ロザーラ・ディタリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロザーラ・ディタリー
Rozala d'Italie
フランス王妃
Susanna of Italy.jpg
出生 950/60年
死去 1003年2月7日
ヘント
配偶者 フランドル伯アルヌール2世
  フランスロベール2世
子女 ボードゥアン4世
マティルド
父親 イタリア王ベレンガーリオ2世
母親 ウィラ・ディ・トスカーナ
テンプレートを表示

ロザーラ・ディタリー(Rozala d'Italie, 950/60年 - 1003年2月7日)は、イタリア王ベレンガーリオ2世の娘。ロザーラ・ド・プロヴァンス(Rozala de Provence)とも、シュザンヌ・ディタリー(Suzanne d'Italie)とも呼ばれる。

生涯[ソースを編集]

初めフランドル伯アルヌール2世と結婚し、ボードゥアン4世らをもうけた。

最初の夫と死別後、フランス王ユーグ・カペーの取り決めによって、その嗣子で共同君主に立てられていたロベール2世の最初の妃となった。しかし996年、ユーグの死去により単独統治を開始したロベールによって離縁された。ロベールとの間に子はなかった。