マルグリット・ド・プロヴァンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルグリット・ド・プロヴァンス
Marguerite de Provence
フランス王妃
MarkProvence.jpg
出生 1221年
フォルカルキエ
死去 1295年12月21日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ
埋葬  
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国サン=ドニ大聖堂
配偶者 フランスルイ9世
子女 一覧参照
父親 プロヴァンス伯レーモン・ベランジェ4世
母親 ベアトリス・ド・サヴォワ
テンプレートを表示

マルグリット・ド・プロヴァンス(Marguerite de Provence, 1221年頃 - 1295年12月21日)は、フランスルイ9世の王妃。プロヴァンス伯レーモン・ベランジェ4世の長女で、妹にイングランドヘンリー3世の妃エレオノール、ヘンリーの弟コーンウォール伯リチャードの妃サンシー (Sanchia of Provence、ルイ9世の弟シチリアシャルル・ダンジューの妃ベアトリスがいる。

1234年5月27日にルイ9世と結婚した[1]1248年以降十字軍に参加したルイ9世に同行している[2]

子女[編集]

ルイ9世との間には6男5女が生まれた。

脚注[編集]

  1. ^ 佐藤、p. 169
  2. ^ 佐藤、p. 173

参考文献[編集]

  • 佐藤賢一 『カペー朝 フランス王朝史1』 講談社現代新書、2009年