アデル・ド・サヴォワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アデル・ド・サヴォワ
Adèle de Savoie
フランス王妃
Adelaidesavojska.jpg
在位 1115年 - 1137年

出生 1092年
サヴォイア伯領サン=ジャン=ド=モーリエンヌ
死去 1154年11月18日
Flag of France (XII-XIII).svg フランス王国モンマルトル
埋葬 Flag of France (XII-XIII).svg フランス王国パリサン=ピエール・ド・モンマルトル教会
結婚 1115年8月3日 パリ
配偶者 フランスルイ6世
  マチュー1世・ド・モンモランシー英語版
子女 一覧参照
父親 サヴォイア伯ウンベルト2世
母親 ジゼル・ド・ブルゴーニュ
テンプレートを表示

アデル・ド・サヴォワ(Adèle de Savoie, 1092年 - 1154年11月18日)は、フランスルイ6世の2番目の王妃。アデル・ド・モーリエンヌ(Adèle de Maurienne)とも呼ばれ、名前はまたアデライード(Adélaïde)、アリックス(Alix)とも呼ばれる。父はサヴォイアウンベルト2世、母はブルゴーニュ伯ギヨーム1世の娘ジゼルで、ローマ教皇カリストゥス2世の姪に当たる。

1115年にルイ6世と結婚し、7男2女をもうけた[1]

1137年に次男ルイ7世が即位すると母后として権勢を振るおうとしたが、息子の嫁アリエノール・ダキテーヌと対立、パリの宮廷から出てコンピエーニュの領地に引き籠り、マチュー1世・ド・モンモランシー英語版と再婚した。1144年サン=ドニ大聖堂献堂式には息子夫婦と共に出席している[2]

1154年、死去。パリのサン=ピエール・ド・モンマルトル教会Église Saint-Pierre de Montmartre)に埋葬された。

子女[編集]

最初の夫ルイ6世との間に7男2女をもうけた。

2番目の夫マチュー1世との間に1女をもうけた。

  • アデル(生没年不詳)

脚注[編集]

  1. ^ 佐藤、P72。
  2. ^ 桐生、P24 - P25、P32、石井、P90 - P92、P125、ペルヌー、P37 - P38。

参考文献[編集]