ベルト・ド・オランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベルト・ド・オランド
Berthe de Hollande
フランス王妃
Bertha of holland.jpg
在位 1072年 - 1092年

出生 1058年
ホラント伯領、フラールディンゲン
死去 1093年7月30日
フランス王国モントルイユ
結婚 1072年1092年離婚)
配偶者 フランス王フィリップ1世
子女 コンスタンス
ルイ6世
アンリ
シャルル
ウード
家名 ホラント家
父親 ホラント伯フロリス1世
母親 ゲルトルート・フォン・ザクセン
テンプレートを表示

ベルト・ド・オランドBerthe de Hollande)またはベルト・ド・フリーズBerthe de Frise, 1058年頃 - 1093年7月30日)は、フランスフィリップ1世の最初の王妃。実父は西フリースラント伯(後のホラント伯)フロリス1世、母はザクセン公ベルンハルト2世の娘ゲルトルート。父が1061年に死去した後、母はフランドル伯ロベール1世(フリース人伯)と再婚している。

オランダ語名はベルタ・ファン・ホラントBertha van Holland

生涯[編集]

実父フロリス1世と母ゲルトルートの第4子長女として生まれる。ザクセン公女である母を介し、有力であった名家ビルング家の流れをくむ。

1061年6月にユトレヒト司教ヴィレム1世に唆された父が殺害されれ、母ゲルトルートは突然、幼い遺児3子を抱えて寡婦となり、1063年に継父ロベール1世と再婚した。以降、ベルトは継父の後見の下で育つ。

1070年、継父ロベール1世が彼の実兄ボードゥアン6世の死後、遺言での兄との約束を破りフランドル伯領を主張し、その遺児で相続人のアルヌール3世と寡婦となった後、若年の息子に代わり摂政となる予定であったリチルドとの間で相続争いが起こった。ロベールは1071年2月のカッセルの戦いでアルヌール3世の戦死により勝利し、フランドル伯位を得た。

しかし、ロベール1世は以上の行動により、兄嫁リチルドと甥アルヌール3世を支持し軍事的支援を与えていたフランス王フィリップ1世と対立することになってしまった。

母ゲルトルートが再婚後、ロベール1世との間にもうけたベルトの異父妹達は結婚するにはまだ幼過ぎたため、ロベールは当時16歳程で結婚適齢期を迎えていた継子のベルトをフィリップ1世との縁談相手とし手配した。

1072年、継父ロベールとフィリップ1世の和平の一環として、ベルトはフィリップ王に嫁いだ。[1]

ベルトはフィリップ1世の王妃候補の中では最も地位が低く、いわゆる泡沫候補であったが縁談の数が少なかった上、ベルト以外の女性達はフィリップの血縁者であり近親婚となることを懸念された。その点、ベルトはカロリング朝含めたフランス王家の血を引いていないため適切であるされ、フィリップ1世の妃に選抜された。

この結婚で得られた王の肩書は権威となったが、ベルトは夫の狭い王領に留まり、王威はパリとオルレアン周辺にしか及ばなかったため、ほとんど意味をなさなかった。

フィリップ1世との結婚後6年の不妊に悩まされたが、1078年以降4男1女が生まれた。

1090年頃、夫フィリップ1世はこの結婚により、義父であるフランドル伯に頭が上がらない日々に嫌気が差し、一説によれば、突然ベルトの『太り過ぎ』を口実に、夫フィリップ1世から離縁を申し渡されたと伝えられている。しかし、当時のフリップも太り過ぎが原因で乗馬ができない状態であった。

ベルトがフランス王室に嫁いで来た際の持参金であった領地のほとんどを占めるモントルイユの要塞に王妃を軟禁した。そして1092年、偽の家系図を作成し、教皇にベルトと自分の血族関係をでっち上げ、婚姻の無効を訴えベルトとの離婚を成立させた。

その後、フィリップ1世はシチリアルッジェーロ1世に使節を送り、娘のエンマに求婚する等、別の女性との再婚を企てた。フィリップはベルトと離婚した年内、アンジュー伯フルク4世と共に謁見に来たその妻、ベルトラード・ド・モンフォール出会い、その若さと美貌に魅了されて自分の臣下から妻を奪い取る形で再婚し、後妻とした。

不本意な離婚を強いられたベルトは失意の中、幽閉先で翌1093年に死去した。

脚注[編集]

  1. ^ 佐藤、p. 53

参考文献[編集]