スコット・プルーイット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スコット・プルーイット
Scott Pruitt
Scott Pruitt official portrait.jpg
生年月日 (1968-05-09) 1968年5月9日(49歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ケンタッキー州ダンビル
出身校 ジョージタウン大学
タルサ大学
所属政党 共和党
称号 教養学士(BA)
法務博士(JD)
配偶者 Marlyn Pruitt
子女 2人

在任期間 2017年2月17日 - 現職
大統領 ドナルド・トランプ

Flag of Oklahoma.svg 第17代 オクラホマ州司法長官
在任期間 2011年1月10日 - 2017年2月17日
テンプレートを表示

エドワード・スコット・プルーイット (Edward Scott Pruitt、1968年5月9日 - )は、アメリカ合衆国法曹オクラホマ州出身の共和党政治家で、2017年現在は第14代アメリカ合衆国環境保護庁長官を務める。

経歴[編集]

1968年5月9日ケンタッキー州ダンビルで生まれる。少年時代にレキシントンに移住した。ケンタッキー大学で野球の奨学金を得た。その後、1990年にジョージタウン大学で政治学とコミュニケーションの学士号を得た。オクラホマ州タルサ大学で、1993年に法務博士号を得た。 プルーイットは1998年から2006年までタルサ郡とワゴナー郡を代表してオクラホマ州議会上院議員を務めた。2006年には共和党側のオクラホマ州副知事の指名を受けようと活動を行ったが失敗に終わった。

2010年にプルーイットはオクラホマ州司法長官に選出された。在任中は法における信教の自由を堅持することに努め、人工妊娠中絶同性結婚医療保険制度改革、環境規制に反対して闘争した。

一部の評論家はプルーイットを地球温暖化に対する懐疑論を唱えていると批評するが[1][2] 、実際には気候変動は起こっておりその原因は人為的な物だと考えている[3]

アメリカ合衆国環境保護庁長官[編集]

2016年12月8日、オクラホマ州司法長官在任中のプルーイットはドナルド・トランプ次期アメリカ合衆国大統領により、環境保護庁長官に指名された[4]2017年2月17日、賛成52対反対46で上院はプルーイットの環境保護庁長官への就任を正式に承認した[5]スーザン・コリンズ議員は共和党で唯一反対票を投じた。またジョン・マケイン議員とジョウ・ドネリー議員は棄権した。一方、民主党議員ではジョウ・マンチン議員とハイディ・ハイトカンプ議員の二名がプルーイットの就任に賛成票を投じた。オバマ前大統領が導入した環境規制にプルーイットが強く反対していると報道されている[6]。しかし、上院環境公共事業委員会の指名承認公聴会では「地球温暖化はでっち上げではない。実際に起きている」と述べている[7]

プルーイット長官は2017年3月28日にトランプ大統領が署名する大統領令により、オバマ政権が火力発電所からの温室効果ガスの排出を制限したクリーン・パワー・プランが撤廃されると表明した。前政権は化石燃料を目の敵にする戦略を取っていたが、この撤廃により製造業と石炭産業の雇用が回復すると述べた[8]

プルーイットは上院にメールアドレスは1つだけと答えたにも関わらず、オクラホマの検察官であった期間、政府のメールアドレスを2種類使用していた疑惑が2017年6月14日に報道された[9]

脚注[編集]

  1. ^ Outsiders Selected by Trump Aim to Unnerve Washington”. The New York Times (2016年12月17日). 2017年1月20日閲覧。
  2. ^ Trump Picks Scott Pruitt, Climate Change Denialist, to Lead E.P.A.”. The New York Times (2016年12月7日). 2017年1月20日閲覧。
  3. ^ Bernie Sanders to Scott Pruitt: Why is the climate changing?”. The Washington Post (2017年1月18日). 2017年1月20日閲覧。
  4. ^ トランプ氏、環境長官に反規制派 パリ協定に影響か”. 朝日新聞 (2016年12月8日). 2017年2月18日閲覧。
  5. ^ CORAL DAVENPORT (2017年2月17日). “Senate Confirms Scott Pruitt as E.P.A. Head”. The New York Times. 2017年2月18日閲覧。
  6. ^ Jennifer A. Dlouhy (2017年2月18日). “米上院、プルイット環境保護局長官を承認-前政権の規制撤廃を主張”. Bloomberg. 2017年2月18日閲覧。
  7. ^ 温暖化「起きている」 米環境保護局の次期長官、トランプ氏と相違”. 産経新聞 (2017年1月19日). 2017年2月18日閲覧。
  8. ^ Julia Manchester (2017年3月27日). “Pruitt: Trump to sign order on power plant regulations Tuesday”. CNN. 2017年3月27日閲覧。
  9. ^ Dino Grandoni (2017年6月14日). “Scott Pruitt used two government email addresses in his last job. He told Congress he used one.”. The Washington Post. 2017年6月17日閲覧。
公職
先代:
キャサリン・マケイブ
アメリカ合衆国環境保護庁長官
2017年2月17日 -
次代:
現職