ジェームズ・スターリング (建築家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェームズ・スターリング
Sir James Frazer Stirling
James Stirling 01.jpg
人物情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
生誕 1992年6月25日(満66歳没)
イギリスの旗 イギリス グラスゴー
死没 ロンドン
母校 リバプール大学
業績
建築物 レスター大学工学部棟
ケンブリッジ大学歴史学部校舎
シュターツギャラリー新館
受賞 プリツカー賞(1981年)
RIBAゴールドメダル(1980年)
高松宮殿下記念世界文化賞(1990年)

ジェームズ・スターリングSir James Frazer Stirling, 1926年4月22日 - 1992年6月25日)は、イギリス建築家1960年代から活躍を始め、イギリスで最も重要な建築家となった。

彼の建築は、敬愛する建築家であったル・コルビュジエなどのモダニズム建築の研究に基づいていたが、その形状や色彩はより華やかであり、本人はそう望まなかったもののポストモダニズムの建築家として分類されることもある。当初は予算的制約からレンガを使い、その後も石やタイルスタッコを表面に使った作品が多かったが、それらの建材を円形や曲線状の建物の表層に幾何学的に配する手法や、パステル調などのカラフルな配色などは一世を風靡した。

彼は1924年、スコットランドグラスゴーに生まれ、リバプールで育った。第二次世界大戦で空挺隊員としてノルマンディー上陸作戦に従軍し負傷、傷病兵士のための特別奨学金により進学。リバプール大学で建築を学んだ後、ロンドンに建築設計事務所を構え、1960年前後から活躍を開始した。レスター大学工学部ビル(1959年)、ケンブリッジ大学歴史学部(1968年)などが有名である。その後、1975年デュッセルドルフのノルトライン・ヴェストファーレン美術館の建築設計競技に参加し、円形の中庭を建物中央に配した設計案で注目を浴びた。このコンペには落選したものの、同様のコンセプトをより進めたシュターツギャラリー(国立美術館)新館を1984年ドイツシュトゥットガルトの新古典主義様式の旧館に接して完成させた。

以後ドイツで圧倒的な人気を博したほか世界各地に建築を設計した。1981年プリツカー賞を受賞。1992年にはナイト爵を与えられた。爵号授与の直後に持病の手術を行なったが、手術後に急死。

イギリスの建築賞であるスターリング賞は、彼の名を記念して1996年に創設されている。

作品[編集]

  • レスター大学工学部棟(Engineering building, Leicester University) 1959年
  • ケンブリッジ大学歴史学部校舎(History Faculty, Cambridge University) 1968年
  • テキサス州、ライス大学拡張(Expansion of Rice University in Texas)
  • コーネル大学パフォーミングアートセンター(Performing Arts Center for Cornell University)
  • ロンドンテート・ブリテン、クロアギャラリー増築(Clore Gallery expansion, Tate Gallery, London
  • アーサー・M・サックラー美術館ハーバード大学(Arthur M. Sackler Museum, Harvard University)
  • シュターツギャラリー新館、シュトゥットガルト(Neue Staatsgalerie, Stuttgart) 1977年-1983年
  • ベルリン科学センター(Berlin Science Center) 1988年
  • ブラウン本社・工場(BRAUN Headquarters & Factory) 1992年
  • UCアーバイン校科学図書館(マイケル・ウィルフォードとの協働) 1994年

受賞[編集]

外部リンク[編集]