マリー・ド・ブラバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリー・ド・ブラバン
Marie de Brabant
フランス王妃
Marie of Brabant.jpg
出生 1254年5月13日
ルーヴェン
死去 1321年1月10日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国レ・ミュロー
埋葬  
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国、コルドリエ修道院
配偶者 フランスフィリップ3世
子女 ルイ
ブランシュ
マルグリット
父親 ブラバント公アンリ3世
母親 アデライード・ド・ブルゴーニュ
テンプレートを表示
マリー・ド・ブラバンの戴冠

マリー・ド・ブラバン(Marie de Brabant, 1254年5月13日 - 1321年1月10日)は、フランスフィリップ3世の2番目の王妃。父はブラバント公アンリ3世、母はブルゴーニュ公ユーグ4世の娘アデライード。

生涯[編集]

1275年6月24日、最初の王妃イザベル・ダラゴンと4年前に死別したフィリップ3世と結婚した。その際に、父方のブラバント家、母方のブルゴーニュ家の関係者が従い、宮廷内で派閥を形成し、王の寵臣であったピエール・ド・ラ・ブロスと対立した。最終的にピエール・ド・ラ・ブロスは王妃派により逮捕、処刑された[1]

フィリップ3世との間には1男2女が生まれた。

脚注[編集]

  1. ^ 佐藤、p. 194

参考文献[編集]

  • 佐藤賢一 『カペー朝 フランス王朝史1』 講談社現代新書、2009年