ロベール1世 (フランドル伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロベール1世
Robert I
フランドル伯
Robert I.jpg
在位 1071年 - 1093年

出生 1031年
死去 1093年10月
配偶者 ゲルトルート・フォン・ザクセン
子女 一覧参照
家名 フランドル家
父親 フランドル伯ボードゥアン5世
母親 アデル・ド・フランス
テンプレートを表示
ロベール1世

ロベール1世フランス語Robert Ier, 1031年頃 - 1093年10月)は、フランドル伯(在位:1071年 - 1093年)。「フリース人伯(フリゾン、le Frison)」と呼ばれる。フランドル伯ボードゥアン5世とその妻であったフランスロベール2世の王女アデル・ド・フランスの次男。

生涯[編集]

ロベールはフランドルの北の国境を安全にするため、1063年ホラント伯フロリス1世の未亡人ゲルトルートザクセンベルンハルト2世の公女、ビルング家)と結婚した。その後、1070年に実兄フランドル伯ボードゥアン6世が死去し、翌年1071年に甥のアルヌルフ3世が戦死し、アルヌルフ3世に弟ボードゥアンがいたにも関わらず、フランドル伯位を甥達から簒奪した[1]1072年には妻ゲルトルートと先夫西フリースラント伯フロリス1世との娘で継子であったベルト・ド・オランドを自分の従弟に当たるフランス王フィリップ1世と結婚させた。

しかし、1092年にフィリップ1世は一方的に王妃ベルトを棄てる形で離婚し、フランドルとフランスとの関係は悪化、以後ロベール1世はイングランド王ウィリアム2世と接近するようになった[1]

子女[編集]

ゲルトルートとの間に、以下の子女をもうけた。

脚注[編集]

  1. ^ a b 朝治 他、p. 199

参考文献[編集]

  • 朝治啓三 他 編 『中世英仏関係史 1066-1500』 創元社、2012年
先代
アルヌルフ3世
フランドル伯
1071 - 1093
次代
ロベール2世