リュシエンヌ・ド・ロシュフォール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リュシエンヌ・ド・ロシュフォール
Lucienne de Rochefort

称号 フランス王太子妃
出生 1088年
死去 1137年5月6日以降
配偶者 フランス王太子ルイ
  ボジュ-卿ギシャール3世
子女 ギシャール3世の子
ギシャール
ゴーティエ
ボードゥアン
ステファン?
アリックス
マリー
名前不明の娘
アンベール3世
家名 モンレリ家
父親 ロシュフォール伯ギー1世
母親 アデライード・ド・クレシー
テンプレートを表示

リュシエンヌ・ド・ロシュフォール(Lucienne de Rochefort、1088年 - 1137年5月6日以降)は、フランスルイ6世が即位以前に結婚した初婚の妻。1104年から1107年までのフランス王太子妃。

生涯[編集]

リュシエンヌ・ド・ロシュフォールは、フランス貴族の譜代の名家であったモンレリ家出身のフランス王国セネシャル、ロシュフォール伯ギー1世(ギー2世・ド・モンレリ)[1]と2人目の妻、アデライード・ド・クレシーの娘として生まれた。

1104年、リュシエンヌはフランス王フィリップ1世の長男、王太子ルイと結婚した。[2]夫ルイからは「リュシアナ(Luciana)」と愛称を名付けられ、呼ばれていた。

フランス王家のセネシャルであった父ギー1世との王家とモンレリ家の間の関係を強化するために組まれた縁組であった。しかし、リュシエンヌは結婚して3年経過したが、ルイとの間に子供がいなかった。

ルイ6世に敬意を表し当時の記録を残した王室顧問サン=ドニ修道院長シュジェールによれば、結婚した当初リュシエンヌがまだ10歳程の未成熟な年齢であり、結婚して以来2人の間に夫婦生活はなく、不完全な結婚であったとされる。

ルイが即位する前年の1107年5月23日、リュシエンヌとの血族関係を理由とし、トロワ評議会にて、教皇パスカル1世が婚姻の無効を宣言した。[3]

離婚理由は憶測の域を出ないが、一説には、フィリップ1世の2人目の王妃でルイ6世の継母ベルトラード・ド・モンフォールが自分が産んだ王子フィリップ・ド・マントを次期フランス王に望んでいたため、ルイの弱体化を図っていたとされている。もう一説によれば、リュシエンヌの父ロシュフォール伯ギー1世と対立していた親族ギャルラン家が王太子ルイの権威弱体化を目論んだ謀略ともされる。[4]

いずれにせよ、リュシエンヌの父ロシュフォール伯ギー1世及び実家であるモンテリ家は双方次期フランス王にルイの異母弟フィリップを推しており、リュシエンヌの従兄にあたるモンレリ卿ギー2世の娘で女子相続人のエリザベートを娶らせていた。実家が敵対勢力であるリュシエンヌを妃としたままではルイ王太子が政争で廃される可能性が高かった。

ルイ王太子との離婚が成立すると、リュシエンヌの父ギー1世と兄クレシー卿ユーグは同盟を破棄されたとしてルイに反逆を起こした。[5]

後にリュシエンヌはボジュ-卿ギシャール3世(1138年没)と再婚した。[6]

リュシエンヌはギシャールとの間に以下8子に恵まれた。

  • ギシャール
  • ゴーティエ
  • ボードゥアン(若死)- ボジュー卿 [7]
  • ステファン?
  • アリックス
  • マリー
  • 名前不明の娘 - リヨン=フォレス伯ギー1世と結婚した[7]
  • アンベール3世(1120ごろ-1192年)[8] - ボジュー卿。サヴォイア伯アメデーオ3世の娘アデレードと結婚した。

王太子に反逆したリュシエンヌの父と兄は結果的に即位し、フランス王となったルイ6世に鎮圧された。以降、ロシュフォール家は没落し、兄ユーグは俗世を棄て、修道僧となるしか生きる道がなくなり、クリュニー修道院に隠棲した。その際、リュシエンヌはユーグからクレシー領を相続している。

リュシエンヌは1137年5月6日までは生存していた記録が残っている。

参考文献[編集]

  1. ^ Suger 1992, p. 176.
  2. ^ Bradbury 2007, p. 132.
  3. ^ Chibnall 1969, p. 156.
  4. ^ Bouyer 2007, p. 142.
  5. ^ Woll 2002, p. 160.
  6. ^ Bouchard 1987, p. 292.
  7. ^ a b Bouchard 1987, p. 290.
  8. ^ Previte-Orton 1912, p. 313.

出典[編集]

  • Bouchard, Constance Brittain (1987). Sword, Miter, and Cloister: Nobility and the Church in Burgundy, 980-1198. Cornell University Press 
  • Bouyer, Christian (2007). Les reines de France: Dictionnaire chronologique. Perrin 
  • Bradbury, Jim (2007). The Capetians: kings of France, 987-1328. Hambledon Continuum 
  • Chibnall, Marjorie (1969). The Ecclesiastical History of Orderic Vitalis. Volume 6. Clarendon Press 
  • Previte-Orton, C.W. (1912). The Early History of the House of Savoy: 1000-1233. Cambridge University Press. https://archive.org/details/earlyhistoryofh00prev 
  • Suger Cusimano訳 (1992). The Deeds of Louis the Fat. The Catholic University of America Press 
  • Woll, Carsten (2002) (German). Die Königinnen des hochmittelalterlichen Frankreich 987–1237/38. Band 24. Franz Steiner, Stuttgart. ISBN 3-515-08113-5  Woll, Carsten (2002) (German). Die Königinnen des hochmittelalterlichen Frankreich 987–1237/38. Band 24. Franz Steiner, Stuttgart. ISBN 3-515-08113-5  Woll, Carsten (2002) (German). Die Königinnen des hochmittelalterlichen Frankreich 987–1237/38. Band 24. Franz Steiner, Stuttgart. ISBN 3-515-08113-5 

外部リンク[編集]