アルド・ロッシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルド・ロッシ
Aldo Rossi
人物情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生誕 1931年5月3日
イタリアの旗 イタリア ミラノ
死没 1997年9月4日(満66歳没)
イタリアの旗 イタリア ミラノ
母校 ミラノ工科大学
業績
建築物 ガララテーゼ集合住宅
カルロ・フェリーチェ劇場
ボネファンテン美術館
受賞 プリツカー賞 (1990年)
ポートモールアピタ港(2005年当時のデザイン)、1993年
ボネファンテン美術館、マーストリヒト、1995年
シュッツェン通りの集合住宅、ベルリン、1994年-1998年
シュッツェン通りの集合住宅、ベルリン、1994年-1998年
門司港ホテル、北九州市、1998年
旧アンビエンテ・インターナショナル、東京都、1991年
カルロ・フェリーチェ劇場(再建)、ジェノヴァ、1990年

アルド・ロッシAldo Rossi, 1931年5月3日 - 1997年9月4日)は、イタリア建築家1980年代を中心に、建築理論・ドローイング・設計の三分野で国際的な評価を達成する非凡な業績を挙げた。

略歴[編集]

ミラノ生まれ。1949年にミラノのポリテクニコ(ミラノ工科大学)に入学し1959年に卒業。在学中より(1955年)建築雑誌『Casabella Continuità』に寄稿し、1961年から1964年まで編集に携わった。1964年に『Casabella Continuità』誌を辞し、個人の建築設計事務所を開設。各地の大学で都市計画など都市の研究を進めた。1965年にミラノ・ポリテクニコで準教授に就任し、以後1970年代から1980年代にかけてスイスヴェネツィアニューヨークなど欧米各地の大学や研究機関で建築の教育を行った。

彼の初期の仕事である1960年代の作品群は、ほとんどが理論上の架空の計画やコンペで選外に終わった未完の作品であり、1920年代のイタリア・モダニズム建築ジュゼッペ・テラーニを参照)、19世紀末の建築家アドルフ・ロース古典主義機能主義20世紀前半の画家ジョルジョ・デ・キリコの都市を描いた絵画などの影響を同時に感じさせるものであった。彼は1966年の著書『都市の建築 (L'architettura della citta)』、および1981年の著書『科学的自伝(アルド・ロッシ自伝、Autobiografia scientifica)』、さらに1970年代後半から幾何学的な建築案が次々と実現したことによって、1970年代末から1980年代にかけて非常に強い影響を世界の建築界に及ぼした。

ロッシは著書の中で、現代の建築界では都市に対する理解の欠如が常態になっていると批判した。彼は、都市は時間をかけて建設されてゆくものとして研究され評価されるべきだと論じた。特に関心を示したものは、時間の経過に耐えて残ってゆく都市の工作物であった。ロッシは、都市はその過去(われわれの「集合的記憶」)を憶えている、と述べ、われわれはその記憶をモニュメントを通して活用しているとした。それゆえ、モニュメントは都市に構造を与えるものだとした。

彼は「テンデンツァ(La Tendenza)」と呼ばれる端正な新合理主義建築運動の創始者の一人とされている。彼が1970年代から1980年代のヨーロッパの建築思想を先鋭化させるにあたって及ぼした影響は、しばしば同時期のアメリカ合衆国におけるロバート・ベンチューリの理論などと比較される。しかしながら、ヴェンチューリがポストモダニストであったことに対し、ロッシは明らかに古代ギリシア古代ローマ以来のヨーロッパの都市デザインに基づくモダニズムの見解を前進させる立場であった。

彼は1979年ヴェネツィア・ビエンナーレのために、船で引かれて海に浮かべられる250席の劇場『Teatro del Mondo(世界の劇場)』を設計した[1]。また、彼はジェノヴァ第二次世界大戦で破壊された国立オペラハウス(カルロ・フェリーチェ劇場)再生計画など、多くの建築を手がけるようになり、1990年には建築の世界的な賞、プリツカー賞を受賞した。建築評論家でプリツカー賞の審査員、エイダ・ルイーズ・ハクスタブル(Ada Louise Huxtable)はロッシのことを「たまたま建築家になった詩人」と表現している。

1997年、ロッシは多くのプロジェクトを世界中で抱えていた最中、ミラノで自動車事故に遭い、66年の生涯を突然閉じた。

作品[編集]

受賞[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]