HALFコンポ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

HALFコンポとは、松下電器産業(現:パナソニック)が発売したミニミニコンポのブランド名。1990年発売。

特徴[編集]

バブル期の発売だったため、高級機に迫るデザインテクニクス譲りの高音質設計、本体幅215mmのコンパクト設計が特徴であった。

モデル[編集]

第1世代モデル[編集]

SC-CH10
SC-CH10
1990年7月発売。ドルビープロロジックと3WAYスピーカーを採用し、リアスピーカー、センタースピーカーとの接続に対応。標準価格は139,800円だった。
SC-CH9
3WAYスピーカーを採用、EQレベルは本体に付いたつまみを操作して調整する。ドルビープロロジックは非採用。標準価格は107,500円だった。
SC-CH7
1990年12月発売。電子カウンター&ピクチャーディスプレイを搭載。CDカセットデッキのオープン時には窓が開き、トレイが出るしくみになっている。好みの音質・音場が簡単につくれるサウンドジョグ・コントローラーを搭載。ドルビーB&Cに対応。標準価格は97,000円だった。
SC-CH5
1990年12月発売。2BOX構成のエントリーモデル。ドルビーBに対応。

第2世代モデル[編集]

SC-CH900
SC-CH700
前モデルと同様に電子カウンター&ピクチャーディスプレイを搭載。新たに3WAYバスレフ型スピーカー、ファインデジタルコントロールアンプ(プロセッサー部出力からアンプ部へはアナログ伝送)、3デジタル (CD, BS, DAT) 光ネットワーク、ドルビーB&CとドルビーHXPRO、再生ソースからプロセッサー部のDAC部までをデジタル処理するシステムを採用(アナログデータはAD変換される)。端子類を装備して、AVファンクション機能を持たせた。プロセッサー部のDACには「MASH」を搭載した(1chずつにDACを搭載する2DAC方式)。
CH700は1991年9月に発売されたスタンダードモデル。標準価格は129,000円。
CH900は同年10月に発売され、ドルビーサラウンド・プロロジックを搭載した本格AV設計の上位モデルである。CH700との違いは、ダブルカセットデッキ部のディスプレイに録音レベルメーターの追加、前面アルミパネル採用、木目調のスピーカーエンクロージャー採用などである。
SC-CH55
1991年7月発売。1BOX構成のエントリーモデル。

CM曲[編集]

CH10
FLYING KIDS 「我想うゆえに我あり」
CH7
ASKAはじまりはいつも雨
CH900, CH700
CHAGE&ASKA僕はこの瞳で嘘をつく
川村かおり「見つめていたい」

関連項目[編集]