ロバート・ヴェンチューリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロバート・ヴェンチューリ
Robert Venturi
Robert Venturi 2008 Rome.jpg
生誕 (1925-06-25) 1925年6月25日(92歳)
ペンシルベニア州フィラデルフィア
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 プリンストン大学
職業 建築家
配偶者 デニス・スコット・ブラウン
受賞 プリツカー賞1991年
AIAゴールドメダル2016年
所属 ヴェンチューリ・スコット・ブラウン・アンド・アソシエーツ
建築物 母の家
著作 建築の多様性と対立性
ラスベガス

ロバート・ヴェンチューリ(Robert Venturi, 1925年6月25日 - )はポストモダン建築家

プリンストン大学卒業後、ローマに留学。エーロ・サーリネンルイス・I・カーンに師事した後、フィラデルフィア建築設計事務所を構えている。1954年から1965年までペンシルベニア大学で教鞭を執った。作品に「母の家」(Vanna Venturi House 1963年)、ロンドンナショナルギャラリー増築(セインズベリ棟)、アメリカワシントン州シアトル美術館などがある。日本の日光に存在する大江戸温泉物語湯屋日光霧降(元のメルパルク日光霧降)は彼の作品の中でも高い評価を得ている。1991年プリツカー賞を受賞。

主著『建築の多様性と対立性』(Complexity and Contradiction in Architecture、1966年)、『ラスベガス』(Learning from Las Vegas、共著 1972年)などにおいて、禁欲的に装飾を否定したモダニズム建築を批判し、ポストモダンを提唱した。またミースの標語 "Less is more" (少ないほど、豊かである)を "Less is bore"(少ないほど、退屈である)と皮肉った。 モダニズム、ポストモダニズム、そして脱構築主義が主流を占める昨今の建築界において、彼のような作風をもった建築家は稀有な存在といえる。

名称 都市 州県 備考
母の家(チェスナット・ヒルの住宅) 1963年 チェスナット・ヒル ペンシルベニア州 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ギルド・ハウス 1963年 フィラデルフィア ペンシルベニア州 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
リーブ・ハウス 1967年 バーナゲット・ライト ニュージャージー州 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
第4消防署 1968年 コロンバス インディアナ州 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
トゥルーベック邸とウィスロッキ邸 1971年 ナンタケット マサチューセッツ州 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ブラント邸 1972年 グリニッジ コネチカット州 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ディクスウェル消防署 1974年 ニューヘイブン コネチカット州 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アレン美術館増築 1976年 オーバリン オハイオ州 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランクリンコート 1976年 フィラデルフィア ペンシルベニア州 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ベスト・プロダクツ・カタログショールーム 1976年 ラングホーン ペンシルベニア州 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
プリンストン大学ゴードン・ウー・ホール 1983年 プリンストン ニュージャージー州 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ナショナルギャラリー・セインズベリ棟 1991年 ロンドン イギリスの旗 イギリス
シアトル美術館 1991年 シアトル ワシントン州 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
旧メルパルク日光霧降 1996年 日光市 栃木県 日本の旗 日本

主な日本語文献[編集]

  • ヴェンチューリー著 『ラスベガス』 石井和紘・伊藤公文訳、鹿島出版会SD選書〉、1978年
  • デイヴィッド・ゲバード/デボラ・ネヴィンズ 『図面で見るアメリカの建築家 ジェファソンからヴェンチューリまで』谷川正己・増山博文訳、鹿島出版会、1980年
  • ヴェンチューリ著 『建築の多様性と対立性』伊藤公文訳、鹿島出版会〈SD選書〉、1982年
  • フレデリック・シュワルツ編『母の家 ヴェンチューリのデザインの進化を追跡する』三上祐三訳、鹿島出版会、1994年
  • ヴェンチューリ著 『建築のイコノグラフィーとエレクトロニクス』 安山宣之訳、鹿島出版会、1999年

外部リンク[編集]