ルイ1世 (ブルボン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブルボン公ルイ1世

ルイ1世・ド・ブルボン(Louis Ier de Bourbon, 1279年 - 1342年1月29日)は、初代ブルボン公1327年 - 1342年)、およびクレルモン伯、ラ・マルシュ伯。ブルボン家の祖とされる。フランスルイ9世の末息子であるクレルモン伯ロベールとベアトリス・ド・ブルゴーニュ(ブルゴーニュ公ユーグ4世孫)の子[1]

生涯[編集]

家族[編集]

エノー伯ホラント伯ジャン2世の娘マリー・ダヴェーヌと1310年に結婚し[2]、4男4女をもうけた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Lauda, p. 125, 135
  2. ^ Lauda, p. 135

参考文献[編集]

  • Jiří Louda, Michael Maclagan, Lines of Succession, Little,Brown & Company, 1981.

関連項目[編集]

先代:
ロベール
クレルモン伯
1317年 - 1327年
次代:
(王領)
先代:
シャルル1世
ラ・マルシュ伯
1322年 - 1342年
次代:
ジャック1世
先代:
ブルボン公
1327年 - 1342年
次代:
ピエール1世
先代:
(王領)
クレルモン伯
1331年 - 1342年
次代:
ピエール1世