コンスタンス・ダルル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コンスタンス・ダルル
Constance d'Arles
フランス王妃
Constancie z Provence.jpg
在位 1001年 - 1031年

出生 986年
アルル王国アルル
死去 1032年7月25日
フランス王国ムラン
埋葬 フランス王国サン=ドニ大聖堂
配偶者 フランス王ロベール2世
子女 アデライード
ユーグ
アンリ1世
アデル
ロベール1世
ウード
コンスタンス
家名 プロヴァンス家
父親 プロヴァンス伯ギヨーム1世英語版
母親 アデライード・ダンジュー
テンプレートを表示

コンスタンス・ダルルConstance d'Arles, 986年 - 1032年7月25日)は、フランス王ロベール2世の3番目の妃。

コンスタンス・ド・プロヴァンスConstance de Provence)とも呼ばれる。

略歴[編集]

父はアルル伯およびプロヴァンス伯ギヨーム1世英語版、母はその2番目の妻でアンジュー伯フルク2世の娘のアデライードである。

1031年、夫ロベール2世が死去し、次男アンリ1世が単独の王となったが、コンスタンスはアンリよりも他の息子ロベールおよびウードを愛し、2人の息子に反乱を起こさせた。アンリ1世はロベールにブルゴーニュ公位を与えることでこれを鎮めた[1]

1032年、ムランで死去した。

子女[編集]

1001年にロベール2世と結婚し、7人の子をもうけた。

脚注[編集]

  1. ^ レジーヌ・ペルヌー 『中世を生きぬく女たち』 白水社、1988年、p. 288。