レオノール・デ・アウストリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レオノール・デ・アウストリア
エレオノール・ドートリッシュ
Leonor de Austria
Éléonore d'Autriche
ポルトガル王妃
フランス王妃
Joos van Cleve 003.jpg
出生 1498年11月15日
ルーヴェン
死去 1558年2月25日
Flag of Cross of Burgundy.svg スペイン帝国、タラベラ・ラ・レアル
配偶者 ポルトガルマヌエル1世
  フランスフランソワ1世
子女 カルロス
マリア
父親 フィリップ美公
母親 カスティーリャ女王フアナ
テンプレートを表示

レオノール・デ・アウストリアスペイン語名:Leonor de Austria, 1498年11月15日 - 1558年2月25日)は、ハプスブルク家フィリップ美公カスティーリャ女王フアナの長女。ポルトガルマヌエル1世の王妃、後にフランスフランソワ1世の王妃となった。フランス語名はエレオノール・ドートリッシュ(Éléonore d'Autriche)またはエレオノール・ド・アブスブール(Éléonore de Habsbourg)。名前は他にもドイツ語名でエレオノーレ(Eleonore)などとも呼ばれる。

生涯[編集]

フランドルルーヴェンでフィリップとフアナの第1子として生まれる。

若い頃にはイングランドヘンリー7世ヘンリー8世)、フランス(ルイ12世やフランソワ1世)、ポーランドジグムント1世)など、数々の王家から結婚の申し入れがあったが、1518年にポルトガル王マヌエル1世の3番目の王妃となった。マヌエル1世の2人の先妻イサベルマリアは、いずれもレオノールの母フアナ女王の姉妹であった。マヌエル1世とレオノールとの間には王子カルロス(夭逝)、王女マリアの2子が生まれたが、マヌエル1世は1521年に死去した。

その後しばらくは未亡人として暮らしていたが、1530年に弟カール5世と敵対していたフランス王フランソワ1世と再婚した。2人の間に子供は生まれず、またフランス宮廷において政治に関わることはほとんどなかったが、カール5世とフランソワ1世との間の橋渡し役になった。

1558年に死去したが、同じ年に弟カール5世、妹マリアも死去している。

系譜[編集]

レオノール 父:
フィリップ美公
(カスティーリャ王フェリペ1世)
祖父:
マクシミリアン1世 (神聖ローマ皇帝)
曽祖父:
フリードリヒ3世 (神聖ローマ皇帝)
曽祖母:
エレオノーレ (ポルトガル王女)[1]
祖母:
マリー (ブルゴーニュ女公)
曽祖父:
シャルル (ブルゴーニュ公)
(突進公/豪胆公)[2]
曽祖母:
イザベル・ド・ブルボン
母:
フアナ (カスティーリャ女王)
祖父:
フェルナンド2世 (アラゴン王)
(カスティーリャ王フェルナンド5世)
曽祖父:
フアン2世 (アラゴン王)
曽祖母:
フアナ・エンリケス
祖母:
イサベル1世 (カスティーリャ女王)
曽祖父:
フアン2世 (カスティーリャ王)
曽祖母:
イサベル (ポルトガル王女)[3]

[1]の父はドゥアルテ1世 (ポルトガル王)ジョアン1世 (ポルトガル王)の子で、弟にエンリケ航海王子や[3]の父ジョアン、妹に[2]の母イザベルがいる。よって、[1]と[2]と[3]は、共にジョアン1世を祖父とするいとこ同士となる。

なお、最初の夫であるポルトガルマヌエル1世の父フェルナンド (ヴィゼウ公)もドゥアルテ1世の子であり、[1]の兄である。

弟に

妹に

がいる。