ピエール1世 (ブルボン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブルボン公ピエール2世

ピエール1世(Pierre Ier, 1311年 - 1356年9月19日)は、第2代ブルボン公1342年 - 1356年)。初代ブルボン公ルイ1世の子。

生涯[編集]

1342年、父ルイ1世の死によりブルボン公位を継承した。ピエール1世は1356年ポワティエの戦いで戦死した。

子女[編集]

1326年ヴァロワ伯シャルルの娘でフランスフィリップ6世の異母妹であるイザベル・ド・ヴァロワ(Isabelle de Valois, 1311年 - 1388年)と結婚し、1男7女をもうけた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ タックマン、p. 346、訳注26

参考文献[編集]

  • Jonathan Sumption, Trial by Battle: The Hundred Years War I, Faber and Faber, 1990.
  • David Nicolle, Poitiers 1356: The Capture of a King, Osprey, 2004.
  • バーバラ・W・タックマン、徳永守儀 訳 『遠い鏡』 朝日出版社、2013年

関連項目[編集]

先代:
ルイ1世
ブルボン公
1342年 - 1356年
次代:
ルイ2世