スバル・R2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スバル・R2
RC1/RC2型
i 前期型(2003年12月 - 2005年11月)
Subaru R2 203.JPG
i 前期型(2003年12月 - 2005年11月)
Subaru R2 rear.jpg
レフィ 後期型(2005年11月 - 2010年3月)
Subaru R2.jpg
販売期間 2003年12月 - 2010年3月
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドアハッチバック
(軽セダン)
エンジン EN07型 660cc 直4SOHC
EN07型 660cc 直4DOHC
EN07型 660cc 直4DOHC S/C
駆動方式 FF
4WD(ビスカス式フルタイムAWD)
変速機 i-CVT
5速MT
サスペンション 前輪:L型ロアアーム・ストラット式独立懸架
後輪:デュアルリンク・ストラット式独立懸架
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,520mm
1,525mm(スーパーチャージャー搭載車)
ホイールベース 2,360mm
車両重量 770 - 880kg
最小回転半径 4.7m
4.8m(スーパーチャージャー搭載車)
後継 2代目プレオ(セダン)に統合
-自動車のスペック表-

R2(アールツー)は、富士重工業(現・SUBARU)がかつて生産・販売していた軽自動車である。

概要[編集]

主に女性をターゲットとしており、R2発表・発売時点では居住性を重視した軽トールワゴンが主流となる中、居住性よりもデザインを重視した作りが特徴である。基本的に国内専用車であったが、一時期香港マカオ(中国特別行政区)へも輸出されていた。

歴史[編集]

初代RC系(2003年 - 2010年)[編集]

  • 2003年12月8日 - R2発売。ボディタイプは5ドアハッチバック型(いわゆる軽セダン)。搭載されるエンジンは660cc直列4気筒。SOHC8バルブ自然吸気のほか、連続可変バルブ機構(AVCS)付DOHC16バルブ自然吸気およびインタークーラー付DOHC16バルブスーパーチャージャーの3種類を設定。スーパーチャージャー搭載グレードとSOHCエンジン搭載の4WD・5MT車を除くグレードは、「環境対応車普及促進税制」に適合し、DOHCエンジンを搭載するグレードの燃費は24.5km/l(10・15モード、2WD車)と「平成22年度燃費基準+25%」を達成する高い燃費性能持つ。トランスミッションはスーパーチャージャー搭載グレードはマニュアルモード付き7速CVT、自然吸気エンジン搭載グレードはCVTおよび一部5速MTの設定がある。駆動方式は前輪駆動または四輪駆動。サスペンションは前L型ロアアーム・ストラット式、後デュアルリンク・ストラット式四輪独立懸架。目標月間販売台数は8000台[1]。スバルの新しいデザインシンボル「スプレッドウィングスグリル」と名付けられた航空機をモチーフとしたデザインのフロントグリル、バックドアオープナーにR2販売開始時スバル車で一番大きなサイズの六連星エンブレムが使われた。
  • 2004年6月30日 - 特別仕様車「i+」を発売。
  • 2004年11月 - 2005年次RJCカー・オブ・ザ・イヤー特別賞ベスト軽自動車受賞。
  • 2004年11月29日 - 一部改良、グレード追加および特別仕様車追加。フロントバンパーのデザインを変更。「S」はさらに、アルミホイールとマフラーカッターも変更された。また、前席ヘッドレストは視認性と後面衝突による頚部へのダメージ軽減を目的に小型・高剛性化されたほか、後部のルーフトリムの形状も変更。「R」のi-CVT車にはインジケーターの点灯により低燃費運転をアシストする「Info-Eco」を追加。ボディカラーの「クリームイエロー・パール」を「トパーズイエロー」に差し替えた。また、基本性能を充実させたグレード「i Casual」を追加すると共に、プレーンなデザインの専用フロントバンパーなどを装備した特別仕様車の「Custom」を追加。
  • 2005年6月14日 - 特別仕様車追加。助手席マルチユーティリティシート、撥水加工を施したシート表皮、スマートキーレスシステム、MD/CDプレーヤー&AM/FMチューナーなどを装備し、機能性・快適性を高めた「Utility Package」が追加されたほか、専用フロントバンパー・グリル、エレクトロルミネセントメーター、本革巻ステアリングホイール・シフトノブ、アルミパッド付スポーツペダルなどを装備したよりスポーティ性の高い仕様「Custom typeS」を追加。
  • 2005年11月24日 - 一部改良・グレード追加および特別仕様車追加。「スプレッドウイングズグリル」から特別仕様車であった「Custom」のバンパーを流用したフロントグリルに変更された。また後席窓の天地方向が拡大され、より大きな開閉面積を確保するため分割化されるなどデザインの変更が行われた。同時にスポーティグレードの「Type S」が追加され、肌にやさしい快適空間を整える専用装備などを装備した特別仕様車「Refi」を追加。
  • 2006年4月24日 - 特別仕様車追加。インテリアショップ「アクタス」監修の元、リラクシングブルーの専用内装色やナチュラルウッド調のインパネを装備したほか、SUBARUアロマティックブレイク(リラクシングムード)&ディフューザーセットも装備された特別仕様車「Refi Limited」を追加。
  • 2006年11月15日 - 一部改良および特別仕様車追加。i-CVTの変速制御の最適化による燃費向上が図られたほか、スーパーチャージャーエンジンの燃料がハイオクガソリン仕様からレギュラーガソリン仕様に変更。新色として「ダークグレー・メタリック」が追加された。同時に、既存の「Refi」をベースに、アミノ酸シートや花粉対応フィルター付エアコンなどの快適装備がされた「Refi Bitter selection」を追加。「Refi Bitter selection」にはボティカラーに新色の「モカブロンズ・パールメタリック」、ステラで設定されている「ダークバイオレット・パール」が追加された。
  • 2007年6月12日 - 一部改良。低価格モデルの「i」が「F」に差し替えとなり、「F」を基本に実用装備を施した「F+」が新たに追加、新ボディ色として、アジュールブルー・パール、ベリールージュ・パール、プレミアムシルバー・メタリック、フロストホワイトが追加された。また、「type S」には、シート色とコーディネートしたレッドの本革巻きステアリングホイールなどが設定された。なお、「Refi」は特別仕様車からカタロググレードとなった。
  • 2008年1月15日 - 特別仕様車追加。2006年11月発売された特別仕様車「Refi Bitter selection」を再発売。新たに、ミュージックCD サーバー&ウェルカムサウンドオーディオやオートエアコンを追加し、快適性能を高めた。
  • 2008年6月12日 - 一部改良。「Refi Bitter selection」に装備されていたミュージックCDサーバ&ウェルカムサウンドオーディオを「type S」に標準装備、「R」と「Refi」にメーカーオプション設定した。また、ボディカラーに「モカブロンズ・パールメタリック」と「スターリングシルバー・メタリック」を追加。
  • 2008年8月4日 - 特別仕様車追加。スバル発売50周年記念特別仕様車「FAVORITE Edition」を追加。「F+」をベースに、EBD・ブレーキアシスト付4センサー・4チャンネルABSやオートエアコン、スマートキーシステム、インテグレーテッドCDプレーヤー&AM/FMチューナー等を装備し、安全性と快適性能を高めた。
  • 2009年11月4日 - 特別仕様車追加。「F+」をベースに、ブラックで統一された内装と花粉対応フィルター付オートエアコン、スマートキーレスシステムなどを装備した特別仕様車「Smart Selection」を追加。
  • 2010年3月12日 - スバル公式サイトの発表では2010年3月14日で受注終了の予定であったが、同日付けで受注終了[2]

車名の由来[編集]

  • 『R2』という記号的な名称によって、従来の軽自動車と比べて一線を画する価値観を表現している[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]