ビワシンセイキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビワシンセイキ
欧字表記 Biwa Shinseiki
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1998年6月13日
死没 2016年9月28日(18歳没)
抹消日 2004年9月17日
フォーティナイナー
オシアナ
母の父 Northern Dancer
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 早田牧場新冠支場
馬主 (有)ビワ
調教師 松田博資栗東
競走成績
生涯成績 33戦10勝(総合)
21戦8勝(中央競馬
12戦2勝(地方競馬
獲得賞金 3億7171万8000円(総合)
1億9721万8000円(中央競馬)
1億7450万円(地方競馬)
テンプレートを表示

ビワシンセイキ (Biwa Shinseiki) とは日本中央競馬会 (JRA) に登録されていた競走馬で、日本レックススタッド韓国プルン牧場で繋養されていた種牡馬である。

経歴[編集]

競走馬時代[編集]

馬名通り新世紀となった2001年3月に行われた3歳未出走戦が競走馬デビュー戦となり、そこで初勝利を挙げた。しかしその後は半年以上休養し、11月の復帰戦こそ12着と大敗の結果に終わるが、その後は常に掲示板に載る(5着以内に入る)安定した走りをみせ、4歳時の2002年6月から鶴見特別(1000万円以下)、噴火湾特別(1000万円以下)、太秦ステークス(1600万円以下)、秋嶺ステークス(1600万円以下)の4戦を連勝して一気にオープン馬となった。さらにオープン馬となっての初戦ギャラクシーステークスも制し、5連勝で重賞およびGI(現JpnI)競走初挑戦となる東京大賞典に出走したが、ゴールドアリュールに1馬身半差で敗れて2着となり連勝はストップした。

5歳となった2003年は重賞戦線で好走をみせ、かきつばた記念とちぎマロニエカップの重賞競走を2勝したほか、フェブラリーステークス帝王賞などで2着となっている。さらに6歳となった2004年も安定した走りをみせたが、8月にブリーダーズゴールドカップで3着となったあとに左前脚に屈腱炎を発症[1]し、その後社台ファームで療養した[2]ものの、9月17日付で競走馬登録を抹消[2]されて引退となった。

種牡馬時代[編集]

競走馬としての実績はダート交流GIII2勝にとどまったが、内国産初のフォーティナイナーの後継種牡馬として、2005年よりレックススタッド[2]供用が開始された。この年は受胎確認後30万円の条件で24頭に種付けを行い、その後16頭が血統登録されている[3]。しかし日本での供用はこの年のみで、同年末に韓国への輸出が決まり[4]済州道西帰浦市のプルン牧場で繋養されることになった。

2008年には日本に残した唯一の世代である初年度産駒が競走馬デビューし、7月27日水沢競馬場で行われた第26回ビギナーズカップでワタリシンセイキが産駒の中央競馬地方競馬を通じた初勝利を記録している[3]。さらにワタリシンセイキは10月19日若駒賞も制し、産駒の中央、地方を通じた重賞競走初勝利も記録している。

一方、韓国輸出後の2006年以降の種付け頭数は例年30頭台で推移していた。2009年に韓国での初年度産駒がデビュー。2010年は韓国での初年度産駒タンデブルペが韓国GI制覇を成し遂げるなどの活躍で、2世代のみの出走ながら韓国リーディングサイアーランキングで8位となる。産駒の活躍にともない、この年の種付け頭数は61頭と大幅に増加した。しかしその後の繁殖成績は振るわず種付け頭数も徐々に減少し、2016年9月28日に死亡した。

おもな産駒[編集]

血統表[編集]

ビワシンセイキ血統ミスタープロスペクター系 / Native Dancer 4×4=12.50%、Nasrullah 5×5=6.25%) (血統表の出典)

*フォーティナイナー
Forty Niner
1985 栗毛
父の父
Mr.Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
父の母
File
1976 栗毛
Tom Rolfe Ribot
Pocahontas II
Continue Double Jay
Courtesy

*オシアナ
Oceana
1983 鹿毛
Northern Dancer
1961 鹿毛
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
母の母
South Ocean
1967 鹿毛
New Providence Bull Page
Fair Colleen
Shining Sun Chop Chop
Solar Display F-No.4-j

血統背景[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ビワシンセイキ、屈腱炎発症” (日本語). netkeiba.com (2004年8月30日). 2011年11月7日閲覧。
  2. ^ a b c ビワシンセイキ引退、種牡馬入り” (日本語). netkeiba.com (2004年9月21日). 2011年11月7日閲覧。
  3. ^ a b 新種牡馬ビワシンセイキ産駒が初勝利” (日本語). netkeiba.com (2008年7月27日). 2011年11月7日閲覧。
  4. ^ トロットスターをはじめ、種牡馬6頭が韓国へ” (日本語). netkeiba.com (2005年12月20日). 2011年11月7日閲覧。
  5. ^ 2008年度 岩手競馬年度代表馬は2歳・ワタリシンセイキが選ばれる!” (日本語). 岩手県競馬組合 (2009年1月28日). 2011年11月7日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]