スバルの車種一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SUBARU > スバルの車種一覧

スバルの車種一覧(スバルのしゃしゅいちらん)では、SUBARUが販売する車種、過去に公開したコンセプトカー、過去に発売していた車種などについて記述する。

日本国内現行車種[編集]

セダン
外観 車種名 初登場年 現行型 現行車種の概要 生産工場
(日本国内向け)
発表 大幅改良
(マイナーチェンジ)
The frontview of Subaru WRX S4 STI Sport R EX (5BA-VBH) (cropped).jpg
WRX S4
WRX S4 2014年
(1992年)
2021年
11月25日[1]
(2代目[2]
WRX STIと比較し、より幅広い顧客層に向けた「大人のスポーツセダン」。
日本仕様は「S4」のサブネームをつけ、初代モデルでは水平対向4気筒2.0 L直噴ターボと
スポーツCVTを組み合わせた仕様となっていたが、2代目モデルでは水平対向4気筒2.4 L直噴ターボとスポーツCVTを組み合わせた仕様に変更となった。
歴代モデルの「レヴォーグ」とボディパネルの一部やシャシー等を共用する。
北米・豪州向けは、「スバルWRX」の名称で販売される。
後述する「レガシィB4」が販売不振のため2020年8月4日を以って販売終了(ブランド廃止)となり、それに代わる日本市場におけるスバルのフラグシップセダンとしての役割を担うこととなった。
なお、欧州市場には初代モデルに限り、水平対向4気筒2.5 Lターボと6速MT
組み合わせた仕様のみ、2019年末まで販売された。
群馬製作所
本工場
群馬県
2020 Subaru Impreza Sport, Front Right, 10-18-2020.jpg
IMPREZA G4
インプレッサG4 2011年
(1992年)
2016年
10月13日
(通算5代目)
2019年
10月10日
次世代プラットフォーム“SUBARU GLOBAL PLATFORM”を採用とした最初のモデル。
「G4」のサブネームは日本国内のみであり、海外では「インプレッサセダン」、または「インプレッサ4ドア」の名称で販売されている。
特に北米市場を主戦場とする車種であり、現行5代目より米国での現地生産が行われている。エンジンは水平対向4気筒の1.6 Lと、同2.0 L直噴の2種。
1. 群馬製作所
本工場
群馬県
2. 群馬製作所
矢島工場
群馬県
ステーションワゴン
外観 車種名 初登場年 現行型 現行車種の概要 生産工場
(日本国内向け)
発表 大幅改良
(マイナーチェンジ)
Subaru LEVORG GT-H EX (2nd generation) front.jpg
LEVORG
レヴォーグ 2014年 2020年
10月15日
(2代目)
「レガシィツーリングワゴン」に替わる、日本最適サイズのスポーツツアラー。初代モデルでは「WRX S4」とはボディパネルの一部やシャシー等を共用していた。
初代モデルでは水平対向4気筒1.6 Lおよび2.0 Lの直噴ターボエンジンを搭載。二代目となる現行型では新開発の水平対向4気筒1.8 Lおよび2.4 L直噴ターボエンジンを搭載する。
日本以外では、初代モデルでは欧州市場にも1.6 Lターボモデルが投入されているが、日本仕様には存在しない2.0 Lの自然吸気エンジン搭載モデルが存在していた。欧州市場は初代モデルのみ発売された。また、北米市場は初代モデルから未発売となる。
二代目モデルではオーストラリアでWRXスポーツワゴンの名で、ニュージーランドではWRX-GTワゴンの名で2021年10月から発売された。
群馬製作所
本工場
群馬県
クーペ
外観 車種名 初登場年 現行型 現行車種の概要 生産工場
(日本国内向け)
発表 大幅改良
(マイナーチェンジ)
Subaru BRZ S (3BA-ZD8) front.jpg
SUBARU BRZ
SUBARU BRZ 2012年 2021年
7月29日
(2代目)
トヨタ自動車と共同開発された水平対向エンジンFRレイアウトのスポーツカー。
姉妹モデルある「トヨタ86」とともに、全量スバルで生産を行い、世界各国に輸出している。
2代目では水平対向4気筒2.4 L直噴エンジンを搭載している。
群馬製作所
本工場
群馬県
SUV
外観 車種名 初登場年 現行型 現行車種の概要 生産工場
(日本国内向け)
発表 大幅改良
(マイナーチェンジ)
Subaru LEGACY OUTBACK Limited EX (BT5) front.jpg
LEGACY OUTBACK
レガシィ
アウトバック
2003年
(1989年)
2021年
10月7日
(4代目)
「フォレスター」と並びスバルのグローバル販売を牽引するフラッグシップSUV。海外市場では代々「アウトバック」の名称で販売される。
主力市場となる米国では現地生産も行われ、2019年に新型にフルモデルチェンジしているが、欧州市場は未発売。北米市場では全て水平対向で4気筒2.5 L、4気筒2.4 Lターボの二種類が搭載されている。
2021年に投入された日本仕様には、水平対向4気筒の1.8 L直噴ターボエンジンが搭載される。
群馬製作所
矢島工場
群馬県
Subaru FORESTER SPORT (SK5).jpg
FORESTER
フォレスター 1997年 2018年
6月20日
(5代目)
2021年8月19日 北米市場を中心に、グローバルで最も多く販売されるスバルの基幹車種。
SUBARU GLOBAL PLATFORM”を採用したSUV。
エンジンは全て水平対向4気筒で、2.0 L直噴+モーターアシストによる「e-BOXER」と1.8 L直噴ターボエンジンの2タイプ。
北米市場では2.5 Lのみの設定。また欧州市場では4代目が継続販売中。
群馬製作所
矢島工場
群馬県
Subaru XV Advance (GTE) front.jpg
SUBARU XV
SUBARU XV 2010年
(1992年)
2017年
4月6日
(3代目)
2020年9月4日 SUBARU GLOBAL PLATFORM”を採用としたコンパクトSUV。
インプレッサスポーツをベースに、クロスオーバーSUV的なエクステリアと、高い走破性を兼ね備えたモデルとして開発されている。
日本仕様のパワートレインは水平対向4気筒の1.6 L、同2.0 L直噴+モーターアシスト「e-BOXER」の2タイプ。
クロストレック」のネーミングで販売される北米市場では、2.0 Lエンジンに加え「Subaru StarDrive Hybrid」と呼称するプラグインハイブリッドを設定。
1. 群馬製作所
本工場
群馬県
2. 群馬製作所
矢島工場
群馬県
GazouBoshu.png
SOLTERRA
ソルテラ 2021年 2022年
4月14日
- トヨタ自動車と共同開発した、スバルブランド初の量産型の電気自動車。 トヨタ自動車
元町工場
(愛知県)
ハッチバック/2BOX
外観 車種名 初登場年 現行型 現行車種の概要 生産工場
(日本国内向け)
発表 大幅改良
(マイナーチェンジ)
Subaru IMPREZA SPORT 2.0i-L EyeSight (DBA-GT2) front.jpg
IMPREZA SPORT
インプレッサ
スポーツ
2011年
(1992年)
2016年
10月13日
(通算5代目)
2019年
10月10日
次世代プラットフォーム“SUBARU GLOBAL PLATFORM”を採用とした最初のモデル。
スバルが自社生産する車の中で最も小型であり、エントリーモデルとしての位置づけである。
「スポーツ」のサブネームは日本国内のみで、海外市場では「インプレッサ5ドア」として販売されている。
北米市場が中心の4ドアモデルと異なり、こちらは欧州市場をはじめ、より多くのエリアで販売されるスバルの中心車種のひとつ。
現行5代目より、米国での現地生産が開始された。
日本仕様のエンジンは水平対向4気筒の1.6 Lと、同2.0 L直噴、同2.0 L直噴+モーターアシスト「e-BOXER」の3タイプ。
1. 群馬製作所
本工場
群馬県
2. 群馬製作所
矢島工場
群馬県
Subaru JUSTY 2WD (5BA-M900F).jpg
JUSTY
ジャスティ 1984年 2016年
11月9日
(通算5代目)
2020年
9月24日
ダイハツ工業からのOEM供給を受けて販売する車種で、「トール」の同型車。
現在スバルで販売される軽自動車を除く現行車種としては唯一の5ナンバー車(小型自動車となる。
リアスライドドアを採用したトールタイプの2BOXであり、日本市場では2016年11月、約22年ぶりにネーミングが復活した。
2016年登場型に於けるラインアップは3気筒の1. 0L自然吸気と同ターボの2種。
OEM元車両と同様、「ジャスティ」とエアロ系グレードである「ジャスティ カスタム」の2シリーズを用意していたが、2020年9月改良型ではカスタム系のみのモノグレードとなっている。
ダイハツ工業
本社(池田)工場
第2地区
大阪府
軽自動車(全て国内市場専用モデル)
外観 車種名 初登場年 現行型 現行車種の概要 生産工場
(日本国内向け)
発表 大幅改良
(マイナーチェンジ)
Subaru CHIFFON CUSTOM R Smart Assist (6BA-LA660F).jpg
CHIFFON
シフォン 2016年 2019年
7月16日
(2代目)
ダイハツ工業からのOEM供給を受けて販売する車種で、「タント/タントカスタム」の同型車。
OEM元車両と同様、「シフォン」とエアロ系グレードである
「シフォン カスタム」の2シリーズを用意している。
ダイハツ工業
滋賀(竜王)工場
第2地区
(滋賀県)
Subaru STELLA CUSTOM RS Smart Assist (DBA-LA160F) front.JPG
STELLA
ステラ 2006年 2014年
12月12日
(3代目)
2017年
8月1日
ダイハツ工業からのOEM供給を受けて販売する車種で、「ムーヴ/ムーヴカスタム」の同型車。
OEM元車両と同様、「ステラ」とエアロ系グレードである
「ステラ カスタム」の2シリーズを設定する。
1. ダイハツ工業
京都工場
京都府
2. ダイハツ工業
滋賀(竜王)工場
第2地区
滋賀県
Subaru PLEO+ L Smart Assist (DBA-LA350F) front.jpg
PLEO+
プレオプラス 2012年
(1998年)
2017年
5月9日
(2代目)
ダイハツ工業からのOEM供給を受けて販売する車種で、「ミライース」の同型車。
OEM元車両と異なりビジネスユーザー向けに特化し、
主要装備をさらに簡素化したグレードが存在しない。
ダイハツ九州
大分(中津)工場
第2工場
大分県
Subaru SAMBAR VAN VB Clean (EBD-S321B) front.jpg
SAMBAR VAN
(画像は7代目モデル)
サンバー バン 1961年 2022年
1月13日
(8代目)
ダイハツ工業からのOEM供給を受けて販売する車種で、「ハイゼット カーゴ」の同型車。
スバルが販売する車種では、最も長い歴史を持つモデルである。
ダイハツ九州
大分(中津)工場
第1工場
大分県
Subaru Sambar Truck TC AWD (Stylish Pack) S510J 0505.JPG
SAMBAR TRUCK
サンバー トラック 1961年 2014年
9月2日
(8代目)
2022年
1月13日
ダイハツ工業からのOEM供給を受けて販売する車種で、「ハイゼット トラック」の同型車。
スバルが販売する車種のうち、最も長い歴史を持つモデルである。
ダイハツ九州
大分(中津)工場
第1工場
大分県

日本国外向け現行車種[編集]

セダン
外観 車種名 初代登場年 現行型発表年 マイナーチェンジ 備考 生産工場
2020 Subaru Legacy Premium AWD, front 2.14.20.jpg
LEGACY
レガシィ 1989年 2019年 米国・豪州で販売される、スバルのフラッグシップセダン。
主力市場となる米国では現地生産も行われ、2019年に新型にフルモデルチェンジしているが、日本を含むアジア、および欧州等の各市場は未発売。
スバル・オブ・インディアナ
・オートモーティブ・インク

(米国 インディアナ州
SUV
外観 車種名 初代登場年 現行型発表年 マイナーチェンジ 備考 生産工場
2019 Subaru Ascent front 7.7.18.jpg
ASCENT
アセント 2018年 2018年7月 米国・カナダで販売される、3列シートを備えた大型SUV。新開発の水平対向2.4 L直噴ターボエンジンを搭載する。 スバル・オブ・インディアナ
・オートモーティブ・インク

(米国 インディアナ州

過去の日本国内販売車種[編集]

外観 車種名 初登場年 販売終了年 世代数 備考
Subaru 1500 at SUBARU Visitor center 2014-2.jpg
1500
1500 1954年 1958年 1代 富士重工業最初の乗用車 である。
1958 Subaru 360 01.jpg
360
360 1958年 1970年 1代 R-2の先代車。
Subaru1000 01.jpg
1000
1000 1966年 1969年 1代 富士重工業が開発し、生産した同社初の量産小型乗用車である。
Subaru ff-1 Sports.jpg
ff-1
ff-1 1969年
(1966年)
1970年 1代 富士重工業が生産していた乗用車。スバル1000のマイナーチェンジ版。
Subaruff-1 4WD.jpg
ff-1 1300G
ff-1 1300G 1970年
(1966年)
1972年 1代 富士重工業の乗用車であり、ff-1のマイナーチェンジ版。
1970 Subaru R-2.jpg
R-2
R-2 1969年 1973年 1代 スバル・360後継及びレックスの先代車。
Subaru-GL10.jpg
LEONE
レオーネ 1971年 2001年 3代 ff-1 1300G後継。4・5代目は日産自動車からのOEMモデル。
Subaru Rex 1986.jpg
REX
レックス 1972年 1992年 3代 R-2後継及び。ヴィヴィオの先代車
Subaru Domingo 001.JPG
Domingo
ドミンゴ 1983年 1998年 2代 4・5代目サンバーをベースとしたワンボックスタイプの多人数乗りワゴン車。
AlcyoneVX.jpg
ALCYONE
アルシオーネ 1985年 1991年 1代 富士重工業が過去に製造していた2ドアクーペタイプの乗用車である。
Subaru Alcyone Svx.JPG
ALCYONE SVX
アルシオーネSVX 1991年
(1985年)
1996年 1代 富士重工業が1991年9月に発売を開始した5人乗り2ドアクーペタイプの乗用車である。
GazouBoshu.png
DIAS WAGON
ディアスワゴン 1990年 2020年 3代 2009年からダイハツ工業からOEM供給を受けて販売。ベース車両は「アトレーワゴン」。
Subaru-Vivio-RX-R-4WD.jpg
VIVIO
ヴィヴィオ 1992年 1998年 1代 レックス後継及びプレオの先代車。
The frontview of Subaru LEGACY B4 Limited (BN9).JPG
LEGACY B4
レガシィB4 1998年
(1989年)
2020年 4代
(通算6代)
「B4」のサブネームは日本国内専用。海外仕様は「レガシィ(セダン)」、また、豪州のみ「リバティ」と呼称する。
最終となる4代目B4は折からのセダン市場の冷え込みの影響のあおりを受け、2020年8月4日を以って販売終了[3]
Subaru R1.jpg
R1
R1 2005年 2010年 1代 富士重工業がかつて生産・販売していた軽自動車である。
Subaru R2 203.JPG
R2
R2 2003年 2010年 1代 R-2とは全く無関係。
Subaru-Exiga.jpg
EXIGA
エクシーガ 2008年 2015年 1代 富士重工業 が製造・販売していた、7人乗り 乗用車 である。
Subaru EXIGA CROSSOVER 7 (YAM) front.JPG
EXIGA CROSSOVER 7
エクシーガ クロスオーバー7 2015年
(2008年)
2018年 1代 エクシーガのマイナーチェンジ版。
Subaru WRX STI Type S (CBA-VAB) right.jpg
WRX STI
WRX STI 2010年
(1992年)
2020年 2代 サーキットユースまでを視野に入れたスバル最強のハイパフォーマンスセダン。
エンジンは水平対向で、日本仕様のみ高回転型2.0 Lターボ「EJ20」型を搭載するが、北米・欧州・豪州向けは2.5 Lターボ「EJ25」型を搭載。
いずれも6MTのみの設定。
EJ20型エンジンの生産終了と併せるかたちで当車種も生産終了。

過去の日本国外専売車種[編集]

過去の委託生産車種[編集]

今後の車種展開[編集]

メーカーより今後発売が公表されている車種[編集]


メーカーより販売終了が公表されている車種[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ただし、実際のデリバリー開始は2022年3月以降を予定。
  2. ^ 旧インプレッサWRX名義から通算した場合は5代目となる。
  3. ^ なぜ急に!? スバルが主要モデル一斉受注終了! 全9車種の今後はどうなる?(ベストカーWeb) - 講談社ビーシー 2020年8月5日(2020年8月6日閲覧)。
  4. ^ “SUBARU 2022年に発売する新型EVの名称を「SOLTERRA(ソルテラ)」に決定” (プレスリリース), 株式会社SUBARU, (2021年5月11日), https://www.subaru.co.jp/press/news/2021_05_11_9750/ 2021年7月8日閲覧。