ジャンヌ1世 (オーヴェルニュ女伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャンヌ1世・ドーヴェルニュ
Jeanne I d'Auvergne
フランス王妃
Entrée de Jean II le Bon.jpg
戴冠後パリに入城するジャン2世とジャンヌ
在位 1350年8月22日1360年9月29日
別称号 オーヴェルニュ女伯及びブローニュ女伯(1332年1360年

出生 1326年5月8日
死去 (1360-09-29) 1360年9月29日(34歳没)
埋葬 Flag of France (XII-XIII).svg フランス王国サン=ドニ大聖堂
配偶者 フィリップ・ド・ブルゴーニュ
  フランス王ジャン2世
子女 一覧参照
家名 オーヴェルニュ家
父親 ギヨーム12世
母親 マルグリット・デヴルー
テンプレートを表示
Joan I of Auvergne.jpg

ジャンヌ・ドーヴェルニュフランス語: Jeanne d'Auvergne, 1326年5月8日 - 1360年9月29日)は、フランス国王ジャン2世の2度目の妃。

生涯[編集]

オーヴェルニュ伯及びブローニュギヨーム12世エヴルー伯ルイ(フランス王フィリップ4世の異母弟)の娘マルグリット・デヴルーの間の一人娘で、父の死により女子相続人となった。

1338年、ブルゴーニュ公ウード4世の息子フィリップと結婚した。この結婚のおかげで、フィリップはオーベルニュ伯の称号を得た。夫妻の一人息子フィリップブルゴーニュ公を継承した。

1346年にフィリップと死別した後、1350年2月13日、又従兄にあたるジャンと再婚した。ジャンはペストで亡くなった最初の妃ボンヌ・ド・リュクサンブールとの間に8人の子どもを儲けていたので、ジャンヌへは男子を産むようにとの圧力はほとんどなかった。ジャンとの間にはブランシュとカトリーヌの2女が生まれたが、ともに夭折した。ジャンヌは1360年にダルギリー城で亡くなり、サン=ドニ大聖堂に埋葬された。彼女の持つ称号はフィリップへ受け継がれた。

子女[編集]

最初の夫フィリップ・ド・ブルゴーニュとの間に1男2女を儲けた。

2人目の夫ジャン2世との間には2女を儲けた。

  • ブランシュ(1350年) - 夭逝
  • カトリーヌ(1352年) - 夭逝

脚注[編集]

  1. ^ Cox 1967, p. 60-61,105.
先代:
ギヨーム12世
オーヴェルニュ伯
ブローニュ伯
1332年 - 1360年
次代:
フィリップ