カール・ヴィスロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カール・ヴィスロフ

カール・フレドリック・ヴィスロフ(Carl Fredrik Wisløff、1908年12月3日 - 2004年6月25日)は、ノルウェールター派神学者である。カール・F・ヴィスレフとも表記される。

ヨーロッパで新正統主義神学が台頭してきた時代に、オスロ独立神学校で、オーレ・ハレスビーオラフ・ムーの元で神学を修め、牧師職についた。

第二次世界大戦中はナチス・ドイツに抵抗して牧師職を追われた。戦後母校のオスロ独立神学校に迎えられて、実践神学教授になり、実践神学牧会史を担当した。さらに、教会史教授になり、特にマルティン・ルターの研究に取り組み、「聖餐論」によって世界に知られた。

国際福音主義学生連盟ヨーロッパ福音主義学生連盟の指導して、福音派の指導者として高い評価を受けた。

1971年には、アムステルダム世界伝道会議ビリー・グラハムと共に講演をした。

著作[編集]

  • キリスト教教理入門(1966年)
  • 説教のこころ(1978年)
  • マルティン・ルターの神学(1984年)

 参考文献 [編集]