ルイ1世 (ブルボン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ルイ1世・ド・ブルボン
Louis Ier de Bourbon
初代ブルボン公
Ludvik1 Bourb.jpg
出生 1279年
死去 1342年1月29日
配偶者 マリー・ダヴェーヌ
子女 一覧参照
父親 クレルモン伯ロベール
母親 ベアトリス・ド・ブルゴーニュ
テンプレートを表示

ルイ1世・ド・ブルボン(Louis Ier de Bourbon, 1279年 - 1342年1月29日)は、初代ブルボン公1327年 - 1342年)、およびクレルモン伯、ラ・マルシュ伯。ブルボン家の祖とされる。フランスルイ9世の末息子であるクレルモン伯ロベールとベアトリス・ド・ブルゴーニュ(ブルゴーニュ公ユーグ4世孫)の子[1]

生涯[編集]

1317年、父ロベールの死によりクレルモン伯位およびブルボンの所領を継承した。1327年、フランス王シャルル4世はクレルモンを王領とする代わりに、ルイをブルボン公に陞爵した[2]

家族[編集]

エノー伯ホラント伯ジャン2世の娘マリー・ダヴェーヌと1310年に結婚し[3]、4男4女をもうけた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Lauda, p. 125, 135
  2. ^ 下津、p. 11
  3. ^ Lauda, p. 135

参考文献[編集]

  • 下津清太郎 『ブルボン家』 近藤出版社、1984年
  • Jiří Louda, Michael Maclagan, Lines of Succession, Little,Brown & Company, 1981.

関連項目[編集]

先代:
ロベール
クレルモン伯
1317年 - 1327年
次代:
(王領)
先代:
シャルル1世
ラ・マルシュ伯
1322年 - 1342年
次代:
ジャック1世
先代:
ブルボン公
1327年 - 1342年
次代:
ピエール1世
先代:
(王領)
クレルモン伯
1331年 - 1342年
次代:
ピエール1世