コリアンダービー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コリアンダービー
競馬場 レッツランパークソウル
創設 1998年5月17日
2022年の情報
距離 ダート1800m
格付け (KRA)G1
賞金 1着賞金4億4400万ウォン
賞金総額8億ウォン
出走条件 韓国産サラブレッド3歳牡馬牝馬
負担重量 牡馬57.0kg、牝馬55.0kg
テンプレートを表示
コリアンダービー
各種表記
ハングル 코리안더비
漢字 なし
発音 コリアン=ダビ
英語 Korean Derby
テンプレートを表示

コリアンダービー코리안더비)は、KRAの主催で行われている韓国ダービー競走1998年京畿道果川市ソウル競馬場ダート1400メートルで始められた。韓国産馬限定の国内G1レースである。

2001年、ダート1800メートルに変更されてからは勝ちタイムは2分前後で推移している。1着賞金は2022年現在4億4000万ウォン(約4536万円)[1]。斤量は牡馬57kg牝馬55kg。


歴代勝ち馬[編集]

年月日 勝ち馬 性齢 騎手 管理調教師 タイム 備考
第1回 1998年5月17日 우승예감
(Useung Yegam)
牝3 송석헌
(ソン・ソンホン)
김점오
(キム・ジョムオ)
1分30秒1
第2回 1999年5月16日 만석꾼
(Manseokkkun)
牡3 박태종
(パク・テジョン)
권세창
(クォン・セジョン)
1分29秒0
第3回 2000年5月21日 핵돌풍
(Haekdolp'ung)
牡3 박태종
(パク・テジョン)
김문갑
(キム・ムンガッ)
1分28秒2
第4回 2001年5月27日 햇빛마을
(Haetpit Maeul)
牝3 지하주
(ジ・ハジュ)
배대선
(ペ・デソン)
2分00秒9 1400mから1800mに距離延長
第5回 2002年5月19日 해암장군
(Haeam Janggun)
牝3 임대규
(イム・デギュン)
배대선
(ペ・デソン)
1分57秒7 優勝馬がコリアンオークスでも優勝
第6回 2003年5月18日 하비동주
(Habidongju)
牝3 박태종
(パク・テジョン)
신우철
(シン・ウジョル)
1分58秒6
第7回 2004年5月16日 무패강자
(Mupae Gangja)
牡3 김효섭
(キム・ヒョソッ)
김문갑
(キム・ムンガッ)
1分59秒2
第8回 2005年6月5日 새벽동자
(Saebyeok Dongja)
牡3 천창기
(チョン・チャンギ)
하재흥
(ハ・ジェフン)
1分58秒9
第9回 2006年5月28日 백록정
(Baengnokjeong)
牡3 황순도
(ファン・スンド)
김일성
(キム・イルソン)
1分56秒8 スルーオグリーン産駒が優勝
第10回 2007年5月27日 제이에스홀드
(J.S.Hold)
牡3 문정균
(ムン・ヂョンギュン)
김대근
(キム・テグン)
1分56秒0 優勝馬が韓国初の三冠達成
第11回 2008年5月18日 에버니스톰
(Ebony Storm)
牡3 심승태
(シン・スンテ)
김상석
(キム・サンソク)
1分55秒9 釜山慶南調教馬も出走可能となる
単勝最低人気馬が優勝[2]
第12回 2009年5月17日 상승일로
(Sangseung Ilro)
牝3 조성곤
(チョ・ソンゴン)
김영관
(キム・ヨングァン)
1分54秒4 優勝馬は西村栄喜騎乗で
KRAカップマイルに優勝
第13回 2010年5月16日 천년대로
(Cheonnyeon Daero)
牡3 박금만
(パク・クンマン)
오문식
(オ・ムンシク)
1分56秒8 ビワシンセイキ産駒タンデブルペが3着
第14回 2011年5月15日 광야제일
(Gwangyajeil)
牡3 오경환
(オ・ギョンファン)
임봉춘
(イム・ボンジュン)
2分00秒3 メイセイオペラ産駒ソスルデムンが7着
第15回 2012年5月20日 지금이순간
(Jigeum I Sungan)
牡3 문세영
(ムン・セヨン)
지용철
(チ・ヨンチョル)
1分58秒1 イングランディーレ産駒が優勝
第16回 2013年5月19日 스피디퍼스트
(Speedy First)
牝3 후지이 카니치로
(藤井勘一郎)
김영관
(キム・ヨンガン)
1分58秒5 優勝馬がコリアンオークスでも優勝
藤井勘一郎が外国人騎手初の優勝[3]
第17回[4] 2014年5月18日 퀸즈블레이드
(Queen's Blade)
牝3 김용근
(キム・ヨングン)
김영관
(キム・ヨンガン)
1分58秒5
第18回[5] 2015年5月17日 영천에이스
(Yeongcheon Ace)
牡3 최시대
(チェ・シデ)
백광열
(ペク・クァンヨル)
1分57秒1
第19回[6] 2016年5月15日 파워블레이드
(Power Blade)
牡3 김용근
(キム・ヨングン)
김영관
(キム・ヨングァン)
1分52秒1 ソウル1800mコースレコードを記録[6]優勝馬が韓国初のソウル・釜山統合三冠達成
第20回 2017年5月14日 파이널보스
(Final Boss)
牡3 최범현
(チェ・ボミョン)
지용철
(チ・ヨンチョル)
1分57秒2 母父リンドシェーバー
第21回 2018年5月13日 엑톤블레이드
(Ecton Blade)
牡3 다실바
(F. ダ・シルヴァ)
김영관
(キム・ヨングァン)
1分55秒5
第22回 2019年5月12日 원더풀플라이
(Wonderful Fly)
牡3 문세영
(ムン・セヨン)
박대흥
(パク・テフン)
1分55秒7
第23回 2020年8月2日 세이브더월드
(Save the World)
牡3 페로비치
(ジョルジェ・ペロヴィッチ)
김영민
(キム・ヨンミン)
1分54秒1 新型コロナウイルス感染拡大に伴い8月に実施
第24回 2021年11月7日 위너스맨(Winner's Man) 牡3 최시대
(チェ・シデ)
최기홍
(チェ・ギホン)
1分55秒2 新型コロナウイルス感染拡大に伴い11月に実施
第25回 2022年5月15日 위너스타
(Winner Star)
牡3 페로비치 백광열
(ペク・クァンヨル)
1分57秒8

出典[編集]

  1. ^ 2022年9月における為替レートを、100大韓民国ウォンに対して10.31円として換算。
  2. ^ 권순옥 (2008年5月24日). “`에버니스톰` 코리안더비 사상 두 번째 대이변” (韓国語). krj.co.kr. http://race.krj.co.kr/recenews/resultnews_view.phtml?category_id=108003&page=2&web_mode=web&searchtype=&searchkey=&view_id=20080000872 2015年5月18日閲覧。 
  3. ^ “藤井騎手が韓国ダービー制覇”. 日刊スポーツ (nikkansports.com). (2013年5月19日). http://www.nikkansports.com/race/news/f-rc-tp0-20130519-1129852.html 2015年5月18日閲覧。 
  4. ^ “`자유민주당과 일본회의는 인류의 적” (韓国語). news1. (2015年5月18日). http://news1.kr/articles/?1680699 2015年5月18日閲覧。 
  5. ^ “설욕! '영천에이스' 코리안더비(GⅠ)를 손에 넣다!” (韓国語). etnews.com. (2015年5月18日). http://www.etnews.com/20150518000067 2015年5月18日閲覧。 
  6. ^ a b “제19회 코리안더비 경마대회 – 지략과 능력, 완벽한 하모니” (韓国語). krj.co.kr. (2016年5月17日). http://news.krj.co.kr/news_synthesis/news_synthesis_view.phtml?category_id=601002&view_id=20160001301 2016年5月24日閲覧。