ボードゥアン4世 (フランドル伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フランドル伯ボードゥアン4世

ボードゥアン4世フランス語:Baudouin IV, 980年 - 1035年5月30日)はフランドル伯(在位:987年 - 1035年)。髭伯(le Barbu)と呼ばれた。

生涯[編集]

ボードゥアンは、フランドル伯アルヌール2世アンスカリ家ロザーラ(イタリア王ベレンガーリオ2世の娘)との間に生まれた[1]。987年に父の死によりフランドル伯位を相続したが[1]、ボードゥアンが成年に達するまで母ロザーラが摂政をつとめた。

これまでのフランドル伯とは対照的に、ボードゥアンの関心は、彼の家臣であるギネ(Guînes)伯、エスダン(Hesdin)伯およびサン=ポル伯らの手中にあった南部ではなく、東部に向いていた[2]

伯領の北部は、レーエンとして神聖ローマ皇帝ハインリヒ2世からゼーラントの地を与えられており、一方、スヘルデ川右岸の地域は、サントメールおよび北部テルノワ(Ternois)に加え、ヴァランシエンヌおよびカンブレーの一部が与えられていた[3]

フランス内のフランドル伯領では、ボードゥアンの支配権は確固たるものであった。フランドルの海岸沿いの湿地帯は大規模な植民地化がなされ、港やブルージュの街の拡張が行われた。ボードゥアンは1035年5月30日に死去した[1]

結婚と子女[編集]

ボードゥアンは最初に、アルデンヌ家のモーゼル伯フリードリヒの娘オトギファ(独:Otgiva、仏:Ogive)と結婚[4]、1男をもうけた。

二度目に、ノルマンディー公リシャール2世の娘アリエノールと結婚[5]、1女をもうけた。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Detlev Schwennicke, Europäische Stammtafeln: Stammtafeln zur Geschichte der Europäischen Staaten, Neue Folge, Band II (Marburg, Germany: J. A. Stargardt, 1984), Tafel 5
  2. ^ Jean Dunbabin. France in the Making 843-1180, Second Edition (Oxford; New York; Oxford University Press, 2004), p. 208
  3. ^ Heather J Tanner, Families, Friends, and Allies: Boulogne and Politics in Northern France and England c. 879–1160 (Leiden; Boston: Brill, 2004), pp. 73, 75-6, 77–8
  4. ^ a b Richard Mylius Sherman, The Ghents: A Flemish Family in Norman England, UMI Dissertation Information Service, Ann Arbor, MI (1988), p. 214
  5. ^ a b Philip Grierson, 'The Relations between England and Flanders before the Norman Conquest', Transactions of the Royal Historical Society, Vol. 23 (1941), pp. 109-110
先代:
アルヌール2世
フランドル伯
987年 - 1035年
次代:
ボードゥアン5世