ハーベスト・タイム・ミニストリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハーベストタイムから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハーベスト・タイム・ミニストリーズ
設立年 1986年[1]
設立者 中川健一
本部 静岡県裾野市千福が丘1-21-85
座標 北緯35度11分39秒 東経138度52分59秒 / 北緯35.19417度 東経138.88306度 / 35.19417; 138.88306座標: 北緯35度11分39秒 東経138度52分59秒 / 北緯35.19417度 東経138.88306度 / 35.19417; 138.88306
会長 中川健一
ウェブサイト http://www.harvesttime.tv

ハーベスト・タイム・ミニストリーズ(Harvest Time Ministries)は、中川健一が主宰するキリスト教再臨運動の団体。1986年1月 - 2010年までテレビ番組を放送していた。日本福音同盟の協力会員。

名称[編集]

名称はヨハネ4:35「収穫の時」からきている。

再臨運動[編集]

再臨運動を行っている。2010年に1.日本のリバイバル、2.ユダヤ人の救い、3.メシア再臨をテーマとして、第一回ハーベスト再臨待望聖会が開催された。4月10日東京、14日沖縄、16日大阪。聖会ではイスラエルメシアニック・ジューの講師ノアム・ヘンドレン師による「イスラエル、教会、そして、神の世界救済計画」の講義があった。

現在、恵比寿JELA(日本福音ルーテル社団)を会場として、聖書の講解メッセージ集会、ハーベストフォーラム東京を毎週日曜(15:30-17:30)、月曜日(10:30-12:30)に開催し、各会100名ほどが集っている。 大阪における定例会は毎月一回で、毎回1つのテーマの中心に聖書の解説とメッセージが語られる。

文書活動[編集]

ハーベスト・タイム・ミニストリーズの主筆として、ヘブル的聖書解釈による信徒訓練を目指して日々のディボーション・テキスト、『clay(クレイ)』を刊行している。『Clay』の特色は、聖書の各書を最初から順番に解説していき、読者が毎日数節ずつ学べるように構成されていることである。 月刊紙としては、イスラエル関連の時事を扱う『つのぶえ -ショファール-』。メシアニック・ジュー団体の月刊誌「イスラエル・トゥデイ」は日本語版を発行していたが、2010年から休刊。他、ハーベスト・タイム・マガジンも月刊紙として配布している。 既存の刊行物として『日本人に贈る聖書物語 Ⅰ族長たちの巻、Ⅱ契約の民の巻、Ⅲメシアの巻、Ⅳ諸国民の巻』(文芸社)がある。 他、『生き方指南』(アイシーメディックス)など。

テレビ放送[編集]

1986年1月、『ハーベスト・タイム』の制作配給に着手した。これが2010年まで続いた。番組アシスタントはルーシー・ディック(ヨアンナの妹)、森祐理(元タレント洛西キリスト教会、番組スポンサー近江兄弟社のCMにも出演)、中村啓子(ナレーター)らが務めていた。

1990年には静岡県裾野市に番組収録用スタジオを擁する広大な新本部教会施設ハーベスト・センターを建設し、ハーベスト・タイム・ミニストリーズは東京都町田市から移転した。

ハーベスト・タイム・ミニストリーズは、1989年から1990年の間、ゴスペル歌手のプロモーションビデオ専門テレビ番組『Music G』を岐阜放送西日本放送沖縄テレビ放送の3局ネット、続いてパワー・チャンネルで制作放映した。司会は久米小百合マーク・ラムクイスト(Mark Ramquist)で、提供は岡山市ブティック宣愛

番組アシスタントはルーシー・ディック(ヨアンナの妹)、森祐理(元タレント洛西キリスト教会、番組スポンサー近江兄弟社のCMにも出演)、中村啓子(ナレーター)らが務めている。

2010年3月6日の放送にて、中川から「2010年3月末の放送をもって、テレビ番組の放送を終了する」との発表があった。基幹局である千葉テレビ放送では、2010年3月27日が最終回となった。公式HP上では、24年間続いた番組を終了した理由として、2011年地デジ完全移行に伴う放送機材調達における費用対効果を問題として挙げるとともに、キリスト教伝道のゴールを「理論的な解釈学に基づく正しい聖書理解をもつ信徒を育てること」であるとし、テレビ放送に向けたエネルギーを2008年に開始した信徒訓練の場である聖書塾の運営と、塾生が全国各地で繰り広げる聖書フォーラム運動のサポートへと方向転換する意欲を表している。

放送局及び放送時間[編集]

2009年12月時点 2010年3月末で終了。

アメリカ合衆国での放送[編集]

上記の他、放送開始2年後の1988年ロサンゼルス支局を開設し川端光生(現「キリストの栄光教会」牧師)を派遣して海外進出を果たし、アメリカ合衆国内のケーブルテレビ数局(ハワイ、ロサンゼルス、テキサス州ニュージャージー州ニューヨーク市)の他、クリスチャン・ブロードキャスティング・ネットワークChristian Broadcasting Network (CBN))を介して対象地域に英語字幕入りで放映され、またインターネットオンデマンド配信されていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]