ウィリアム・ユージン・ブラックストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ユージン・ブラックストン

ウィリアム・ユージン・ブラックストン(William Eugene Blackstone, 1841年10月6日 - 1935年11月7日)はアメリカの伝道者、ドワイト・ライマン・ムーディーの影響を受けた、クリスチャン・シオニスト

生涯[編集]

  • 1841年 ニューヨークのアダムズに生まれる。
  • 1852年 メソジスト教会のリバイバル集会で福音的なクリスチャンになる。
  • 1860年 アメリカ南北戦争の時に兵士として登録されるが、虚弱体質のために従軍しなかった。
  • 1866年6月5日 セーラー・リー・スミスと結婚する。
  • 1870年 イリノイ州のオーク・パークに定住する。建築と不動産投資のビジネスに従事する。ドワイト・ライマン・ムーディーの説教と著作の影響の下で、宗教に立ち返り、前千年王国説と教会の携挙を主張するようになる。アメリカ全土で宣教を始め、クリスチャン・シオニズムを熱心に説くようになる。
  • 1881年 『耶蘇は来る(Christ is coming)』(中田重治訳)を著す。
  • 1890年11月24日-25日 ブラックストンはシカゴの第一メソジスト監督教会で「過去・現在・未来のイスラエルにおける会議」を開催する。ユダヤ教とクリスチャンの療法の指導者が参加した。
  • 1904年 世界はすでに福音化されていると説き始めた。

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「ウィリアム・ユージン・ブラックストン」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。