ジュゼッペ・テラーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サンテリア幼稚園

ジュゼッペ・テラーニGiuseppe Terragni1904年4月18日 - 1943年7月19日)はイタリアモダニスト建築家都市計画家。合理主義建築を代表する建築家であった。

1920年代ドイツなどで興った建築モダニズムインターナショナル・スタイルにいち早く反応しイタリアにおいて普及させようとした。同時に、新しいファシズム体制のための建築を多数設計している。ムッソリーニ政権の基で「カサ・デル・ファッショ」や「ヴィッラ・ビアンカ」等の優れた建築を実現させている。ムッソリーニ政権崩壊直前に脳卒中で他界した。

来歴・人物[編集]

1904年、イタリア北部のメーダで生まれた。コモの工科学校卒業後、ミラノのポリテクニークで建築を学んだ。1927年、兄弟のアッティーリアと、コモに建築設計事務所を開き、開設後しばらくはチェーザレ・カッターネオらとコモ市の都市計画に従事していた。

イタリアにおけるモダニズム建築運動の先駆者として、イタリアのモダニズムの代表となる建築を多く残した。またファシストの建築家集団でイタリア合理主義建築を主導した「グルッポ7」の創設メンバーであり、新古典主義ネオ・バロックなどの復古主義を激しく非難した。1926年、「グルッポ7」のメンバーのうちの進歩主義的なメンバーと宣言文を発し、復古主義との論争のリーダーとなった。

建築家としての活動期間は13年間に過ぎなかったが、コモに小規模だが重要なデザイナーの集団をつくり、コモおよびミラノをモダニズム建築・イタリア合理主義建築の牙城とした。末期の仕事では、近代建築理論とイタリアの伝統を融合させて、より「地中海性に富んだ」独特の建築様式に至っている。

作品は146点だが、現存している物は22点。またダンテ・アリギエーリの『神曲』をモチーフにした、実現しなかった記念碑的建築「ダンテウム」(Danteum)など、計画案も多数残されている。

作品[編集]

  • カサ・デル・ファッショ(1928、1932-36)
  • サンテリア幼稚園(1934、1936-37)

外部リンク[編集]