ヴェスニン兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1890年ごろに撮られた家族写真。左から、ヴィクトル・ヴェスニン、アレクサンドル・ヴェスニン(父),Lidia Vesnina (姉妹), レオニード・ヴェスニン、Yelizaveta Vesnina (母)、アレクサンドル・ヴェスニン

ヴェスニン兄弟(Vesnin brothers)は、ロシア建築家で、長男:レオニード・ヴェスニン(Leonid Aleksandrovic Vesnin、1880年-1933年)、次男:ヴィクトル・ヴェスニン(Viktor Aleksandrovic Vesnin、1882年-1950年)、三男:アレクサンドル・ヴェスニン(Alexander Vesnin、1883年-1959年)の、3兄弟をさす。

ロシア・アヴァンギャルドの代表的建築家で、3人の兄弟は年齢が近いことの他、それぞれがそれぞれの得意分野を発揮し、密な協力関係によっていくつかの優れた建築作品を残している。社会学方面と地域計画的なデザインアプローチを主とする現代建築家同盟「オサ」の創立者。

1920年代と1930年代初頭まで構成主義建築の支配的なソ連の建築学校において指導者として君臨。

なお、各兄弟の共同作業に対する個々の活動に関する正確な推定は、依然として論争と推測の問題がはらんでいる。それにもかかわらず、歴史家は1923年と1925年の間にヴェスニン兄弟によって早期構成主義においてアレクサンドルの主導的な役割を指摘。アレクサンドルとしても、舞台デザイナーそして抽象画家として建築外で最も顕著な経歴を持っていた。

兄弟の建築における最も初期の協働は1906年にさかのぼる。1910年から1916年の間に、モスクワに本拠を置く家族会社は、モスクワとニジニ・ノヴゴロドにいくつかの公的・私的建物を設計し建てるが、スタイルは新古典主義に向かい装飾的な傾向をみせていた。ロシア南北戦争の間、レオニードとウィクトルは産業プロジェクトと教育に専念し、アレクサンドルは劇場のステージデザイナーとして成功した。

1922年、3人の兄弟は前衛的なコンセプトを取り入れて再会し、建物や現代建設技術の機能を重視した現代建築のビジョンを開発。ヴェスニン兄弟は、1922年から1925年の間に建築設計競技や、アレクサンドルが議長を務めるOSAグループの活動と出版を通じ、建築職能のリーダーシップを獲得。戦後不況から回復した経済にのって、ドニエプル水力発電所やモスクワのリッハチェフパレスのような有名な建設プロジェクトで報われていた。

1933年レオニードの死は、独立した芸術組合とモダニストの建築に対する政府の取り締まりの台頭という時代性と一致していた。ウィクトルは、ソビエト建築家連合(1939-1949)からソビエトアカデミー初代会長になり、工業建築と連邦政府統治の管理において大きな成功を収めた。アレクサンドルは、スターリン主義建築の台頭に対応することに失望し、静かに公共の職から撤退した。

主な代表作[編集]

  • モスクワ・ニコスルコエ郊外住宅地開発(ヴェスニン兄弟、1908年)
  • クズネツォフアパート(B.M.ヴェリコフスキー、A.A.ヴェスニン、V.A.ヴェスニン、1910年)
  • モスクワ中央郵便局(ヴェスニン兄弟、1911年)
  • ジュンカー銀行ビル(ヴェスニン兄弟、1913年)
  • カトゥンキの教会(ヴェスニン兄弟、1913年)
  • シロトキン邸(ニジニ・ノヴゴロド, 天井画はアレクサンドル、1913年-1916年)
  • キシネマ・ブルナエフ科学工場付属集落(1915年)
  • クリミア・コクテバル・セメント工場集落(1917年に部分完成)
  • サトゥルスカ工場近接労働者定住住宅地計画(V.A.ヴェスニン、1919年)
  • カールマルクスモニュメント(A.A.ヴェスニン、V.A.ヴェスニン,途中資材不足で中断 1920年-1926年)
  • アクショーノフ群集劇「闘争と勝利」構想デザイン補(A.A.ヴェスニン、1921年)
  • 舞台『フェードル』(1921年-1922年)
  • ポドルスキー工場近接労働者定住住宅地計画(V.A.ヴェスニン、1922年)
  • 新しいモスクワ計画(La nouvelle Moscou, A.A.ヴェスニン、V.A.ヴェスニン, 赤の広場における建築プロジェクト、1922年)
  • 新しいモスクワ計画レーニン地区低密度ハウジング計画(L.A.ヴェスニン,モス・ソビエト建築部にて)
  • 労働宮殿(人民宮殿)設計競技1等当選案(ホテル・モスクワ再開発, 1923年)
  • レニングラード・プラウダ本部社屋コンペティション案(A.A.ヴェスニン、V.A.ヴェスニン,1924年)
  • 飛行機格納庫(A.A.ヴェスニン、V.A.ヴェスニン,1924年)
  • アルコス・ビル案(建築設計競技1等案だが実現せず、1924年)
  • イワノヴォーヴォンネセンスク都市造営(デザインチーフとしてL.A.ヴェスニン,1924年-1927年)
  • 天然鉱物中央研究所(V.A.ヴェスニン、1925年)
  • イワノヴォーヴォンネセンスク・サンスーシの人民の家(V.A.ヴェスニン、マリノフスキーの設計を引き継ぐ、1925年)
  • イワノヴォーヴォンネセンスク織物工場クラブ(L.A.ヴェスニン,1925年)
  • モストルグ・デパート(ヴェスニン兄弟、1927年)
  • クラスナヤ・プレスニャ (1927年-1928年)
  • イワノヴォーヴォンネセンスクIvsel銀行 (V.A.ヴェスニン、1927年-1928年)
  • モスクワ映画俳優クラブハウス(1928年、A.A.ヴェスニン)
  • ドニェフロストロイの調理工場建物(V.ヴェスニン,N・コーリ,オルロフ, S.マスリフのデザイン、1928年)
  • スラハヌイ・労働者クラブ(アゼルバイジャン・アプセロン、ヴェスニン兄弟、1928年-1932年)
  • バイロフ・労働者クラブ(アゼルバイジャン・バグー、ヴェスニン兄弟、1928年-1932年)
  • モスクワ前政治犯協会会館・政治犯のためのクラブ (ヴェスニン兄弟、1929年-1930年)
  • ドニエプル・ドニプルストロイ水力ダム(建築設計競技当選、ヴェスニン兄弟チーム、1929年-1932年)
  • ウクライナ・ハリコフ大劇場案 (ヴェスニン兄弟、建築設計競技最優秀に選出されるも実現せず、1930年-1931年)
  • クズネック住宅地計画 (ヴェスニン兄弟のドム・コムーナ設計、1930年)
  • スターリングラード・ハウジングコミューン計画 (ヴェスニン兄弟のドム・コムーナ設計、1930年)
  • リハチョフ工場文化宮殿(ヴェスニン兄弟、1930年)
  • ジル工場リカチェフ文化宮殿(自動車工場,現プロレタリア地区リハツェフ・クラブ 1931年-1937年)
  • ステパン・ラージン・労働者クラブ(アゼルバイジャン・バグー、ヴェスニン兄弟、1932年)
  • コテルニチェスカヤ及びゴンチャルナヤ堤計画(ヴェスニン兄弟とモイセイ・ギンズブルグ、1934年)
  • モスクワ重工業省重工業プロジェクトコンペティション案(A.A.ヴェスニン、V.A.ヴェスニン,1934年)

概要[編集]

長男レオニードは芸術アカデミー卒業後、レオン・ベノワに師事。MVTU(モスクワ高等技術専門学校)、モスクワ建築大学にて教鞭を執る。M・パルヒン、L・ヴェリコブスキー、N・ポリャコープ、ローマン・クレインアレクサンドル・ブーロフらが大学時代に師事している。主に兄弟の総括と実務方面を専らとし、また都市計画方面の分野でも活躍。1930年以降は、社会主義都市計画ソツゴロドを受けてロシア諸都市の地域計画マスタープラン作成に兄弟らは参加していく。

レオニードは1933年10月、ソビエト宮殿コンペでの結果で構成主義が終焉を遂げる直後に死去。彼が住んでいたモスクワの旧市街(旧Denezhny Lane)は、1933年から1991年にかけて名を馳せる。

次男ウイクトルはサンクトペテルプルクの民間技術大字を卒業。ヴフテマス、MVTUで教鞭を執る。ヴフテマスでは1924年ごろ自身らのスタジオが開設。技術分野に明るく、産業建築家として数多くの産業建築を残した。1929年には「新都市建設の条件」を発表。このころから都市計画分野の仕事を多く手がけ、学校のスタジオでも新都市の計画の課題を多くとりあげていた。

ウイクトルはソビエト宮殿のコンペからスターリン主義建築が蔓延した後にはスターリンの観念における役割を保持してさらに迎合した唯一の構成主義建築家であった。さらに1932年から1938年まで、過去の独立した団体をすべて置き換えた国営組合であるソビエト建築家協会議長を務めた。同期間では、重工業省兵站の建築についてグリゴリー・オルジョニキーゼに彼が直接報告するようなソ連の工業化のためのチーフアーキテクトという国民経済において最高峰の一流建築家の後継と化す。

彼はアルバート・カーンにも協力、1942年にカーン死去した後、カーンの未亡人に哀悼の意を表明した唯一のソヴィエト人であった。 ヴェスニンスタジオの卒業生であるAnatoly Fisenko(1902-1982、1925年のMVTUクラス)はソ連当局とカーンの会社の間にはいってカーンのモスクワ事務所を拠点にして地元学生を大勢訓練することを密かに任命された。Fisenkoが逮捕された1932年にカーンとの破局後、刑務所で半年を費やしたが、第二次世界大戦前にFisenkoによって監理されていたGosproyektstroy-1(後のMetallostroyproyekt)における実質的にすべてのソビエトの冶金プラント、ゴーリキーAuto Plant、ジグリ水力発電所およびその他の最優先産業団地はウイクトルはによって監修された。

軍事産業で高評価を受けたこうした仕事は自身をトップに立たせただけでなく、実際の建築設計や公共職業生活からの脱却をも意味していた。彼のデザインプロセスへの関与、ソビエトにおけるカーンとのパートナーシップの働き、アメリカのデザイン技術の「借用」手段は、公式なものであったにもかかわらず、当時西側への認知の限界からか一般には知られていないままである。

1939年から1949年まではソ連建築アカデミー初代総裁をつとめた。 RIBAゴールドメダルを1945年、受賞。

三男のアレクサンドルはベテルプルク民間技術大学卒業。モスクワにあるいくつかの芸術工房でも学び、ウラジーミル・タトリンにも師事した。ウイクトルとともに1908年から2年間ほど、ヴェリコフスキーの事務所で助手をつとめている。 独立後はヴフテマスでも教鞭を執る。当時の教え子にはイワン・レオニドフなど。インフク(InkhukまたはInhuk, 芸術文化研究所:ИНXУK (Инхук) = Институт Художественной Культуры)の会員であり現代建築家同盟議長もつとめた。芸術集団「オクチャープリ(十月)」、「レフ」の会員。劇場芸術・舞台美術も手掛け、1923年にモスクワで上演された演劇「木曜だった男」の舞台セットはつとに有名である。また、「5×5=25」展にも、ロドチェンコ、ステパーノヴァ、エクステルらとともに出展参加する。

スターリン主義建築台頭後は積極的な職業生活からは距離を置く、おそらく当時の公式スタイルに溶け込めない、あるいはそれらに望みを持っていなかった。

彼の最後の公式デザインの仕事は、1920年代初頭からザリャディーに鎮座した政府建物のように時代遅れが蔓延する1940年代から第二次世界大戦まで、シムケントに建築されるその場しのぎの新しい労働者の町の防衛工場のためで、1961年に初めて一般市民に公開されるこれらにベストを尽くした他、空き時間は中央アジアで主要となるであろう多くの建築案をキャンバスに描いていた。

戦後は1950年まで石油産業省のチーフアーキテクトの称号を授かっていたが、建築界からは引退していた。

ヴェスニンワークフロー
1927年Presnensky地区のデパート (2008 photo)

ソビエトの建築批評家たちは、3つの豊かで異なる高度に相補的な人材を、歴史的でプロフェッショナルな個性と融合させる。ヴェスニンスタジオの卒業生とアーカイブの研究によるNatalya Vesnina(Victorの未亡人)の脚注は、各学者が各兄弟の関りと作業プロセスを再構築することを可能にした。1927年までに、Khan-Magomedovによると業務のワークフローは、つぎのように各兄弟の明確な役割に結実化したとする。通常、アレクサンドルは初期の芸術的概念を提供し、建物の外観をスケッチ、レオニードが管理機能:フロアプランと建物内の機能部品や内部通信物、アレクサンドルやレオニードとは別に暮らして働いていたウィクトルは設計後半の段階で悪魔の代弁者となり、中間案の弱点を突き止めるであろう、そしてレオニードもウィクトルも、アレクサンドルの全体的な外見と構成を定義する上で疑問を呈していない、のである。 兄弟は多数の学生の助手を雇い、自身らの才能を明確に優先。実際、自分の創造的なアイデアを発揮した学生はすぐに解任された。ヴェスニンたちのクレジットにとって、学生らが掲げたアイデアをプロジェクトに取り入れたことはない。

石油産業のための仕事

1927年から1928年にかけてアルコス (ソ連)労働会館コンペ案で、アレクサンドルは以前のスタイルはのそびえ立つ不格好に示され平凡な「建設的なスタイル」の増殖のために自身が責任を感じていた。兄弟による新しい案は、パビリオン組成物を建物の機能に応じて別々のボリュームに建物を分割するアプローチで、1928年のレーニン図書館のコンペ案設計で発表された。コンペは両方ともウラジミール・シューコに奪われた。

ヴェスニン兄弟による最初の具体化された構成主義者の働きは、1925年にバクー郊外の新労働者街で発表された。ヴェスニンらはソ連石油産業との永続的な関係を築いた(主にアゼルバイジャンに関して)。 1928年には、バイロフ、シュラクサニ、バクーのBlackセツルメントに3つの労働者クラブを設立した。3人すべてがパビリオンの構成に拘わった。これらの非対称的な建物には、東洋的な特徴は見られなかったが、その低い水平なアウトラインは、中世のイスラム教徒都市に合わせて作られていた。その後、第二次世界大戦後にウィクトルとアレクサンドルらの工房は石油産業省専任で働いていた。

ドニエプル発電所

ドニエプル水力発電所のダムがすでに設置されていた1929年に、州は発電所管理棟の建築設計競技を発表。明らかにわずかな工業用建物のコンペは、最優先国レベルの水準まで上昇。モスクワ・クレムリンには募集要綱が掲示されていた。フロアプランと寸法(長さ約200メートル、高さ20メートル)が事前に設定された。建物の視覚的な意図されたところは、縦長のバットレスのパターンで、背の高い長いダムが支配していた。

ウィクトルはこの大会だけに参加。彼らのライバルはすべて列、アーチ、または湾の窓のリズミカルなパターンで200メートルの壁を分割しようとした。ヴェスニンらは、これとは対照的に、ダムによって小さくなってしまうとして自信を持って垂直パターンは完全に排除。代わりに、平らな花崗岩で覆われた壁は、建物のほぼ全長を走るガラスの水平バンドで切断された。審査は競技の最終段階(1930年1月)では、ヴェスニンとジョルトールスキーの両者の案しか考えられていなかった。専門家では案の決定が分かれていた。ヴェスニンらの構造は非効率的かつ過体重とみなされた。対してジョルトールスキーのルネサンススタイルは受け入れられないと考えられた。エンジニアリングの問題は現状ではさておき後でブラッシングできる、とアヴェルEnukidzeが委員長を務めた委員会(アナトリー・ルナチャルスキー、アレクセイ・シューセフなど)は、最終的にヴェスニンとの契約を選出。単独のスタイルで衝突した後、第二次世界大戦時ウィクトルがザポリージャと元の設計を破棄して発電所を再構築して監理を再開。

ハリコフ

兄弟は、ウクライナ、特にハリコフでの契約をねらい引き続き競う。1930年、彼らはGzerromビルの向かいにあるDzerzhinsky広場のCooperationビルとGovernmentビル入札に参加。彼らの案は、審美的には最高とみなされたが、高い見積費用のため実行されなかった。 また、1930年には、6,000人のハリコフ劇場の国際設計大会で優勝、ヴェスニン兄弟が図面を作成する契約を獲得したものの、彼らはアルカディー・モルドヴィノブと彼のVOPRAの仲間でOSAグループに対して厳しい批評家および他の定評のある建築家らとコントロールを共有することを余儀なくされた。"チーム"間の摩擦は、長年の建設を遅らせた。プロジェクトは、ウクライナの首都がハリコフからキエフに移ったときに放棄された。

リッハチェフパレス
リッハチェフパレスの図書館棟、1933-1937(2008写真)

Presnensky地区にある1927年兄弟によってモスクワに実際建設された最初のデパートであるパブリック・コンストラクティスト・ビルは、1925年のTsum百貨店の案をスケールダウンされたクローン案であった。それは、鉱物資源内研究所建物が続いたZamoskvorechye地区(1928)とPovarskaya劇場通りに面する(1929年から1930年にかけて設計され、1931年から1934年に完成 )。

兄弟は、1930年に解体されたSimonov Monasteryの敷地に建設される、プロレタルスキー地区文化パレスのための公募に他が参加せず、競技には仕事が兄弟に授与される明確な勝者として終わった。

彼らの当初の提案はル・コルビュジエのアイディアの影響を受けて、複雑なT字型の公共空間の構築-二つの建物で構成し劇場ホール、大規模なダンススペース、200,000冊(84冊)ライブラリと冬の庭園(4万席のメイン・シアター)がみられる。ハリコフ演劇案に基づく後者は、実現しなかった。

小ホールは1933年に開館され、1937年まで公共施設建設が牽引された。スターリン主義のファサードによって強化されたこの時期の他の構成主義的建造物とは異なり、文化宮殿は1930年の案と正確に一致した完成をみた。第二次世界大戦後にその外観は、実際には変更されたが、すべてのスターリン主義の追加は、1970年代止められた。

その歴史の大部分にわたってZILによって運営されているこの建物は、リチャハク文化パレスとして知られている。

ソビエト宮殿とナルコムジアジプロムコンペ案

兄弟は、1932年から1936年までの公共建築競技(モスクワとウクライナのキエフでのSTOの建設、ソビエト宮殿、ナルコムジアジプロム(Narkomtiazhprom)ビル)にも積極的に参加したが、当選は復興主義の建築家が独占した。

その後アレキサンドルとウイクトルは、若いリバイバル建築家セルゲイ・ラスチェンコと実用的建築案で募集。

兄弟はソビエト宮殿競技第3ラウンド(1932年)に招待された13チームの1つに選出された。スカイウォークギャラリーでつながった円筒形とプリズム形の複雑な構成は、以前のソビエトの宮殿建築から借りてきたもの。Khan-Magomedovによると、それはラドルフスキーとギンズブルクら競合する近代主義者のエントリー案にもわずかに劣っていた。 その提案を再設計する第四(そして最終の)ラウンドにむけて、今回は、建物のすべての部分が単一のモノリシックなボリュームに統合した。明らかに軽蔑していた "建設的なスタイル"で、構成主義者のスタイリングとスターリニストの建築のより適切な記念碑的な構造を融合させた。

重工業人民省(ナルコムジアジプロム)用ビルコンテストでも同じパターンが続いた。最初の(1934年)草案は、スカイウォークで結ばれた4つのガラスの高層ビルを提案した。ツインタワーの代用型を使用し個人的に実証した後は1936年にリアスシェンコが典型的に抱合させたシングルスター型を比較的広範なタワー型に切り替えて社会主義リアリズムの彫刻と擬似古典的なアーチで挑む。これらのデザインはどちらも認知を得ることはできなかった。

おそらく、1932年以降ヴェスニンらに与えられた唯一の目立つ公的プロジェクトは、モスクワ地下鉄Paveletskaya-Radialnaya駅の設計である。しかし、戦時中のコスト削減のために、駅は設計と異なる一時的な形で建てられた。さらに1950年から1952年にかけて、アレクセイ・ドゥーシュキンによる新しいデザインに再変更された。

ウイクトルとアレクサンドルの協働も1930年代後半には解消している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 希望の空間-ロシア・アヴァンギャルドの都市と住宅-(住まい学大系 012) 八束はじめ著 住まいの図書館出版局 1988
  • ロシア・アヴァンギャルド芸術-理論と批評,1902-34年- J.E.ボウルト編著 川端香男里ほか訳 岩波書店 1988
  • ロシア・アヴァンギャルド芸術-1910‐1932- 西武美術館編集 リブロポート 1983
  • ロシア・アヴァンギャルド  4 コンストルクツィア 構成主義の展開 - 国書刊行会 1991
  • 建築文化 1995年12月号 彰国社
  • ロシア・アヴァンギャルド-未完の芸術革命-(パルコ・ピクチャーバックス) 水野忠夫著 Parco出版 1985
  • 現代建築家99 (新書館ハンドブック・シリーズ) 多木浩二, 飯島洋一, 五十嵐太郎 新書館  2010 ISBN 978-4403251030
  • ロシア・アヴァンギャルド建築 ― ARCHITECTURE OF RUSSIAN AVANT-GARDE 監編著訳 八束はじめ 都市デザイン研究所編集 INAX出版 INAX叢書8 1999年