イザベル・ダラゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イザベル・ダラゴン
Isabelle d'Aragon
フランス王妃
Isabella of Aragon1.jpg
出生 1247年
死去 1271年1月28日
コゼンツァ
埋葬  
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国サン=ドニ大聖堂
配偶者 フランスフィリップ3世
子女 ルイ
フィリップ4世
ロベール
シャルル
父親 アラゴンハイメ1世
母親 ビオランテ・デ・ウングリア
テンプレートを表示

イザベル・ダラゴン(Isabelle d'Aragon, 1247年 - 1271年1月28日)は、フランスフィリップ3世の王妃。父はアラゴンハイメ1世、母はその2番目の妃でハンガリーアンドラーシュ2世の娘ビオランテ

生涯[編集]

1262年にクレルモン(現クレルモン=フェラン)で、当時ルイ9世の王太子であったフィリップと結婚した[1]。2人の間には4男が生まれた(他に1男を死産)。

  • ルイ(1265年 - 1276年)
  • フィリップ4世(1268年 - 1314年) - フランス王
  • ロベール(1269年 - 1271年)
  • シャルル(1270年 - 1325年) - ヴァロワ伯。ヴァロワ家の祖。
  • 男子(1271年、死産)

1270年に夫フィリップの即位により王妃となったが、翌1271年に落馬事故のため5人目の子を死産して間もなく死去し、同年8月の戴冠式に臨むことはなかった。遺体はサン=ドニ大聖堂に葬られた。

脚注[編集]

  1. ^ 佐藤、p. 193

参考文献[編集]

  • 佐藤賢一 『カペー朝 フランス王朝史1』 講談社現代新書、2009年