ピエール1世 (ブルボン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピエール1世
Pierre Ier
第2代ブルボン公
PetrBourb.jpg
出生 1311年
死去 1356年9月19日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国ポワティエ
配偶者 イザベル・ド・ヴァロワ
子女 一覧参照
父親 ブルボン公ルイ1世
母親 マリー・ダヴェーヌ
テンプレートを表示

ピエール1世(Pierre Ier, 1311年 - 1356年9月19日)は、第2代ブルボン公1342年 - 1356年)。初代ブルボン公ルイ1世とマリー・ダヴェーヌ(エノー伯ホラント伯ジャン2世の娘)の子。

生涯[編集]

1342年、父ルイ1世の死によりブルボン公位を継承した。ピエール1世は1356年ポワティエの戦いで戦死した。

子女[編集]

1326年ヴァロワ伯シャルルの娘でフランスフィリップ6世の異母妹であるイザベル・ド・ヴァロワ(Isabelle de Valois, 1311年 - 1388年)と結婚し、1男7女をもうけた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ タックマン、p. 346、訳注26

参考文献[編集]

  • Jonathan Sumption, Trial by Battle: The Hundred Years War I, Faber and Faber, 1990.
  • David Nicolle, Poitiers 1356: The Capture of a King, Osprey, 2004.
  • バーバラ・W・タックマン、徳永守儀 訳 『遠い鏡』 朝日出版社、2013年

関連項目[編集]

先代:
ルイ1世
ブルボン公
1342年 - 1356年
次代:
ルイ2世