ビオランテ・デ・ウングリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビオランテ・デ・ウングリア
Violante de Hungría
アラゴン王妃
Tomba Violant d'Hongria.JPG
ビオランテの棺

出生 1216年
ハンガリー王国エステルゴム
死去 1251年10月9日
アラゴン王国ウエスカ
埋葬 リェイダ、サンタ・マリア・ダ・バルボナ王立修道院
配偶者 アラゴン王ハイメ1世
子女 本文参照
家名 アールパード家
父親 ハンガリー王アンドラーシュ2世
母親 ヨランド・ド・クルトネー
宗教 ローマ・カトリック
テンプレートを表示

ビオランテ・デ・ウングリアスペイン語: Violante de Hungría, 1216年頃 - 1251年10月9日)は、アラゴン王・バルセロナ伯ハイメ1世の2度目の王妃。名はヨランダYolanda, Iolanda)とも。カタルーニャ語ではビオラン・ドングリアViolant d'Hongria)。ハンガリーアンドラーシュ2世と王妃ヨランド・ド・クルトネーのただ一人の子として、エステルゴムで生まれた。ハンガリー語名はヨラーンタJolánta)。

1235年、ハイメ1世と結婚した。2人の間には10子が生まれた。

1251年にビオランテはウエスカで死去し、リェイダにあるサンタ・マリア・ダ・バルボナ王立修道院(ca)に埋葬された。