ルイ・デヴルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルイ・デヴルー
Louis d'Évreux
エヴルー家
Louis d'Evreux.JPG
ルイ・デヴルーの墓の彫像
称号 エヴルー伯
出生 1276年5月3日
死去 (1319-05-19) 1319年5月19日(43歳没)
Flag of France (XII-XIII).svg フランス王国 パリ
配偶者 マルグリット・ダルトワ
子女 マリー
シャルル
フィリップ
マルグリット
ジャンヌ
父親 フランス王フィリップ3世    
母親 マリー・ド・ブラバン
テンプレートを表示

ルイ・デヴルー(Louis d'Évreux, 1276年5月3日 - 1319年5月19日)は、フランスフィリップ3世と2度目の妃マリー・ド・ブラバンの息子。エヴルー伯に封じられたためこの名で呼ばれ、カペー家の支流エヴルー家の祖となった。異母兄にフィリップ4世ヴァロワ伯シャルルヴァロワ家の祖)、同母妹にイングランドエドワード1世の2度目の妃マーガレット(マルグリット)などがいる。

カペー家支流のフィリップ・ダルトワの娘でロベール3世・ダルトワの姉であるマルグリット・ダルトワ(1285年 - 1311年)と結婚し、2男3女をもうけた。

先代:
-
エヴルー伯
1298年 - 1319年
次代:
フィリップ