ローレンス・アルマ=タデマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローレンス・アルマ=タデマ
Lawrence Alma-Tadema
本名 Laurens Alma Tadema
生誕 1836年1月8日
ドロンライプ、オランダ
死去 1912年6月25日(76歳)
ヴィースバーデン、ドイツ
テンプレートを表示

ローレンス・アルマ=タデマ(Lawrence Alma-Tadema, 1836年1月8日 - 1912年6月25日)は、イギリスヴィクトリア朝時代の画家古代ローマ古代ギリシア古代エジプトなどの歴史をテーマにした写実的な絵を数多く残し、ハリウッド映画の初期歴史映画などに多大な影響を与えたと言われる。

来歴[編集]

アルマ=タデマは、オランダドロンライプ(en:Dronrijp)に生まれる[1]。父親は村の公証人であった[1]。その後、家族はレーワルデン近郊に移るが、アルマ=タデマが4歳の時に父親は死去した。パリへ移住していたが、普仏戦争の戦渦を免れるため、1870年にイギリスへ帰化し、ロンドンに定住した。

1863年新婚旅行で訪れたポンペイエルコラーノの建築や調度品に感銘を受け、以後歴史をテーマにした絵画を描くようになった。

華やかな色彩と繊細で写実的なアルマ=タデマの絵画は、当時から国際的な人気を博し、1906年には古代の建築物や装飾品、生活や風土など緻密で正確に描き続けたその功績として、イギリス王立建築学会よりゴールドメダルを授与されている。

主な作品[編集]

『見晴らしのよい場所』(1895年)
  • 『入らないで』 - (1879年)
  • 『サッフォーとアルカイオス』 - (1881年)
  • 『テピダリウム』 - (1881年)
  • 『クサンテとパオン』 - (1883年)
  • 『アントニーとクレオパトラ』 - (1883年)
  • 『喜ばしい足音』 - (1883年)
  • 『薔薇の中の薔薇』 - (1885年)
  • 『期待』 - (1885年)
  • 『アポディテリウム』 - (1886年)
  • 『アンピッサの女たち』 - (1887年)
  • 『ヘリオガバルスの薔薇』 - (1888年
  • 『春の約束』 - (1890年)
  • 『春』 - (1894年)
  • 『見晴らしのよい場所』 - (1895年)
  • 『意見のくい違い』 - (1896年)
  • 『カラカラ浴場』 - (1899年)
  • 『カラカラ』 - (1902年)
  • 『銀色のお気に入り』 - (1903年)
  • 『モーゼの発見』 - (1904年
  • 『お気に入りの習慣』 - (1909年)

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b Swanson, Alma-Tadema, p. 8.

参考文献[編集]

日本語文献[編集]

  • 『ローレンス・アルマ=タデマ』 R.J.バロウ/平石律子訳(ファイドン、2011年) ISBN 9784902593648、上記の訳本
  • 『サー・ローレンス・アルマ=タデマ』ラッセル・アッシュ解説/谷田博幸訳・解説(トレヴィル、1993年)

外部リンク[編集]