ホセ・ルイ・セルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホセ・ルイ・セルトカタルーニャ語:Josep Lluís Sert i López, スペイン語:José Luis Sert,1902年7月1日 - 1983年3月15日)は、スペインカタルーニャ建築家。建築界で20世紀を代表する人物。カタルーニャ語読みではジュゼップ・リュイス・セルト

バルセロナ生まれた。バルセロナ建築大学を卒業。ル・コルビュジェの下で所員として無給で働いた後に独立。 1920年代からトレス・クラヴェ、リカルド・チュルカなどとGATPAC(GATPAC(現代建築の進歩を目指すスペインの芸術技術のグループ)の設立に参加。第二共和政期のスペインで学校建築にたずさわる。

その後アメリカ、ケンブリッジに移り住み、ハーバード大学などで教鞭を執る。1952年から69年までイエール大学学部長、同大学で教鞭をとるほか、ハーバ-ド大学デザイン大学院の院長も務めた。1981年 AIAゴールドメダル授与。

代表作[編集]

  • セルト自邸、1957
  • カーペンター視覚芸術センターコルビュジェのアトリエ時代
  • ガラフの週末住宅(J.トレス・クラーヴェと)
  • バルセロナの学校 1935
  • パリ万博スペイン館 1937年
  • カタルーニャ現代美術館 1955年
  • ハーバード大学ホリオーク・センター 1958
  • ピーボディー・テラス(家族/独身学生向アパート)1962
  • ジョアン・ミロ財団ミロ美術館 1975年
  • マーグ美術館
  • ハーバード大学サイエンスセンター 1970
  • カーペンター視覚芸術センター - 実施設計担当
  • ダイニングチェアなどの家具作品もある

関連項目[編集]

  • 槇文彦 - ハーバードでセルトのスタジオで学んでいたことがある
  • 坂倉準三 - ともにコルビュジェの下で以来の親交
  • 竹山実 - セルトや、イサム・ノグチの事務所に勤務

参考文献[編集]

  • Josep Luis Sert / ホセ・ルイ・セルト 1953-1969. 2008年
  • ホセ・M・ロヴィラほか ホセ・ルイ・セルト完全作品集 2005年
  • ポール・ヘイヤー ホセ・ルイ・セルト. 現代建築をひらく人びと-II *a+u臨

時増刊 20世紀のモダン・ハウス II 理想の実現

  • ホセ・ルイ・セルト作品集 プロセスアーキテクチュア PROCESS34号 1982年
  • シャルロット・ペリアン自伝 みすず書房
  • CASABELLA JAPAN +日本語版リーフレット
  • 近代建築の証言/ジョン・ピーター TOTO出版 2001
  • SD選書 18 現代建築を創る人々