ジャンヌ・ド・ブルボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルル5世と王妃ジャンヌの像

ジャンヌ・ド・ブルボン(Jeanne de Bourbon, 1338年2月3日 - 1378年2月6日)は、フランスシャルル5世の王妃。

ブルボン公ピエール1世と妃イザベル・ド・ヴァロワ(フランス王フィリップ6世の異母妹)の次女としてヴァンセンヌで生まれた。姉にカスティーリャペドロ1世の王妃となったブランシュ(ブランカ)がいる。シャルル5世の父ジャン2世の従妹に当たる。

父ピエール、祖父ヴァロワ伯シャルル、ジャンヌの兄弟の多くが多かれ少なかれ遺伝性疾患によるとみられる精神病を患い、ジャンヌもまたその例外ではなかった。第7子を出産後、ジャンヌは神経質になり、感情の起伏が激しくなったという。フランス王となった三男シャルル6世がのち発狂したのはよく知られている。また、ジャンヌの曾孫であるイングランドヘンリー6世も、のちに廃人同様となった。

子女[編集]

  • ジャンヌ(1357年 - 1360年)
  • ジャン(1359年 - 1364年)
  • ボンヌ(1360年、夭折)
  • ジャン(1366年、夭折)
  • シャルル6世(1368年 - 1422年)
  • マリー(1370年 - 1377年)
  • ルイ(1372年 - 1407年) オルレアン公
  • イザベル(1373年 - 1378年)
  • カトリーヌ(1378年 - 1388年)