テンメイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テンメイ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1974年4月13日
死没 1993年10月7日(19歳没)
ルイスデール
トウメイ
生国 日本北海道苫小牧市
生産 藤沢武雄
馬主 近藤克夫
→藤村稔
調教師 坂田正行(栗東
→村上初男(水沢
競走成績
生涯成績 62戦13勝
中央競馬36戦6勝)
地方競馬26戦7勝)
獲得賞金 1億9393万0200円
 
勝ち鞍
八大競走 天皇賞(秋) 1978年
テンプレートを表示

テンメイとは日本競走馬である。1978年天皇賞(秋)で史上初の天皇賞母子制覇を成し遂げた。牝馬初の啓衆社賞年度代表馬・トウメイの代表産駒である。おもな勝ち鞍は天皇賞(秋)のほかに京都大賞典がある。

生涯[編集]

誕生[編集]

1971年末の有馬記念快勝を手土産に引退したトウメイであったが、馬流感騒動のために幕別牧場での繁殖生活が出来なくなってしまった。そこで、急遽育成時代にお世話になった藤沢牧場[注釈 1]で繁殖生活を送ることとなった。この一時避難的な藤沢牧場時代の1974年ルイスデールとの間に2番目の仔として生まれたのがテンメイである。

競走馬時代[編集]

馬齢2000年以前は旧表記とする。

3歳、4歳(中央競馬)[編集]

母トウメイにも跨った清水英次騎手を鞍上に、札幌競馬場1976年11月にデビュー、3戦目で勝ち上がる。しかし、4歳になってからも条件戦で勝ちきれないレースが続き、春のクラシック参戦は叶わなかった。しかし1977年7月に2勝目を挙げると、1戦はさんで600万円条件戦を2連勝し、クラシック最後の一冠・菊花賞に滑り込み出走を果たした。

この菊花賞でテンメイはその能力を発揮する。単勝9番人気のテンメイは最後の直線コースで伸びを欠く1番人気・ラッキールーラを尻目に先頭に立つとしぶとい粘りを見せ、ゴール前で郷原洋行が駆るプレストウコウの強襲に屈したものの2着と健闘した。続くオープン3着・阪神大賞典2着と好走し、菊花賞がフロックではないことを証明した。

5歳〜天皇賞制覇まで[編集]

15戦した4歳時とは打って変わり、1978年の5歳シーズンはゆったりとしたローテーションで使われた。サンケイ大阪杯で復帰し8着となったあと、母が2連覇したマイラーズカップで2着に入ったが、春シーズンはこの2戦だけで終えた。秋に復帰し9着・2着となったあと、母トウメイが勝った天皇賞(秋)に出走する。

この年の天皇賞(秋)は予想外のアクシデントから始まった。出走馬の枠入り直後、パワーシンボリゲートに噛み付いたためにゲートが開かず、発走やり直し(カンパイ)という珍事が発生。ゲートから出た馬たちを呼び戻し、発走前のファンファーレからふたたびやり直しとなった。再スタートとなったレースは、スタートを待つ間に興奮してしまい、郷原の豪腕をもってしても制御が利かない状態となったプレストウコウが、止むなく大逃げを打つ形となった。向正面で10馬身近い差を付けたプレストウコウがその差を利用しての粘り込みを図った所を、菊花賞とは逆にゴール前でテンメイが半馬身差交わし優勝。初重賞制覇が天皇賞となるとともに、史上初の母子天皇賞制覇を成し遂げた。同一馬主・同一調教師・同一騎手による勝利となったほか、母と同じ大外12番枠スタートからの半馬身差勝利という偶然も重なった。

引退を巡る問題[編集]

天皇賞制覇後は1979年に京都大賞典をレコードタイムで勝利するが勝ち星はそれ一つにとどまった。関係者は1979年のシーズンを最後に競走馬を引退させるつもりであったが、「天皇賞馬」の肩書きはあるものの、スピード競馬の黎明期にあってステイヤー色の強い血統構成を持つテンメイには種牡馬としての需要がなく、関係者が期待していた日本中央競馬会による購入は実現しなかった。そのため、テンメイは競走生活を続行せざるを得なくなった[1]

そんな中、テンメイを種牡馬として個人で所有するという人物(藤村稔)が現れ、1980年6月の宝塚記念12着を最後に中央競馬における競走馬登録を抹消した。当初はそのまま競走馬を引退し種牡馬になると報道されたが、種牡馬にするという約束で購入した藤村稔が約束を違え、岩手競馬水沢競馬場)で競走馬生活を続けていることが判明。この事実は競馬ファンの反発を招き、「トウメイの血を守る会」が結成された[2]。抗議活動を続けたところで所有者の意思には干渉できないという事実の前に会の活動は行き詰まり、発起人を含め脱落する会員も相次いだが、一部は資金を作り、藤村から200万円でテンメイを購入することに成功した[3]。藤村との購入交渉にあたった会員は、藤村や水沢時代の管理調教師村上初男は競馬ファンやマスコミからの評価とは異なり好人物で、愛情をもってテンメイに接していたと証言している[4]1982年8月のシアンモア記念を最後にテンメイは競走馬を引退し、翌9月に生産牧場である藤沢牧場へ移動した[5]

競走馬引退後[編集]

種牡馬としては活躍馬を送り出せず、1993年骨折が原因で母トウメイより先に死亡した。水沢時代の主戦騎手であった村上昌幸によると晩年、水沢競馬場が乗馬として引き取るという話が持ち上がったが、藤沢牧場は「一生ウチで面倒を見る」と言って断ったという[6]

血統表[編集]

テンメイ血統ハイペリオン系/Hyperion 4×5=9.38%、Pharos 5×5=6.25%(父内)、トウルヌソル 5×5=6.25%(母内)) (血統表の出典)

*ルイスデール
Ruysdael
1964 鹿毛
父の父
Right Royal
1958 黒鹿毛
Owen Tudor Hyperion
Mary Tudor
Bastia Victrix
Barberybush
父の母
Rossellina
1957 鹿毛
Tenerani Bellini
Tofanella
Romanella El Greco
Barbara Burrini

トウメイ
1966 黒鹿毛
*シプリアニ
Cipriani
1958 黒鹿毛
Never Say Die Nasrullah
Singing Grass
Carezza Rockefella
Canzonetta
母の母
トシマンナ
1958 栗毛
メイヂヒカリ クモハタ
シラハタ
トキフジ トキノチカラ
第六マンナ F-No.1-b


脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 藤沢和雄調教師の実家

出典[編集]

  1. ^ 吉永1994、179-180頁。
  2. ^ 吉永1994、179-181頁。
  3. ^ 吉永1994、181-183頁。
  4. ^ 吉永1994、183・185頁。
  5. ^ 吉永1994、186頁。
  6. ^ 吉永1994、195頁。

参考文献[編集]

  • 吉永みち子『旅路の果ての名馬たち』大和出版、1994年。ISBN 4804760296

外部リンク[編集]