シャルリュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Charlieu
Blason Charlieu.svg
Abbaye de Charlieu - Ruines Eglise - 2.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) ロワール県Blason département fr Loire.svg
(arrondissement) ロアンヌ郡
小郡 (canton) シャルリュー小郡
INSEEコード 42052
郵便番号 42190
市長任期 ブリュノ・ベルトリエ
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) Charlieu-Belmont Communauté
人口動態
人口 3700人
2014年
人口密度 552人/km2
住民の呼称 Charliendin-e-s
地理
座標 北緯46度09分36秒 東経4度10分21秒 / 北緯46.16度 東経4.1725度 / 46.16; 4.1725座標: 北緯46度09分36秒 東経4度10分21秒 / 北緯46.16度 東経4.1725度 / 46.16; 4.1725
標高 平均:? m
最低:268 m
最高:378 m
面積 6.7km2
Charlieuの位置(フランス内)
Charlieu
Charlieu
公式サイト www.ville-charlieu.fr
テンプレートを表示

シャルリューCharlieu)は、フランスオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏ロワール県コミューン

地理[編集]

ロアンヌから約20分、サンテティエンヌリヨンからは約一時間半の距離にある。

由来[編集]

シャルリューの町について初めて言及されたのは827年、Caroli Locus(カールの土地を意味する。おそらくカロリング朝時代発祥であることを意味している)としてである。フランス革命時代にはChallierと改名させられていた。

歴史[編集]

ヴァランス司教ラトベールによってつくられたシャルリュー修道院は、932年よりクリュニー修道院の影響下に入った。946年に修道院はサンテティエンヌの庇護下にあった。修道院は1100年にローマ教皇パスカリス2世によって小修道院に落とされている。

豊かな都市には、多くの場合、職人や商人、羊毛職人が集まって暮らしていた。12世紀、都市のブルジョワたちによって聖フィリベールに捧げられた教区教会が建てられた。

1210年、フィリップ尊厳王はシャルリューを手に入れ、王領の飛び地とし、実際にすぐ防衛が強化された[1]

15世紀、シャルリューはアルマニャック派ブルゴーニュ派の対立の間重要な役割を担った。この時代は道路交通が都市から離れた時期にあたり、都市の成長が停滞していた。都市は1827年に絹織物の製造が導入されたことで開発が再開された。

この豊かな歴史から、町は黄色い石でできた住宅を多数保存している。石はサン・ドニ・ド・カバンヌの採石場から持ち込まれ(13世紀)、14世紀から15世紀にはルネサンス様式か古典様式で、絵のように美しいハーフティンバー住宅に使われた。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2009年 2014年
4911 4923 4789 4322 3727 3582 3680 3700

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[2]、2006年以降INSEE[3][4]

ギャラリー[編集]

  • サン・フォルテュネ修道院 - ベネディクト会派。
  • コルドリエ会修道院
  • サン・フィリベール教会
画像をクリックして拡大

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ José Federico Finó, Forteresses de la France médiévale. Construction - Attaque - Défense, 3e éd. rev., Paris, Picard, 1977, p. 111.
  2. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=8444
  3. ^ http://www.statistiques-locales.insee.fr
  4. ^ http://www.insee.fr