ベルト・ド・ブルゴーニュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『ロベール敬虔王の破門』 ジャン=ポール・ロラン作(1875年)、オルセー美術館

ベルト・ド・ブルゴーニュ(Berthe de Bourgogne, 964年頃 - 1010年1月16日)は、ブロワ伯ウード1世の妃、のちフランスロベール2世の2番目の妃。父はブルグントコンラート、母は西フランクルイ4世の娘マティルダ。名はドイツ名でベルタ(Bertha)とも。

初めブロワ伯ウード1世と結婚し、ウード2世ら5人の子をもうけた[1]

先夫と死別後、996年にフランス王ロベール2世と再婚した。ロベールは最初の妃ロザーラと離婚してベルトとの結婚に踏み切ったが、ロベールの父方の祖母とベルトの母方の祖母が共にドイツ王ハインリヒ1世(捕鳥王)の娘という又従姉弟の関係であったため、教皇グレゴリウス5世教会法の禁ずる近親婚であるとして結婚を認めず、997年にロベールを破門にした[2]。のち、次の教皇シルウェステル2世によって1000年に婚姻の無効が宣告された。

脚注[編集]

  1. ^ ペルヌー、p. 217
  2. ^ 佐藤、p. 43

参考文献[編集]

  • レジーヌ・ペルヌー 『中世を生きぬく女たち』 白水社、1988年、p. 217-218
  • 佐藤賢一 『カペー朝 フランス王朝史1』 講談社現代新書、2005年、p. 43-44