AUX端子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

AUX端子(オックスたんし、オークスたんし)とは、外部機器を接続する端子のこと。「補助」「予備」などの意味の Auxiliary が語源である。

さまざまな種類の外部機器に備わっている音声出力端子に接続した音声接続コードを、AUX端子がある音声機器へと接続して音声を入力し、聞いたり音声を収録したりする為の音声接続端子である。主にオーディオ機器に備えられているほか、近年ではカーオーディオにもこの端子を備えたものがある。

これとは別に、一部の高級電子ピアノなどには「AUX OUT」としてスピーカーなどの外部機器に音声を出力する機能がある製品が存在する。

関連項目[編集]