケーブルによりフルデジタル接続
  • RMX(アールエムエックス)- DJ機器を意識した異色のリミックス対応ミニコンポ
  • FILL(フィル)☆
  • L+(エルプリュス)
  • I-D(アイディ) - DVDプレーヤー搭載
  • X-Zシリーズ(ゼットシリーズ)☆ - SACDプレーヤー搭載
  • MusicTap(ミュージックタップ)- PLC搭載
  • XC-HMシリーズ★☆ - 上位機種はネットワークオーディオに対応
  • X-CMシリーズ★
  • X-EMシリーズ★

パナソニック(旧・松下電器産業)[編集]

  • コンサイス - 初めはテクニクスブランドでの生産、その後現在のパナソニックブランドでも生産 / 初代はA4サイズで登場
    • コンサイス・G☆
    • コンサイス・mini☆
      • SC-CA7 - アナログパワーメーター等のテクニクスで培われた機能や高音質設計をベースに、レスティSC-CH530の殆どの機能を搭載。事実上SC-CH530の後継モデル。5CDチェンジャーを搭載。プリメインアンプにNEWクラスAを採用したレスティとは大きく異なり、本モデルではプリアンプとパワーアンプが独立しており、パワーアンプのみNEWクラスAを搭載。オプションで見えるラジオ、MDデッキに対応。
  • HALFコンポ(ハーフコンポ)
  • RESTY(レスティ) - 上位機種にはDCCデッキ搭載
  • P-COMPO(ピーコンポ)
  • D-dock(ディードック)
  • SC-PMシリーズ★
  • SC-PMXシリーズ★☆ - 上位機種はネットワークオーディオに対応

ボーズ[編集]

  • AMS
  • WestBorough(ウエストボロウ)☆
  • 3・2・1 - AVコンポ
  • SOUNDTOUCH ★ - Bluetooth対応。

ヤマハ(現・ヤマハミュージックジャパン)[編集]

  • TIFFANY(ティファニー) - ASTシステム搭載
  • TOP-ART(トップアート)☆
  • CinemaStation(シネマステーション) - AVコンポ
  • Piano Craft(ピアノクラフト)☆
  • MCR-Nシリーズ★☆

生産を停止した主なメーカー別ミニコンポの歴代シリーズ(ブランド)名[編集]

A&D(現・AKAI Professional)[編集]

シャープ[編集]

  • OPTONICA・LIVE-50(オプトニカ・ライブ50) - 幅こそ423mmと標準(フル)サイズながら、奥行きを159mmに抑え小型化したコンポ
  • ZETA(ゼータ)
  • MD COMPO(エムディーコンポ)
  • MD Studio(エムディースタジオ) - MDシステムとシリーズ名を共用
  • Auvi(アウビィ) - CD/MDレシーバーシステム、およびMDデッキ一体型DVDシアターシステム、パーソナルCD/MDシステムなどとシリーズ名を共用

アイワ(現・ソニーマーケティング)[編集]

  • My Pace(マイペース)
  • STRASSER(シュトラッサー) - CDラジカセとシリーズ名を共用
  • CDざんまい - 3枚CDチェンジャーデッキ搭載、一部機種には5MDチェンジャーもあった。

ダイヤトーン(三菱電機)[編集]

  • DIATONE μ(ダイヤトーン ミュー) - テクニクスのコンサイスコンポ、およびソニーのファルコンに対抗するために投入された
  • Roboty(ロボティ) - オートチェンジャー式アナログカセットデッキが標準搭載されているのが特徴。1980年代当時の一連のミニコンポとしては異彩を放っていた。

ナカミチ[編集]

日立製作所(現・日立コンシューマエレクトロニクス)[編集]

  • Lo-D(ローディー)
  • Wing(ウィング)
  • PeeWee(ピーウィー)

ブラザー工業[編集]

  • JOYSOUND(ジョイサウンド) - シリーズ名ではなく、ブラザーのオーディオブランドであった。後にグループ企業・エクシング通信カラオケのサービス名に転用された。

脚注[編集]

  1. ^ 略して「コンポ」
  2. ^ 約432ミリ
  3. ^ 広告媒体で使用。
  4. ^ 製品本体バッジに使用。
  5. ^ 1980年代
  6. ^ 略称「シスコン」
  7. ^ いわゆるコンポ以前の「セパレート型ステレオ」に相似している
  8. ^ CDケース数枚程度
  9. ^ Olasonicブランド
  10. ^ ステレオコンポーネントシステムのCD対応シリーズ。オプションで「CDP-101」が組み込めるようになっている。
    『昭和55年 写真生活』(2017年、ダイアプレス)p104
  11. ^ Private XDP-30R - オンキヨー&パイオニア

関連項目[編集]