ベッツィ・デヴォス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベッツィ・デヴォス
Betsy DeVos
Betsy DeVos 2005 crop.jpg
生年月日 (1958-01-08) 1958年1月8日(59歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシガン州
出身校 カルヴァン大学
所属政党 共和党
称号 (BA)
配偶者 ディック・デヴォス
子女 4人
親族 エドガー・プリンス (父)
エリック・プリンス (弟)

アメリカ合衆国の旗 第11代 教育長官
在任期間 2017年2月7日 - 現職
大統領 ドナルド・トランプ
テンプレートを表示

エリザベス "ベッツィ" デヴォス (英語: Elisabeth "Betsy" DeVos、1958年1月8日-) はアメリカ合衆国ミシガン州出身の政治家、大富豪[1]実業家、慈善活動家、教育活動家である。ミシガン共和党内の様々な社会的、文化的、政治的活動で、指導的地位にあり、ミシガン共和党委員長も数年間経験するなど、多くの役職に就いていた。またウィンドクェスト・グループ、ディック・アンド・ベッツィ・デヴォス・ファミリー財団、アメリカン・フェデレーション・フォー・チルドレンの代表でもあり、ジョン・F・ケネディ・センター内のデヴォス芸術管理研究所の理事も務めている[2]。 長年の共和党献金者で2016年の選挙で共和党の候補に320万ドル(2017年2月現在の為替レートで約3億6000万円)を寄付したとされる[3]

私生活[ソースを編集]

1958年1月8日、ドイツ系で実業家の億万長者であるエルザ・プリンスとエドガー・プリンスの娘としてエリザベス・プリンスの出生名で、ミシガン州ホランドで成長する。[4]ミシガン州ホランドのホランド・キリスト教学校で学ぶ。ミシガン州のグランドラピッズに所在するカルバン大学で文学士(BA)を得た。大学ではキャンパス政策に関わったと語る[5]。 1980年代に、ディック・デヴォスと結婚している。ディックはアムウェイ創業家の御曹司で、その親会社アルティコアを1993年から2002年まで経営し、2006年には共和党からミシガン州知事候補として2006年に出馬した経歴を持つ [4]。デヴォス一家はミシガン州で最も富裕な家族であった[6]

アメリカ合衆国教育長官[ソースを編集]

2016年11月23日、ドナルド・トランプ次期大統領により、次期教育長官に指名された事が発表された[7]。 上院の公聴会では公立学校に関わった経験が少ないことが指摘され、民主党から低所得層に不利な形での学校民営化を支持していること、基本的な教育法や教育問題を理解していないこと、自身の投資との間で利益相反が生じる恐れなどが指摘され、委員会では2017年1月31日、賛成12、反対11と僅差の採決であった[8]。 2017年2月7日、アメリカ合衆国上院において、賛成50対反対50の同数だったが、ペンス副大統領の議長決裁票でかろうじて承認された[9]。閣僚の指名に副大統領の議長採決票が使われたのは史上初めてである[10]

脚注/参照[ソースを編集]

  1. ^ Pulliam Bailey, Sarah (November 23, 2016). Betsy DeVos, Trump’s education pick, is a billionaire with deep ties to the Christian Reformed community. The Washington Post. Retrieved: November 24, 2016.
  2. ^ Philanthropy Staff (2013). “Interview with Betsy DeVos, the Reformer” (print and online). Philanthropy (Washington, D.C.: Philanthropy Roundtable) (Spring). http://www.philanthropyroundtable.org/topic/excellence_in_philanthropy/interview_with_betsy_devos 2013年7月8日閲覧。. 
  3. ^ デボス教育長官を米上院が承認-ペンス副大統領が均衡破る賛成票Bloomberg (2017年2月8日), 2017年2月8日閲覧.
  4. ^ a b (English) Blackwater: The Rise of the World's Most Powerful Mercenary Army.. PublicAffairs. (2008). p. 560. ISBN 9781568583945. 
  5. ^ Interview with Betsy DeVos, the Reformer”. .philanthropyroundtable (2013年). 2017年5月4日閲覧。
  6. ^ Mark Tower (2016年12月16日). “DeVos family political giving nears $10 million prior to 2016 election”. mlive. 2017年5月4日閲覧。
  7. ^ Hensley-Clancy, Molly. “Trump Picks Betsy DeVos As Education Secretary”. Buzzfeed.com. https://www.buzzfeed.com/mollyhensleyclancy/trump-announces-betsy-devos-as-education-secretary 2016年11月23日閲覧。 
  8. ^ “米教育長官指名のデボス氏、上院で承認否決の可能性”. jp.reuters.com. http://jp.reuters.com/article/usa-trump-devos-idJPKBN15G3HP?feedType=RSS&feedName=topNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPTopNews+(News+%2F+JP+%2F+Top+News) Feburaryr 8, 2017閲覧。 
  9. ^ LEIGH ANN CALDWELL (Febrary 8, 2017). “Betsy DeVos Vote: Pence’s History-Making Tie Breaker Confirms Controversial Education Secretary”. nbcnews.com. http://www.nbcnews.com/politics/congress/mike-pence-casts-tie-breaking-vote-confirm-betsy-devos-education-n717836 Feburaryr 8, 2017閲覧。 
  10. ^ 1票差で米教育長官承認、初の副大統領票Wall Street Journal (2017年2月8日), 2017年2月8日閲覧.


公職
先代:
ジョン・キング・ジュニア
アメリカ合衆国教育長官
2017年1月 -
次代: